MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

野村證券からの転職先・業界おすすめ6選!野村證券出身者の転職時における強み、転職理由の考え方も解説

野村證券株式会社は、日本トップクラスの証券会社の一つです。抜群の知名度や高い平均年収を誇りますが、中には仕事のストレスや全国転勤などの理由で野村證券からの転職を考えている方もいるのではないでしょうか?

野村證券から転職する際は、ハイクラス企業への転職サポートに強いJACリクルートメントを活用するのがおすすめです。

各業界に精通したプロのアドバイザーから手厚いサポートを受けて、理想の企業への転職を目指しましょう。

本記事でわかること
  • 野村證券からの転職する際におすすめの業界
  • 野村證券出身者が転職に強い理由
  • 野村證券からの転職を成功させるポイント

野村證券から転職する際は、ハイクラス向けの求人を多数抱えているJACリクルートメントに相談するのがおすすめです。ターゲットとする業界を知り尽くしたアドバイザーがマンツーマンで転職活動をサポートしてくれます。

\顧客満足度4年連続No.1/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

野村證券からの転職を検討する背景

野村證券からの転職を検討する背景

野村證券からの転職を検討している方が一定数いる背景は以下のとおりです。

野村證券からの転職を検討する背景
  • ノルマ未達で上司から強い圧力を受けている
  • 転勤範囲が広く自分と家族に大きな負担がかかっている
  • 新規開拓で断られ続けるのがつらい
  • 際限のない努力の競争に疲れた
  • 不可抗力の相場下落にストレスを感じる

ノルマ未達で上司から強い圧力を受けている

野村證券からの転職を考える理由の一つは、厳しいノルマを課せられることです。特に個人・個人事業主を相手に金融商品を提案するリテール部門は、日々ノルマに追われています。

ノルマを達成できなかった場合は上司から叱責を受けることもあり、ストレスがかかる仕事です。また、一度ノルマを達成したとしても、来季にはさらに高いノルマを設定されます。

そのため、厳しいノルマによるストレスに耐えきれずに転職を検討する方が多いです。

転勤範囲が広く自分と家族に大きな負担がかかっている

転勤によってプライベートに大きな負担がかかることも、野村證券からの転職を考える理由となります。

野村證券の転勤範囲は北海道から沖縄までとかなり幅広いです。転勤が発表されてから実際に移動するまでの期間もかなり短く、素早く手続きをしなければなりません。

また、転勤が決まったことで単身赴任となった場合、残されたパートナーにとっても大きな負担です。

特に子供がいる家庭を持つ方にとっては大きなリスクとなるため、転勤が少ない会社への転職を検討を余儀なくされるケースもあります。

新規開拓で断られ続けるのがつらい

野村證券は日本トップクラスの証券会社ですが、それでも新規開拓の初回アポ取りで苦労しているのが現状です。

そのため、どれだけ飛び込み営業やテレアポを行なっても、ほとんど断られ続けることとなります。

また、仮に初回のアポ取りに成功したとしても、案件の受注に漕ぎつけるには顧客と良好な関係を築き続ける必要がありますが、実際は関係を継続できないことがほとんどです。

日々の営業活動で断られ続けることでメンタルにダメージを受けて、野村証券を退職する方も一定数います。

際限のない努力の競争に疲れた

基本的にどの証券会社でも扱っている商品はほとんど同じです。そのため、他社や同僚のライバルと差別化する要素は、個人の人となりや営業スキルしかありません。

提案を断られても顧客の趣味を勉強して話の糸口を掴んだり、他社の営業マンよりも有益な提案ができるように常に新しい情報を探したりするなど、凄まじい努力を続ける必要があります。

もちろん他にやることは大量にあるので激務となり、際限のない努力の競争に疲れて転職を考える方も多いです。

不可抗力の相場下落にストレスを感じる

証券会社の営業マンにとって相場の下落は不可抗力です。ただ、相場が下がった時こそ顧客は不安となるので、迅速に連絡できる体制を整えなければなりません。

連絡体制をしっかりと整えておくことで顧客の信頼を得られるため、証券会社の営業マンはかなりの人員と労力を割いて対応にあたります。

そのため、どうすることもできない相場下落が大きなストレスの原因となりがちです。

野村證券からの転職先・業界おすすめ6選

野村證券からの転職先・業界おすすめ6選

野村證券から転職する際のおすすめの業界や職種は以下のとおりです。

野村證券から転職する際のおすすめの業界や職種
  • HR TECHやSaaS系のベンチャー、スタートアップ
  • 総合系や独立系のコンサルティングファーム
  • IFAや同業種企業の営業マン
  • M&A仲介会社
  • アセットマネジメントやメーカーなどの他業種企業
  • 起業・独立

HR TECHやSaaS系のベンチャー、スタートアップ

野村證券から転職先としては、近年HR TECHやSaaS系のベンチャー・スタートアップが急増しています。

営業力を期待されて採用されることはもちろんのこと、事業開発経営企画系のポジションでの採用も多いです。

また、中には時価総額1兆円以上のメガベンチャー系に転職する方もいます。ベンチャーやスタートアップは業績が安定しづらいですが、会社として成功したときは初期からいるメンバーへのリターンが大きいです。

総合系や独立系のコンサルティングファーム

野村證券から総合系や独立系のコンサルティングファームに転職する方も多いです。野村證券で身についたノルマや成果にコミットする姿勢は、コンサルティングファームでも役立ちます。

また、コンサルティングファームは証券会社に比べてより実力主義であるため、成果を挙げれば年収の大幅なアップを狙えるのが魅力です。

自分の実力に自信がある方は、コンサルティングファームへの転職を検討してみましょう。

IFAや同業種企業の営業マン

投資銀行や保険会社といった、野村證券と同業種企業の営業マンに転職する方も多いです。同業種への転職であれば、野村證券で培った知識や経験をほとんどそのまま活かせます。

また、近年は独立して金融商品を提案するIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)になる方も増えています。

IFAも同じく培ってきた知識をそのまま活かせる上に、成果を挙げれば比例して年収が増加するからです。

M&A仲介会社

野村證券から以下のようなM&A仲介会社に転職する方も増えています。

M&A仲介会社
  • 株式会社日本M&Aセンター
  • ハイディールパートナーズ株式会社
  • M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
  • 株式会社ストライク

M&A仲介も野村證券で培った営業・金融スキルを活かしやすく、活躍が見込める業界です。

特に野村證券でM&A案件を手掛ける部門に在籍していた方は、M&A仲介会社からも歓迎されます。

また、M&A仲介会社では金融面だけでなく、経営や法務といったビジネスに関する総合的な知識・経験も身につくので、さらなるキャリアアップも望めます。

アセットマネジメントやメーカーなどの他業種企業

アセットマネジメントやメーカーなどの他業種企業に転職する方も一定数います。

証券業界ではネット証券を利用する顧客が増えることによって、対面販売を行う証券マンが減少するのではないかと懸念されています。

そのため、将来性に不安を感じて金融業界を離れる方も多いです。他業種企業への転職は金融知識こそ活用しづらいですが、営業スキルや目標を達成する力はどの会社でも役立ちます。

あわせて読みたい
アセットマネジメントに向いている人・向いていない人の特徴は?仕事内容や求められる条件を紹介 「アセットマネジメント業界に転職したい」と思っても自身に適正能力があるか判断するのは難しいでしょう。何もわからずに転職活動をしてしまうと、入社してからイメー...

起業・独立

野村証券を退職して、企業に入社するのではなく起業・独立するという手もあります。

例えば、金融×ITで資産管理やビジネスの支援を行なっている株式会社ZUUの代表取締役
である冨田和成さんは野村証券出身です。

野村證券では富裕層向けプライベートバンキング業務や、ASEAN地域の経営戦略などを担当していました。

その後、2013年に株式会社ZUUを設立し、2018年には東証マザーズに上場するほどの会社に成長しています。

野村證券出身者が転職に強い理由

野村證券出身者が転職に強い理由

野村證券出身者が転職で有利となりやすい理由は以下のとおりです。

野村證券出身者が転職に強い理由
  • 無形商品を提案する営業スキルを持っている
  • 厳しいノルマや激務への耐性がある
  • 企業の知名度やブランド力が高い

無形商品を提案する営業スキルを持っている

野村證券では、金融商品という実物がない商品(無形商品)を取り扱っています。無形商品は車や住宅などの有形商品と比べて顧客にわかりやすく価値を伝えることが困難です。

そのため、無形商品を提案できる営業スキルがある方は、どのような会社からも重宝されます。

特に営業に力を入れている会社であれば、野村證券での実績をアピールすればかなり選考を通過しやすいです。

厳しいノルマや激務への耐性がある

野村証券をはじめとした証券会社は、厳しいノルマを課せられることや激務であることが広く知られています。このような厳しい環境に耐えてきた経験は、転職市場では高く評価されやすいです。

中でもスタートアップやベンチャーなど、まだ体制が整っておらず精神的な負荷がかかりやすい会社からの採用ニーズが高い傾向にあります。

企業の知名度やブランド力が高い

野村証券は、ビジネスマンなら多くの方が知っているトップクラスの証券会社です。

グローバルに事業を展開しており、日本国内・国外問わず高いブランド力を持っています。

そのため、野村証券に勤めていた経験があることで、転職候補の企業から優秀な社員というイメージを持ってもらいやすいです。

もちろん、イメージだけで実績やスキルが伴っていなければ転職はなかなか上手くいきませんが、最初から少し有利な状態で選考に臨めます。

野村證券からの転職を成功させるポイント

野村證券からの転職を成功させるポイント

野村證券からの転職を成功させたいなら、以下のポイントを押さえておきましょう。

野村證券からの転職を成功させるポイント
  • 最低3年間の就労経験を積んでから転職する
  • ターゲットとする業界に強い転職エージェントを活用する

最低3年間の就労経験を積んでから転職する

どうしても野村證券を退職しなければならない場合を除いて、最低3年間の就労経験を積んでから転職するのが重要です。

特に20代の場合は在籍期間が短ければ、転職活動時にアピールできる実績をなかなか残せません。

そのため、いくら野村證券に務めていたとしても転職に苦労する恐れがあります。できる限り野村證券でしっかりとパフォーマンスを発揮してから、転職活動を始めましょう。

ターゲットとする業界に強い転職エージェントを活用する

業界によって転職活動の進め方は異なるので、一人で選考対策や情報収集を行うのは容易ではありません。

そのため、ターゲットとする業界に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーから非公開求人の紹介や志望する業界に合わせた選考対策を受けられます。

自分が狙っている業界に強い転職エージェントに登録して、転職活動をスムーズに進めましょう!

野村證券からの転職先探しに役立つ転職エージェント

野村證券からの転職先探しに役立つおすすめの転職エージェントは以下の2つです。

野村證券からの転職先探しに役立つ転職エージェント
  • JACリクルートメント
  • リクルートダイレクトスカウト

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 約35,000社の企業と取引
  • 年収800万円以上のハイクラスな求人が多数
  • 世界12カ国に拠点を構える

JACリクルートメントは、外資系や海外進出企業といったグローバル転職のサポートを得意とする転職エージェントです。

世界中に独自のネットワークを築いており、外資系・グローバル企業の取引実績は約4,000件にのぼります。

また、各業界や職種に精通したアドバイザーが約1200名在籍しているので、どのような業界を狙っていたとしても対応できるのも特徴です。

業界についての専門的な知識をもとに、あなたの理想の企業への転職をサポートしてくれます。

野村證券からのキャリアアップを狙っている方は、まずは一度相談してみましょう。

スクロールできます
Review Image
あろー
やや強引ながら、非常にスピーディだった
JACは東証一部上場企業でもあり、安心して申し込みを行いました。抱いていたイメージの通り、エージェントの対応は良く、非常にテキパキと動いてくださり終始スムーズに、スピーディな対応をしてくださったことが強く印象に残っています。将来を見越したアドバイスも的確に行っていただけました。ただ、自分があまり乗り気ではない会社を強くすすめられることもあったため、紹介先の会社が転職希望者にとって合っているか否かが評価を分けるポイントかなと思います。
Review Image
シュークリーム
担当の方が仕事がとってもできる方でした
私の転職希望地域では、私がこれまで続けてきたキャリアを続けられるような職種がほとんどなく、一時的に子育てのためパートに切り替えたのですが、やはり正社員で働きたいと求職活動を始めたものの大変困っていました。JACリクルートメントの担当の方は、とても親身になってくださり、私の続けてきたキャリアだけでなく、経験から可能性のある職種を紹介していただきました。別のエージェンシーの方と話していた時に、JACの担当の方のことをご存知で、その方だったらこの辺りの企業から厚い信頼を受けているから、大丈夫ですよと言われたくらいです。密な連絡もしてくださり、安心して転職活動を行えました。もし次があれば、ぜひまたお願いしたです。

引用:みん評

\顧客満足度4年連続No.1/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 完全無料で利用できるハイクラス向け逆求人サイト
  • 登録後はオファーを待つだけでOK
  • 20代でもハイクラスな転職が可能

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートグループが運営しているハイクラス求人に特化した転職サービスです。

プロフィールを登録するだけで、ヘッドハンターがあなたに適した求人を探して提案してくれます。

大手企業やグローバル企業といったハイクラス企業から直接のオファーも届くので、効率的に転職活動を進めたい方におすすめです。

また、自分から求人を検索することも可能で、年収1,000万円以上の求人だけに絞っても10,000件以上掲載されています。(2023年1月29日現在)

ハイクラス企業で自分の実力を試したい方は、今すぐ登録しておきましょう。

スクロールできます
Review Image
ゆうか
ヘッドハンターさんのお陰でいい転職が出来ました
現在勤めている会社の仕事がかなり忙しくその割には給料も今ひとつ物足りないということで転職を考えました。あちこち転職サイトを物色しましたがなかなかフィットするものがなく、ようやくこの「キャリアカーバー」にたどり着き自分との相性の良さを感じて登録しました。 相性の良さというのは、ここは登録した後はヘッドハンターから声のかかるのを待つ、という待ちのスタイルが特徴で、現職で多忙な自分にはその点が合っていたのです。 ただハイクラスな求人が多いそうなので自分には難しいかなという不安もありました。 それでも登録して2週間ほどでちょうど私の望んでいたような企業を紹介されました。その後はヘッドハンターの方の尽力もありトントン拍子で話が進み内定獲得から転職の運びとなりました。その間手数料などすべて無料というのもありがたかったですね。 前の会社より時間的にもゆとりが生まれ年収もアップ、いい転職が出来ました。
Review Image
www
管理職でしたが、以前の実績を評価してくれていい待遇を受けています
前職では管理職として仕事をしており新しい環境を求めて転職活動をしていました。しかしなかなかいい処遇に巡り合うこともできなかったのです。また、面接でも何社か落ちてしまいました。 このサイトでは、ヘッドハンティング制度を採用していることから利用してみました。自分のアピールポイントを登録するだけで関心のある企業からアプローチしてくれるので待っているだけで済むという簡単なシステムが他の転職サイトにはなく気に入りました。新しい自分を発見できてよかったです。

引用:みん評

\年収800万以上の求人多数/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

野村證券からの転職希望者からよくある質問

野村證券からの転職希望者からよくある質問

ここからは、野村證券からの転職を検討している方によくある質問を解説します。

野村證券からの転職希望者からよくある質問
  • 野村證券からの転職時に退職金はいくらもらえる?
  • 野村證券の離職率は?

野村證券からの転職時に退職金はいくらもらえる?

野村證券の退職金は公開されていませんが、東京都産業労働局による退職金の調査からある程度金額を推測できます。

調査によると、金融業・保険業の退職金の相場は以下のとおりです。

勤続年数(年齢)自己都合退職会社都合退職
3年(25歳)29万4,000円44万2,000円
5年(27歳)50万7,000円72万円
10年(32歳)118万9,000円164万5,000円
15年(37歳)243万9,000円296万3,000円
20年(42歳)420万1,000円477万7,000円

出典:中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)

野村證券の離職率は?

野村證券をはじめとした証券会社の3年以内の離職率は高いとされています。厳しいノルマや激務によるストレスや全国転勤などで、転職を検討する方が一定数いるからです。

また、転職市場で野村證券出身の方の評価が高いことも、離職率が高いと想定される理由となります。

野村證券からの転職を成功させるには転職エージェントを活用

野村證券出身の方は転職活動を有利に進めやすいですが、一人で選考対策や情報収集を行うのはおすすめしません。

転職の成功率をより高めたいなら、転職エージェントを活用しましょう。中でもJACリクルートメントは、ハイクラス転職のサポートに特化した転職エージェントです。

狙っている業界に精通したプロのアドバイザーからサポートを受けて、理想の企業への転職を成功させましょう。

\顧客満足度4年連続No.1/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ