MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

外資系企業へ転職して後悔する主な理由とは?失敗・後悔しないためにすべきことを紹介

外資系企業には「成果主義で上を目指せる」「プライベートを重視できる」などのイメージがあります。日系企業にはない点に魅力を感じて、外資系企業への転職を目指す方も多いでしょう。

しかし、外資系企業に転職したからと言って、思いどおりの充実した日々を送れるわけではありません。外資系企業に入社してから、転職したことを後悔する方がいるのも事実です。

本記事では、外資系企業への転職で後悔する理由について解説しています。失敗・後悔しないためにすべきことも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

本記事をまとめると
  • 外資系企業に転職しても成果主義によるシビアな評価や英語力の不足、ドライな人間関係で後悔してしまう
  • しかし、給料水準の高さや柔軟な働き方などメリットがたくさんある
  • 外資系企業への転職で後悔しないためには、リクルートダイレクトスカウトを利用するのがおすすめ!
【公式】https://directscout.recruit.co.jp/

\スカウトで外資系に転職/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【やめとけ?】外資系企業へ転職して後悔する主な理由

【やめとけ?】外資系企業へ転職して後悔する主な理由

外資系企業に転職して後悔する主な理由には以下の7つがあります。

外資系企業へ転職して後悔する主な理由
  • 成果主義のためシビアな評価をされる
  • 英語力が想像以上に必要できつい
  • 人間関係がドライでプライベートと仕事で分かれている
  • 周りの当たり前のレベルが高すぎてついていけない
  • 本国の方針が大きく影響する
  • 成果が出せずリストラされるリスクがある
  • 本国のタイムスケジュールに左右されるのでしんどい

成果主義のためシビアな評価をされる

外資系企業は成果主義であり、結果に対して常にシビアな評価が行われます。日系企業であれば過程が評価されることもありますが、外資系企業は結果がすべてです。

結果を出せなければ、当然のようにリストラ候補に追加されてしまうでしょう。

希望する外資系企業に転職できても、シビアな評価にストレスを溜め込む方がたくさんいます。

もちろん結果が出なければ即リストラとはなりませんが、厳しい競争によりストレスが溜まり体調を崩す場合があることは事実です。

英語力が想像以上に必要できつい

外資系企業で働くには高い英語力が必要です。英語力が不足していることで、仕事が辛いと感じている方は多いでしょう。

外国人の同僚が多い部署であれば、毎日英語を使う機会があります。また取引先のほとんどが海外であるため、情報収集からメールでのやり取り、電話対応まで英語力を発揮しなければなりません。

しかし、外資系企業であっても、まったく英語を使わない部署も存在しています。英語が必須かどうかは、配属された部署次第と言えるでしょう。

あわせて読みたい
英語ができないから仕事辞めたい!辛いと感じる理由と英語スキル以外で活躍できる仕事への転職成功を目... 憧れの外資系企業に入社したけれど「英語ができないから仕事を辞めたい」と思ってはいませんか? 自分の英語が仕事で通用せず、自信をなくしてしまう方は多いでしょう。...

人間関係がドライでプライベートと仕事で分かれている

外資系企業は人間関係がドライであり、プライベートと仕事できっちりと線引されています。

日系企業には社員旅行や部活動などがありますが、外資系企業にはレクリエーション目的のイベントはありません。

基本的に社員同士の交流はなく機械的なやり取りが多く、心の距離を感じる場合があるでしょう。

また成果主義のためほとんどの社員は、仕事が終わればすぐに退社してしまいます。残業するほかの社員を手伝うこともなく、仕事が終わらないのは自己責任と捉えるのが一般的です。

周りの当たり前のレベルが高すぎてついていけない

同僚のレベルが高すぎてついていけないというのも、外資系企業に転職した方からよく聞く悩みです。

外資系企業には優秀な人材が多数集まっており、必然的にレベルの高い競争に巻き込まれます。レベルの高い仕事に取り組むためには、自分を成長させることが必須です。

しかし、試行錯誤して取り組んでも、結果が出ずに心が折れてしまう方もいます。外資系企業ではメンタルをコントロールして、行動し続けることが求められると覚えておきましょう。

あわせて読みたい
外資系企業はしんどい・きついって本当?しんどいプレッシャーを覚悟できていない人はやめとけ 外資系企業には、しんどい・きついというイメージがあるので、転職をためらっているという方も多いのではないでしょうか。 本記事では、外資系企業がしんどいと言われる...

本国の方針が大きく影響する

外資系企業では、本国の方針が業務内容に大きな影響を与えます。大事なことはすべて本国で決められてしまうので、日本支社から働きかけて決定を覆すことはできません。

また決定から実行までのスピードが早く、いきなり人事異動が行われたり、突然の解雇宣を受けたりする可能性もあります。

本国の方針に振り回されることを理解せずに転職する人は、外資系企業に転職したことを後悔してしまうでしょう。

外資系企業で働き続けるには臨機応変に対応できる力も必要になります。

成果が出せずリストラされるリスクがある

能力不足でいつまでも成果が出ないとリストラされるリスクがあることも、転職してから後悔する理由のひとつです。

外資系企業には『アップ・オア・アウト』という言葉があります。アップ・オア・アウトは、昇進できなければ会社から去るべきという考え方です。

結果が出せない方は真っ先にリストラ対象のリストに追加されてしまいます。外資系企業で働き続けるためには、即戦力の人材であり続けることが大切です。

外資系企業に入社できたこと自体に満足しないように気をつけましょう!

本国のタイムスケジュールに左右されるのでしんどい

外資系企業に転職すると、本国のタイムスケジュールに合わせて業務を進めなければなりません。

例えば、外資系金融の企業であれば、日本とアメリカの市場が開く時間は異なります。そのため、日中は日本の市場への対応、夜にはアメリアの市場の対応をする必要があります。

そうすると日を跨ぐことが当たり前になってしまう可能性があります。

あわせて読みたい
外資系企業への転職はやめとけと言われる理由5選|外資系企業では当たり前のあるあるとは? 外資系企業は「実力主義・ハード」といった理由から、やめとけと言われることがあります。 しかし、外資系企業は高収入を目指せたり正当な評価を受けやすかったりするの...

外資系に合わない人・向いていない人は?

外資系に合わない人・向いていない人は?

外資系に合わない人・向いていない人には以下のような特徴があります。

外資系に合わない人・向いていない人の特徴
  • 主体的な行動が苦手な人
  • ハードワークが地獄だと思う人

主体的な行動が苦手な人

外資系企業では主体的に行動できる人材が求められています。そのため、何事も受け身で、与えられた仕事だけをこなしたい、という姿勢の方には向いていません。

自分から積極的に手を上げて仕事を行わなければ、周りとの差がどんどん開いてしまいます。

また日系企業ほど教育環境も手厚くないので、自分で知識やスキルを習得して仕事に取り組むことが必要です。

自分で考えて行動するのが苦手な方は、外資系企業の環境に慣れるのが難しいでしょう。

ハードワークが地獄だと思う人

外資系企業の仕事は日系企業よりもハードな場合があります。ハードワークが地獄だと感じる方には向いていません。

例えば海外のチームと仕事をするには時差があり、日本が夜中であっても会議に参加することもあります。

また外資系企業には残業がないイメージがありますが、自分の仕事が終わらなければいつまで経っても帰宅できないのが事実です。

ハードワークに耐性がなければ、仕事に行くのがツラく感じてしまいます。

あわせて読みたい
外資系企業に向いている人・向いていない人を診断!向いている人の特徴を7つ紹介 外資系企業で働くことを希望していても、正直やっていけるか心配という声をよく聞きます。 日系企業と異なり、成果主義やドライな人間関係にギャップを感じる方が多いで...

外資系転職には魅力の方が大きい!外資系転職者がよかったという理由

外資系転職には魅力の方が大きい!外資系転職者がよかったという理由

外資系企業には日系企業にはない風土がありますが、働くうえでたくさんの魅力があります。ここでは外資系に転職した方が良かったと思う理由を紹介します。

外資系転職者がよかったという理由
  • 給料が日系企業よりも水準が高い
  • 日系企業よりも働き方が柔軟
  • 成果を出せばしっかりと昇給・昇進へ反映してくれる
  • ハイレベルな環境で成長できる

給料が日系企業よりも水準が高い

一般的に外資系企業は日系企業よりも給料水準が高いと言われています。日系企業の平均年収が約420万円であるのに対して、外資系企業の平均年収は約800万円です。

外資系企業ではベース給+インセンティブという給与体系が多く採用されています。ベース給は日系企業の基本給にあたり、仕事の成果に応じてインセンティブを付与されるのが特徴です。

そのため、ガツガツ働いて成果を出すほど年収アップを目指せます。

参考:RGF Professional Recruitment

日系企業よりも働き方が柔軟

外資系企業は日系企業よりも働き方が柔軟な点が魅力です。仕事のONとOFFがはっきり分かれているので、プライベートの時間を大切にできる傾向があります。

繁忙期には残業することもありますが、自分の仕事さえ終わっていれば周りに気を使わずに定時で帰宅してかまいません。むしろ残業ばかりしていると、仕事のマネジメントができない人として捉えられます。

日系企業の同僚が残業しているから自分も残業するという風潮が苦手な方には、柔軟な働き方ができる外資系企業が合っているでしょう。

あわせて読みたい
外資系から日系企業への転職を成功させる方法!日系企業に転職する背景や注意点も解説 外資系企業から日系企業に転職する場合は、いままでと大きく環境が変わるということを頭に入れておく必要があります。 外資系なら当たり前に通じていたことが日系企業で...

成果を出せばしっかりと昇給・昇進へ反映してくれる

日系企業とは異なり、外資系企業は成果主義を採用しています。年齢や勤続年数にかかわらず、成果を出せばしっかりと昇給・昇進に反映してくれるのが特徴です。

仕事の成果によって適切な評価をしてもらえるので、年齢の若さや性別によって理不尽な評価をされる心配がありません。

また成果に対してインセンティブが与えられることで、仕事に取り組む姿勢やモチベーションに良い影響があります。

自分の能力を活かして仕事をバリバリこなしたい方は、外資系企業への転職を検討してみましょう。

ハイレベルな環境で成長できる

外資系企業には優秀な人材が集まっており、ハイレベルな環境で成長できます。業務内容のレベル自体が高く、主体性を持ってスキルを磨き仕事に取り組む姿勢が重要です。

自分から動かないと周りに取り残される環境なので、スキルだけでなく積極性も身につけられます。

また優秀な同僚がライバルとなる場面も多く、適度なプレッシャーが成長を促進してくれるでしょう。

厳しい環境でこそ自分は成長できるという考えの方には、ハイレベルな環境で仕事ができる外資系企業がおすすめです。

外資系転職をして後悔しないために

外資系転職をして後悔しないために

たくさんの魅力がある外資系企業ですが、転職後に後悔する方も一定数は存在します。外資系転職で後悔しないためには、以下の3つに注意して転職活動を行ってください。

外資系転職をして後悔しないために
  • 外資系企業の特徴をしっかりと把握する
  • 転職エージェントを利用する
  • 企業研究を徹底的に行う

外資系企業の特徴をしっかりと把握する

外資系企業への転職活動を始める前に、外資系企業の特徴をしっかりと把握しておかなければなりません。

日系企業とは異なり独特な風土があるので、特徴を理解せずに入社するとギャップに戸惑ってしまいます。仕事の仕方だけでなく、給与体系や成果主義である点を理解することが大切です。

外資系企業の特徴から自分が向いているかどうかを、今一度考えてみてください。

ただし、本記事で紹介した外資系転職で後悔する理由を把握したうえで、転職を希望するなら大丈夫です。

▼外資系転職を成功された方へのインタビュー記事

あわせて読みたい
【外資系転職】外資系企業へ勤めている方にインタビューしてみた!外資系企業の社風や働き方を暴露 外資系企業へ転職に憧れている方や外資系転職を目指す人は数多くいます。しかし、実際に外資系企業がどのような働き方でどのようにすれば転職できればよいか分からない...

転職エージェントを利用する

外資系転職で後悔しないためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

外資系企業の求人数は限られており、自分1人で転職するには難易度が高すぎます。よっぽど高いスキルや実績があれば、プロの力を借りずに転職できるかもしれません。

しかし、外資系転職を成功させるには、情報収集と適切な面接対策が必要です。転職エージェントであれば、外資系企業に合わせた応募書類の添削や面接対策を行ってくれます。

日系企業への転職よりも綿密な準備を求められるので、転職エージェントに相談しましょう。

あわせて読みたい
外資系転職でおすすめの転職エージェント一覧を公開|20代・30代・40代と年代別にも解説 本記事でわかること 外資系転職を成功させるための転職エージェントの選び方 外資系転職におすすめの転職エージェント 外資系希望の方が絶対転職エージェントを登録すべ...

企業研究を徹底的に行う

外資系転職を成功させるには、日系企業を受ける際と同じように企業研究を徹底的に行いましょう。

一言で外資系企業と言っても、各企業で社風や人事制度、インセンティブなどが異なります。

また海外勤務を希望していても、日本での事業拡大や顧客開拓をメインにしていれば希望は実現しません。

「外資系企業だから◯◯だろう」という固定概念は持たず、企業研究を徹底することが大切です。外資系か日系かは関係なく、応募する企業の情報をしっかり集めてください。

外資系転職を検討している人におすすめの転職エージェント

外資系転職を検討している方は、転職エージェントを必ず利用しましょう。ここでは外資系企業を希望する方におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント
  • リクルートダイレクトスカウト
  • エンワールド

リクルートダイレクトスカウト

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するハイクラス転職に特化した転職エージェントです。外資系企業の求人を豊富に扱っており、Amazon合同会社や日本IBMなど大手企業との取引の実績もあります。

3,000名以上のヘッドハンターが在籍しているので、登録後は待っているだけでスカウトを受けられるのが特徴です。自分で求人を探す必要がなく、面接対策などにたっぷり時間を割けます。

外資系転職を成功させたい方はリクルートダイレクトスタウトに登録して、転職を成功させましょう。

\外資系求人が豊富!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

エンワールド

エンワールド
【公式HP】https://www.enworld.com/
名前エンワールド
料金無料
求人数公開求人数:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~
対応エリア全国
オンライン面談対応
得意分野・業界ハイクラス・グローバル転職に特化
公式HPhttps://www.enworld.com/
詳細を見る
運営会社名エンワールド・ジャパン株式会社
拠点東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

エンワールドは外資系企業やグローバル企業に特化した転職エージェントです。アジア太平洋地域6か国に拠点があるため、外資系企業で海外勤務を希望する方にも適しています。

日本HPやグラクソ・スミスクラインなど、世界展開する企業の求人に出会えるのが特徴です。

エンワールドでは丁寧なカウンセリングをもとに、入社後の長期的なキャリア構築も考えてくれます。そのため、外資系に転職してから後悔することなく、働き続けられる求人を紹介してもらえるのも魅力です。

エンワールドで外資系に特化したサポートを受けて、転職を成功させましょう。

\グローバル求人が豊富!/

あわせて読みたい
エンワールドの評判・口コミを調査|ハイクラス・グローバル転職に強いエージェントの実態とは? エンワールドはハイクラス・グローバル転職を得意とする評判の良い転職エージェントです。質の高い求人を扱っており、充実したサポートを受けられます。 また入社後の活...

外資系企業の特徴を理解すれば後悔しない

外資系企業は独特な風土や環境を理解せずに転職すると、後悔する可能性があります。そのため、給料が高いから・かっこ良いからなどの理由で転職するのはおすすめしません。

しかし、外資系企業の特徴をしっかり把握していれば、転職してから後悔することはないでしょう。

外資系転職は難易度が高いため1人で転職活動を行わず、リクルートダイレクトスカウトを利用するのがおすすめです。

転職で後悔しないようにプロの力を借りて、外資系転職を成功させましょう。

\外資系求人が豊富!/

ハイクラス・外資系向け転職エージェント
外資系転職向けの記事
ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ