MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ベンチャーキャピタルへの転職は難しい?未経験から転職できる?面接対策のポイントを解説

ベンチャーキャピタルは財務知識や経営知識、成長する企業の見極め力など高いスキルが求められるため、未経験からの転職は容易ではありません。ただ業務に対する、熱意や意欲などが応募条件の求人も存在します。

本記事では、ベンチャーキャピタルの転職難易度、転職に求められるスキルや経験などを紹介します。

本記事でわかること
  • ベンチャーキャピタルへの転職が向いている人の特徴
  • ベンチャーキャピタルへ転職を成功させるポイント
  • ベンチャーキャピタルへの転職実績がある転職エージェント

ベンチャーキャピタルへの転職は、同業界への転職実績があるJACリクルートメントがおすすめです。業界の最新情報を得られるだけでなく、選考対策も充実しているので安心です。

引用:JACリクルートメント公式

\顧客満足度5年連続No.1 /


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ベンチャーキャピタル(VC)とは?業界の概要を解説

ベンチャーキャピタル(VC)とは?業界の概要を解説

ベンチャーキャピタル(VC)とは、今後成長が見込まれる未上場のベンチャー企業やスタートアップ企業などに対して出資を行う投資会社のことです。

企業が成長・上場した際に株式を売却し、キャピタルゲイン(投資額と株式公開後の差額)で利益を得るのと同時に、企業が成長するための経営支援も行っています。

以下の内容について詳しく解説します。

ベンチャーキャピタル(VC)について
  • PEファンドとの違い
  • 主な役割・仕事内容

PEファンドとの違い

ベンチャーキャピタルと同様、未上場企業に出資を行うPE(プライベートエクイティ)ファンドという投資会社があります。

どちらもキャピタルゲインで利益を得る仕組みは同じです。ただ、PEファンドは企業再生を目的として出資を行うのに対し、ベンチャーキャピタルは成長が見込める企業に出資を行うので出資の目的が違います。

あわせて読みたい
PEファンドへの転職を成功させるポイント!求められる能力や転職市場の動向を解説 PEファンドは転職難易度が高い業界です。しかし年収が高くハイクラスな転職先として人気があります。 難易度の高いPEファンドへ転職をするなら、転職エージェントを利用...

主な役割・仕事内容

ベンチャーキャピタルの主な役割・仕事内容は以下の通りです。

ベンチャーキャピタルの主な役割・仕事内容
  • 出資企業の情報収集
  • 出資企業先の選定
  • 企業への出資
  • 企業の成長支援
  • 上場・M&Aのサポート

出資企業が成長しなければ利益を得られないため、自分自身が出資企業に対して経営コンサルを実施したり、外部に依頼して経営コンサルを実施したりします。

ベンチャーキャピタルへの転職は難しい?

ベンチャーキャピタルへの転職は難しい?

ベンチャーキャピタルへの転職は、高いスキルが要求されるため非常に難しいです。ベンチャーキャピタルは発展途上の企業に出資します。

その企業が成長しなければ利益を得られないため、成長するかどうかを見極める力が重要になってきます。

そのため人や企業と接することの多い、法人営業・金融業・コンサル業などの経験やスキルがあると転職には有利です。他にも財務知識や経営知識、企業によってはビジネスレベルの英語力、ロジカルシンキングが必要とされます。

以下の内容について詳しく解説します。

ベンチャーキャピタルへの転職について
  • ベンチャーキャピタルへの転職求人情報
  • 未経験からの転職は難しい?

ベンチャーキャピタルへの転職求人情報

ベンチャーキャピタルの転職求人は数多くあります。例としてSBIグループのベンチャーキャピタルである、SBIインベストメントの求人情報を紹介します。

SBIインベストメントは、過去1,135社の企業へ投資を行い、うち197社が株式上場やM&Aに成功している一流のベンチャーキャピタルです。

仕事内容投資部が受注・投資決定を行ったベンチャー企業の経理や財務チェック
内部統制・会計監査のアドバイスを含む投資先の管理業務
応募資格法務・会計・財務・税務・経理のいずれかに関わったことのある方
内部統制・会計監査の経験があれば尚良
給与約25~50万円/月
勤務形態正社員
職種ファンドの管理、投資先との契約、管理業務
歓迎スキルや資格公認会計士・税理士資格・英語力(TOEIC800点以上)

※2023年3月15日現在の記載情報

未経験からの転職は難しい?

未経験からの転職は難しいですが、転職の可能性はゼロではありません。経験ではなく、ベンチャーキャピタル業務に対する意欲や熱意などを応募条件とする求人は存在します。

とはいえ求人数は少ないので、スタートアップ向けの経営支援をする会社やM&A仲介会社などを経験したうえで、ベンチャーキャピタルへの転職を狙うのも1つの選択肢と言えるでしょう。

ベンチャーキャピタルへの転職に求められるスキル・経験

ベンチャーキャピタルへの転職に求められるスキル・経験

ベンチャーキャピタルへの転職に求められるスキル・経験は以下の3つです。

ベンチャーキャピタルへの転職に求められるスキル・経験
  • 起業家や他のVCとネットワークを構築する能力
  • 起業家を支えつつ目的達成に導くコミュニケーションスキル
  • 金融機関での法人営業や経営企画の業務経験

起業家や他のVCとネットワークを構築する能力

起業家や他のベンチャーキャピタルとネットワークを構築する能力は、重要な業務のひとつである「ソーシング」で必要となります。ソーシングとは、M&Aにおいてターゲット企業を選定し交渉を行うことです。

ソーシングでは起業家だけでなく、他のベンチャーキャピタリストとのつながりも大切です。他のベンチャーキャピタルと共同出資を行う可能性もあり、お互いのライバル意識は薄いと言えるでしょう。

起業家を支えつつ目的達成に導くコミュニケーションスキル

ベンチャーキャピタルは、さまざまな年代の起業家と円滑にコミュニケーションを図る必要があります。

リード投資を行う場合、投資先の経営者と二人三脚で経営を進めていかなければなりません。起業家から相談を受けた際、適切なタイミングで適切なアドバイスを行ったり、問題解決のための人材を紹介したりと、その時々の要望に合ったサポートが必要になります。

金融機関での法人営業や経営企画の業務経験

金融機関での法人営業や経営企画の業務経験は、ベンチャーキャピタルの応募条件に含まれていることが多いです。

ベンチャーキャピタルでは投資企業に対して資金提供を行うため、財務分析力が求められます。財務分析ができると、成長できる企業かどうか見分けられる可能性も高まります。

金融機関での業務経験があれば、財務分析力だけでなく、投資に関する知識や、経営陣に対するマネジメント能力があると客観的に証明されることになるでしょう。

ベンチャーキャピタルへの転職が向いている人の特徴

ベンチャーキャピタルへの転職が向いている人の特徴

ベンチャーキャピタルへの転職が向いている人の特徴を5つ紹介します。

ベンチャーキャピタルへの転職が向いている人の特徴
  • ベンチャー、スタートアップへの投資に興味がある人
  • IPOやM&Aに関する知識を持っている人
  • MBAや公認会計士、簿記などの資格を取得している人
  • 能動的に思考し行動するのが好きな人
  • スタートアップのCxOやIT業界の経営コンサル経験がある人

ベンチャー、スタートアップへの投資に興味がある人

ベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業やスタートアップ企業に対して投資を行い、起業家を支援しながら目的達成を目指します。

企業への資金提供や経営支援は、5~10年の期間に及ぶことも少なくありません。

ベンチャー企業やスタートアップ企業への投資に興味がない人に、資金提供や経営支援などの業務をこなすのは不可能と言っていいでしょう。

逆にこれらの企業に対して熱意を持って接することができる人は、ベンチャーキャピタルへの転職に向いています。

IPOやM&Aに関する知識を持っている人

ベンチャーキャピタルは、投資企業がIPO(新規株式上場)やM&A(企業の合併・買収)を行った際の株式売却益の獲得を目指している投資会社です。

そのため、IPOやM&Aに携わったことがあれば転職で有利に働くことは間違いありません。

IPOやM&Aに携わったことのある人は、財務観点や経営観点から、株式上場や企業買収などの正しい選択ができる人材だと判断されます。

MBAや公認会計士、簿記などの資格を取得している人

MBAは経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院修士課程を終了すると授与される学位のことです。MBAは、事業戦略・マーケティング・会計などの知識やスキルがある証明であり、ベンチャーキャピタル業務でも大いに役立ちます。

公認会計士は、財務会計・管理会計・監査などの業務に活かせる資格で会社法の知識がある証明に、簿記は財務諸表が読めることを証明できる資格になります。

MBA・公認会計・簿記などの資格は、歓迎スキルとして挙げている求人が多く、転職で有利になる可能性が高いです。

能動的に思考し行動するのが好きな人

ベンチャーキャピタルは投資先の企業を成長させ、IPOやM&Aを成功させるのが仕事です。投資企業のIPOやM&Aの取得、投資企業の株式を売却して資金の回収や利益を得るためには何が必要なのか、投資先の経営者と考えながら行動し、目的達成を目指さなければなりません。

そのため、受動的に仕事をこなしている人には向いていない可能性が高いです。

スタートアップのCxOやIT業界の経営コンサル経験がある人

CxOは、「chief:組織の責任者」「 x: 業務や機能」「Officer:執行役」からなる経営用語で、企業活動の業務および機能における最高責任者のことを言います。

スタートアップ企業のCxOやIT業界の経営コンサル経験がある人は、投資先に実行後の経営支援能力があることを証明できますので、即戦力として活躍できる可能性が高く採用の可能性も高まります。

ベンチャーキャピタルへ転職を成功させるポイント

ベンチャーキャピタルへ転職を成功させるポイント

ベンチャーキャピタルへ転職を成功させるポイントは以下の3つです。

ベンチャーキャピタルへ転職を成功させるポイント
  • 面接対策でスタートアップや最新テクノロジーへの熱意をアピールする
  • 粘り強さや諦めない性格などを中心に自己PRを考える
  • ベンチャーキャピタルの転職に強い転職エージェントを活用する

面接対策でスタートアップや最新テクノロジーへの熱意をアピールする

ベンチャーキャピタリストは、常にスタートアップ経営者と伴走しなければなりません。

経営者にアドバイスを行ったり、人材を紹介したり、社内の生産性や効率をあげるために最新テクノロジーの提案や導入を行ったり、二人三脚で企業を成長させる必要があります。

面接では、経営者の考えや行動に対して敏感にアンテナを張ることができること、スタートアップや最新テクノロジーへの熱意をアピールすることで、採用の可能性は高まるでしょう。

あわせて読みたい
転職面接の自己紹介に自信がない!内定獲得率アップを目指せる例文・回答例を紹介 転職時の面接では、「自己紹介をしてください」と聞かれることがほとんどです。自己紹介は採用担当者とのファーストコンタクトになるため、要点を押さえて自分の魅力を...

粘り強さや諦めない性格などを中心に自己PRを考える

ベンチャーキャピタルの仕事は、投資してから成果に結びつくまでに長い期間を要します。5~10年以上かかることも珍しくありません。

成果に結びつくまでにはさまざまな困難が立ち塞がりますが、へこたれずに目的達成を目指す胆力が求められます。

今までの経験の中で、諦めずに目的を達成したこと、目的を達成するまでの苦難をどう乗り越えてきたかなどを中心に、自己PRを考えましょう。

ベンチャーキャピタルの転職に強い転職エージェントを活用する

ベンチャーキャピタル業界への転職難易度は高いため、1人で対策をしたり情報収集をしたりするのは難しく効率的ではありません。

ベンチャーキャピタル業界に特化した転職エージェントを活用すれば、転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策を受けれたりと多くのメリットがあります。

ベンチャーキャピタルへの転職実績がある転職エージェント

ベンチャーキャピタルへの転職実績がある転職エージェントを3つ紹介します。

ベンチャーキャピタルへの転職実績がある転職エージェント
  • JACリクルートメント
  • ビズリーチ
  • パソナキャリア

時期によりベンチャーキャピタルの求人がない可能性もありますが、ハイクラスな優良求人を多数保有している転職エージェントばかりなので、その他の求人も検討してみるのがおすすめです。

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラス・ミドル転職5年連続第1位
  • 管理職・技術/専門職転職のエキスパート
  • コンサルタントからスカウトがもらえる

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度ハイクラス・ミドル転職部門で5年連続第1位を獲得している転職エージェントです。

管理職クラス、技術職・専門職の転職に強く、登録した職務経歴書をもとにコンサルタントからスカウトがもらえます。

類似業界の金融/法務、知的もしくは内部統制、監査の求人は68件(2023年3月20日現在)と少ないですが、いずれも年収500万円以上の優良求人ばかりです。

JACリクルートメントに登録して、ベンチャーキャピタルの転職を成功させましょう。

株式会社シナプルリンクによると、利用してよかった転職エージェントはリクルートエージェントが1位とのこと。私の最近の転職はJACリクルートメントでしたが、こちらは専門職の転職に強いです。未経験からの転職が多いことを考えるとTOP3に納得です🙂#転職エージェント https://t.co/LKY9CHPE20 pic.twitter.com/hZ6sotre5N

— Banana (@Banana22362) December 18, 2022

JACリクルートメントは外資系に強いコネクションを持っており、希望企業は高い確率で紹介してもらえるでしょう。
外資系といっても英語が必須条件なわけではありませんし、「高給激務の米国系外資」「まったりそこそこ高給の欧州系外資」など興味があるジャンルがあれば詳しく教えてくれますよ。

— 自称準エリートくん@30歳転職で年収700万 ビズリーチ利用 (@highten5) December 15, 2022

\顧客満足度5年連続No.1 /

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ビズリーチの特徴
  • 年収1,000万円以上の求人多数
  • 登録するだけでスカウトがもらえる
  • 5,800人以上の優秀はヘッドハンターが在籍

ビズリーチは登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる、スカウト型の転職エージェントです。求人の3分の1以上が年収1,000万円で、経営幹部や管理職などのハイクラス転職を専門としています。

厳選された22,000社以上の企業からスカウトがもらえるだけでなく、有料プランに登録すると、厳しい基準を満たした5,800人以上のヘッドハンターへ転職相談することも可能です。

職種「金融」で検索したところ、3,870件の求人(2023年3月20日現在)が確認できました。ビズリーチに登録をして、ベンチャーキャピタルやハイクラス転職を勝ち取りましょう。

ビズリーチは日本で唯一「有料プランがある転職サイト」です。

もちろん無料プランもありますが、身銭を切って利用してみても他の転職サイトと変わらないのでは困りますよね。

ただ、現在行われているキャンペーンを使うことで97日間無料でビズリーチのすべての機能を利用することができます。

— 自称準エリートくん@30歳転職で年収700万 ビズリーチ利用 (@highten5) December 21, 2022

ビズリーチ経由で、とあるベンチャー企業の社長からスカウトメールが来ました。もしかしたらテンプレで人事が代わりに送ってるかもしれないですが、短い文でも熱意が伝わって何か感じるものがありました。ホームページも社長の人柄や社風が伝わってよかった。こういうワクワク感は常に持っていたい

— いけ@香港 (@ikeglobal) January 17, 2022

ヘッドハンターにはビズリーチ独自のヘッドハンターランクという制度があります。
これはヘッドハンターの優秀さを表す指標です。
このランクが高いヘッドハンターには仕事が集まります。
ランクの決定要因に「採用された会員の年収」があるからこそ必死に年収交渉をしてくれます。

— 自称準エリートくん@30歳転職で年収700万 ビズリーチ利用 (@highten5) December 17, 2022

\1,000万円以上の求人多数/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

パソナキャリア

名前パソナキャリア
料金無料
求人数公開求人: 33,610件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.pasonacareer.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社パソナ
拠点東京都港区南青山
3-1-30
PASONA SQUARE
8F都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
パソナキャリアの特徴
  • オリコン顧客満足度調査4年連続No.1
  • 年収アップ率67.1%と非常に高い
  • ハイクラス求人の掲載多数

パソナキャリアは企業と転職者の「マッチング力」と「提案力」に定評があり、オリコン顧客満足度調査では4年連続No.1を獲得している転職エージェントです。

公開求人14,000社以上の求人を保有しており、約半数が年収800万以上のハイクラス向け求人です。これまで25万人以上の転職支援実績があり、利用者の67.1%が年収アップに成功しています。

キャリアアドバイザーの親身なカウンセリングや選考対策など、年収アップに向けた転職サポートを受けられるのも特徴です。職種「金融」で検索したところ、910件の求人(2023年3月20日現在)が確認できました。

ベンチャーキャピタルの転職成功を目指すなら、パソナキャリアの登録がおすすめです。

2022年オリコン顧客満足度調査で、転職エージェントランキング満足度総合1位は【パソナキャリア】です

— かつ (@Job_changer3) December 28, 2022

いい担当に会えるか。ですね。
僕はSBHCで決めたけど、パソナキャリアの担当はマジで仕事できるし、いい人だった。
ちなみに、ぼくの採用に関する報酬は200万超えたはず https://t.co/mjmGtvpDmE

— S!N@END ZERO (@kagura01) October 29, 2022

\サポート体制が手厚い!/

あわせて読みたい
パソナキャリアの評判・口コミは最高?最悪?オリコン満足度1位のサポートを受けた体験談 転職活動を成功させるためには、転職エージェントの活用が欠かせません。 大小さまざまな転職エージェントがありますが、ぜひ登録しておきたいのが「パソナキャリア」で...

ベンチャーキャピタルへの転職希望者からよくある質問

ベンチャーキャピタルへの転職希望者からよくある質問

ベンチャーキャピタルへの転職希望者からよくある質問を3つ紹介します。

よくある質問
  • ベンチャーキャピタルの平均年収はいくら?
  • ベンチャーキャピタルの激務度は?
  • ベンチャーキャピタルに転職した後のキャリアパスは?

ベンチャーキャピタルの平均年収はいくら?

ベンチャーキャピタル上場3社の平均年収は890万円です。

ベンチャーキャピタルの平均年収
  • 1位:ジャフコ(平均1,205万円)
  • 2位:日本アジア投資株式会社(平均877万円)
  • 3位:フューチャーベンチャーキャピタル(平均588万円)

国税庁が発表した「令和3年分民間給与実態統計調査」では、民間企業の平均年収は443万円、金融業・保険業は677万円、情報通信業は624万円であることから、ベンチャーキャピタルのほうが高年収であることが分かります。

ベンチャーキャピタルの激務度は?

ベンチャーキャピタルは、残業時間や拘束時間が長いケースが多く、激務度は高いと言えるでしょう。

残業時間や拘束時間が長い理由は、出資企業の経営者の都合に合わせる必要があるためです。キャピタリストは1人で複数のクライアントを担当することが多く、この体制も激務度を高めている要因と言えます。

ベンチャーキャピタルに転職した後のキャリアパスは?

ベンチャーキャピタルでの営業能力・財務分析能力・ビジネスを見極める能力などを活かせる転職先としては、事業会社の経営企画部門や営業部門、会計事務所のコンサルティングファームなどがあります。

またベンチャーキャピタルでつくった人脈を活かして独立をしたり、別のベンチャーキャピタルへ転職したりと、さまざまなキャリアプランの形成が可能です。

ベンチャーキャピタルへの転職は難しい!成功を目指すならエージェントサービスに登録

ベンチャーキャピタルへの転職は、高いスキル・財務知識や経営知識・企業の成長を見極める力が求められるため非常に難しいと言えます。

そのため独力で面接対策をしたり、情報収集をしたりするのは至難の業で、効率的な転職活動は難しいでしょう。

JACリクルートメントならベンチャーキャピタルの転職実績があり、金融や法務、内部統制や監査の転職に強いので、ベンチャーキャピタルについての最新情報を得られます。面接対策や応募書類添削など、選考対策も充実しているので安心です。

JACリクルートメントに登録をして、ベンチャーキャピタルへの転職を成功させましょう。

\顧客満足度5年連続No.1 /

ベンチャーキャピタルへの転職を検討している人におすすめの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ