MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

マーケティング職のキャリアパスとは?キャリアプランの選択肢5つ、キャリアアップを成功させるポイントも解説

商品やサービスを売るための仕組みを作るマーケティング職はあらゆる業界で需要があり、キャリアプランも幅広く検討できる人気の職種です。

そのため、どういったキャリアプランを立てるのが自分にとって正解か、判断するのは難しいですよね。

本記事では、マーケティング職のキャリアプランの選択肢やキャリアアップを成功させるポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

転職でキャリアアップを目指すなら、JACリクルートメントを使って納得のいく転職をしましょう。

本記事でわかること
  • マーケティング職のキャリアプラン
  • キャリアプランを考える際の注意点
  • キャリアアップしたい人におすすめの転職エージェント

JACリクルートメントはハイクラス転職に特化した転職エージェントです。マッチング力が高く、企業の詳細を教えてもらえるので、キャリアアップを狙う人はぜひ利用しましょう。

\ハイクラス求人多数!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

マーケティング職のキャリアプランには5つの選択肢がある

マーケティング職のキャリアプランには5つの選択肢がある

ここからは、マーケティング職の主なキャリアプランを5つご紹介します。ぜひ参考にして自分のキャリアの方向性を決めましょう。

優秀な成績をあげて内部昇進を果たす

まずは、今の会社から転職せずに、優秀な成績をあげることで内部昇進を続けてキャリアアップするケースです。企業によっては数年で経営層まで上り詰められるような実力主義のところもあります。

このキャリアプランは転職の負担がかからないメリットがあり、今の会社に合っている人に向いています。

ただし、空いているポストに座るための競争が発生することもあり、自分が思い描いていたキャリアとは違う道に進まざるを得ないこともあるでしょう。

また、競争となればときには同僚を蹴落とす覚悟も必要です。そうなった場合に人間関係が壊れてしまう覚悟はしておきましょう。

他の事業会社に転職しマーケティング責任者を目指す

転職してマーケティング責任者を目指す方法は、内部昇進よりもスピーディーにキャリアアップ出来る可能性があります。

ただし、転職でキャリアアップを狙う場合は経験や実績が求められるので、アピールできる経験や実績を洗い出しておきましょう。

また、転職すると自分に合っていない仕事や社風の企業に入社してしまい、失敗するリスクもあります。こうしたリスクを最小限にするには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントなら転職のプロが自分の強みや市場価値を示してくれ、企業もマッチ度の高い優良企業を紹介してくれるので安心です。

支援会社やマーケティング・コンサルティング会社で担当分野を極める

支援会社やマーケティング・コンサルティング会社で担当分野を極めてコンサルタントになれば、高年収が期待できます。

コンサルティング会社への転職は普通よりも高い経験や実績が求められる難易度の高いものになりますが、コンサルティング経験がなくても入社できる会社は多いです。

入社してノウハウ・経験・実績を積んでその道のプロを目指しましょう。こちらも普通の転職と同じく転職エージェントに頼るのがおすすめですが、コンサルティング会社に強いハイクラス転職に特化したエージェントを利用すれば、より求人も豊富です。

起業もしくはフリーランスとして独立する

企業で経験を積んだ後で起業もしくはフリーランスとして独立する方法もあります。この方法にはメリットとデメリットがあるので注意しましょう。

独立するメリットは、好きな時間に好きなだけ仕事ができ、会社の規則などに縛られない「自由さ」です。また、努力次第では収入を大きく伸ばせる可能性もあります。

逆に、独立する大きなデメリットは収入が安定しないことや、社会的信用が低いことです。これらを事前によく理解した上で決断しましょう。

副業で成果を出す

すぐに内部昇進や転職、独立を狙わなくても副業という実戦で経験を積み、成果を出す方法もあります。

副業をすれば普段できないマーケティングに関わる業務ができますし、本業に活かせる機会も多いです。

また、転職や独立の際にも経験として提示できるので、より有利になるメリットもあります。

本業以外でもマーケティング職と向き合う時間を作らなければならないのは大変ですが、すぐに低リスクで始められるおすすめの方法です。

マーケティング職のキャリアプランを考える際の注意点

マーケティング職のキャリアプランを考える際の注意点

以下では、マーケティング職のキャリアプランを考える際の注意点をご説明します。注意点がわからないままキャリアプランを練っても、かえって遠回りになってしまったり後悔するおそれがあるので気をつけてください。

自分の軸・優先順位を定めてからプランを立てる

まずキャリアプランを考える前提として、自分の軸・優先順位を定めてからプランを立てましょう。そもそもこれらがないとプランを策定できないか、周りに流されて後悔するおそれがあります。

安定、高年収、自由、事業成長、やりがいなどから優先順位を決め、優先順位の高いものが実現できる選択をしましょう。

自分の軸・優先順位は頭で考えるよりも実際にすべて書き出してみると整理がしやすくなるのでおすすめです。

目先の給料・待遇など短期的な視点に惑わされない

目先の給与・待遇など短絡的なメリットに食いつきすぎると、本来のキャリアプランを見失ってしまうおそれがあるので気をつけましょう。

一度自分のキャリアプランから逸れてしまうと、軌道修正するのは大変です。目先の数年を無駄にしてしまった頃には、自分の市場価値が下がってしまっている可能性もあります。

別の道を通っても、最終的に自分の理想像とするキャリアに到達することが大切です。

マーケティング職のキャリアアップを成功させるポイント

マーケティング職のキャリアアップを成功させるポイント

ここからは、マーケティング職のキャリアアップを成功させるポイントを4つに分けてご紹介します。実行するのは難しくないので、ぜひ参考にして検討してみてください。

顧客の反応を直接感じられる環境に身を置き続ける

まずはマーケターとしての感覚を養うために、顧客の反応を直接感じられる環境に身を置き続けましょう。

特に大企業や事業会社で役職につくと、顧客との距離が遠くなりやすいですが、これはNGです。マーケティングのプロとして、顧客のニーズを理解しておきましょう。

役職についてしまい顧客の反応が感じられない環境になってしまった場合は、副業でさまざまな製品・サービスのマーケティング活動に携わることも有効な方法です。

あえて専門外のサービスを客観的な視点で扱うことによって、いままで見えていなかったマーケットの姿が見えるかもしれません。

事業部門やコーポレート職を経験し経営層への昇進を目指す

キャリアアップの先に叶えたい高年収や好待遇、大きな仕事への関わりなどを達成するために設定するビジョンは、経営層への昇進であることが多いです。

そのためには、事業部門やコーポレート職を経験することが必要不可欠です。まず、事業部門は会社から生産や営業などを任されている、その商品のプロと言えます。

顧客にいちばん近いところで経験を積めば、マーケターとしても「口ばかりじゃない」と現場からの信頼を得られます。

一方、コーポレート職は人事部や経理部など会社の経営に携わる部門です。こういった業種を経験しておけば、社内のことをより理解した上で経営層に回れます。

いずれも社内外の信頼を得ることができ、より自分がその会社で活躍するのに必要な知識・経験を積めるので、機会があればぜひ経験しておきましょう。

先入観・固定観念にとらわれず新たなマーケター像を模索する

消費者の価値観が多様化する昨今、紋切り型のマーケティングは求められていないので、先入観や固定概念にとらわれず常に新たなマーケター像を模索しましょう。

新たなマーケター像を描くには、新しいマーケットの発見を目指すべきです。一人一人に合わせたニーズを想像することがマーケットの発見を後押しします。

キャリアプランの選択肢を把握しておくことも大切ですが、自分にしかできないキャリアを形成しましょう。唯一無二のマーケターになる覚悟を持つことが、マーケターとして長く生き残る上では大切です。

経験を積むために転職する

ここまで説明した3つのポイントはマーケターとしてのキャリアアップに重要な要素です。

  • 顧客の反応を直接感じられる環境に身を置き続ける
  • 事業部門やコーポレート職を経験し経営層への昇進を目指す
  • 先入観・固定観念にとらわれず新たなマーケター像を模索する

これらを実践するには副業や社内での異動が手段として挙げられますが、なかなか自分の思った通りに異動したり副業の時間を取ったりするのは難しいものです。

ほかの環境に身を置いて経験を積むなら、転職により大きく環境を変えるのも有効なのでぜひ検討してみてください。

マーケティング職でキャリアアップを図りたい人におすすめの転職エージェント

ここからは、マーケティング職でキャリアアップを図りたい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。マーケティング職だけでなくハイクラスの優良求人があるので、そのほかも検討してみるのがおすすめです。

おすすめの転職エージェント

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 外資系やグローバル企業への転職サポート実績国内No.1
  • 年収800万円以上のハイクラスな求人が多数
  • コンサルタントの転職サポートの質が高い

コンサルティング会社を狙うなら、コンサルタントの転職サポートに優れたJACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメントはハイクラス転職・ミドルクラス転職でオリコン顧客満足度4年連続No.1を達成した高い実績を持っているため、初めてのハイクラス転職ならぜひ利用しましょう。

求人は年収800万以上のハイクラスな求人を多数掲載しているほか、分野ごとのサポートチームを持ち、すべての業界・職種に対応できるのも安心できるポイントです。

さらに外資系や海外進出企業にも強いので、海外のマーケットに関わりたい人にも向いています。

\外資系に強い/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス向けの転職に特化
  • 1,000万円以上の求人を豊富に保有
  • プロフィールの登録により企業からオファーが届く

より多くのハイクラス求人を見たい人にはビズリーチがおすすめです。ビズリーチは登録に審査が必要ですが、年収1,000万以上の求人が全体の1/3を占めるので、ぜひ登録して大幅な年収アップを狙いましょう。

また、ビズリーチはプロフィールを登録することで企業からオファーが届くスカウト型の転職サイトです。

スカウトによって自分の市場価値がわかるほか、マーケティング職の経験を活かせる別の業界にも選択肢が広がるので、新しいキャリアプランが立てられる可能性もあります。

さらに、スカウト型であれば仕事で忙しくても企業を探す必要がなく、転職の負担を大幅に減らせるのが嬉しいメリットです。

\ハイクラス転職に強い/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

マーケティング職の転職面接でキャリアプランを聞かれたときの受け答え例

マーケティング職の転職面接でキャリアプランを聞かれたときの受け答え例

こちらは転職面接におけるキャリアプランの質問とその回答例です。

転職面接でキャリアプランを聞かれたときの受け答え例
  • 質問:
    当社に入社後、どのようになっていきたいか具体的に教えてください。
  • 回答例:
    私は現職のメーカー企業において、マーケターとして市場調査や営業企画、実行までを手掛けてまいりました。御社の商材は異なる分野になりますが、現職で培ったマーケティングスキルは活かせる場面も多いかと存じます。

    そのため、1年目は現場の業務をこなしながら御社の商材に精通することに注力したいと考えています。

    2年目では営業企画にも積極的に参加し、さらなる貢献に努めたいと思います。

    そして、5年後には御社のマーケティング部門の中心として、舵取りを担えるような人物になりたいと考えております。

自分の言葉で将来の展望を具体的に語れるようにしておきましょう。

マーケティング職のキャリア形成を検討している人からよくある質問

マーケティング職のキャリア形成を検討している人からよくある質問

ここからは、マーケティング職のキャリア形成を検討している人からよくある質問にお答えします。

マーケティング職の将来性は高い?

マーケター全体では消費者の多様化により、需要が増えているため将来性は十分に期待できます。

とくにデジタル・webマーケットの需要はEC市場の成長やネット通販の利用などで右肩上がりです。

Webマーケティング職のキャリアパス例は?

Webマーケティング職のキャリアパス例は以下の通りです。

Webマーケティング職のキャリアパス例
  • マーケターを極めてコンサルタントになる
  • 事業会社(EC企業)でCMOを目指す
  • メディア企業で活躍する
  • 副業で稼ぐ
  • フリーランスとして独立・起業する

Webマーケティング市場の拡大によりマーケターの需要は高まっており、選択肢は幅広いです。

マーケティング職のキャリアを積むには事業会社と支援会社のどちらを選ぶべき?

マーケティング職のキャリアを積みたい場合、正解はありません。

事業会社は1つの組織で大きなサービスを動かすので、組織の中で活躍する力が身につきます。一方、支援会社は専門性を持ったプロフェッショナルであることが求められるため、個の力を極められます。

どちらが良い悪いというわけではないので、自分が魅力を感じる方を選びましょう。

マーケティング職のキャリアアップを目指すなら転職エージェントを活用

マーケティング職のキャリアアップを目指すなら、まずは経験・実績を積んでマーケターとしてのスキルを上げましょう。

異動でいろいろな経験を積ませてくれる企業なら良いですが、普通の企業で各部門を経験するのは難しいです。

そのため、自ら成長を望むなら思い切って転職に舵を切ってみてはいかがでしょうか。

転職するなら、ハイクラス転職に特化しコンサルタントの転職サポートに強いJACリクルートメントがおすすめです。

\外資系に強い/

あわせて読みたい
Webマーケティング向けの転職エージェント・サイトおすすめ10選!未経験からの転職可能性も解説 Webマーケティング職はWeb広告やSNS運用、SEO分析など、さまざまな領域で活躍できる職種です。 企業からのニーズも高まっていますが、しっかり対策を取らないとWebマー...
ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ