MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

30代が入社半年で転職するのはあり?しんどいときの対処方法と転職を成功させるポイントを紹介

本記事でわかること
  • 30代が入社半年で転職するのはありなのか
  • 入社後半年で仕事がつらいと感じるときの対処法
  • 30代におすすめの転職エージェント

30代で入社後すぐに辞めてしまうと、経歴に傷がついてしまうのではと不安な方も多いのではないでしょうか。確かに転職回数が多いと、転職活動の際に不利になると言われています。

「半年で辞めることを考えるなんて、甘えがあるのかな……」と気持ちが沈んでいる方もいるかもしれません。30代、入社半年で仕事を辞める決断をするのは難しいところです。

そこで本記事では、30代が入社半年で転職することは可能なのか解説します。転職をおすすめできる方の特徴や転職を成功させるポイントもあわせて紹介するので「入社したばかりだけど転職を考えている」という30代の方は必見です。

転職を考えている30代の人には、dodaの利用がおすすめです。業界トップクラスの求人数を誇り、ご自身の状況に応じて「エージェントサービス」「スカウトサービス」「求人サイト」と3つの利用方法が選べます。まだ転職を迷っているという人も、ぜひチェックしてみましょう。

【公式】https://doda.jp/

30代向けの求人が豊富!


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

「入社半年で転職したい」と考える人は全体の約1割!転職は不利になるのか

「入社半年で転職したい」と考える人は全体の約1割!転職は不利になるのか

「入社してすぐ転職したいと思っている人間なんて、自分くらいではないか」と落ち込む方がいるでしょう。しかし実は、約1割の会社員が入社半年で転職したいと考えています。

理由は仕事内容や人間関係などさまざまなものの、入社半年で転職を考えることはさほど珍しいことではありません。

「転職で不利になるのでは」と考えがちな転職回数に関しても、30代の場合はそれほど選考に影響しないというアンケート結果があります。

引用:転職に関するアンケート(2018年調査)

転職サービス「doda」が企業の採用担当者に実施したアンケートによると、20.4%が「転職回数は選考に影響しない」と回答しています。

主な理由としては、30代は結婚や介護などの家庭の都合による転職や、社会に出て数年経っているため転職が珍しくないなどの事情が考えられるためです。

30代の転職では、転職回数よりもスキルや経験が重視される傾向があります。ただし、短期で転職を繰り返している場合は、不利になる可能性があるため注意が必要です。

あわせて読みたい
転職したけど半年でもう辞めたい人へ。辞めるリスクや転職活動する際のポイントを紹介 転職活動を必死で頑張ってやっと決まった会社なのに、もう辞めたい…と悩んでいる人は少なくありません。転職という選択をする場合、あなたが不安になるのは、「入社して...
あわせて読みたい
短期離職すると転職が決まらない?短期離職するリスクと転職を成功させる対処法を解説 本記事でわかること 短期離職をすると転職が決まらないと言われる理由 短期離職して転職先が決まらない場合の対処法 短期離職してもスムーズに転職が決まる人の特徴 前...

30代が入社後半年で転職するのはあり?その理由とは

30代が入社後半年で転職するのはあり?その理由とは

30代が入社半年で転職するのはありです。主な理由として以下が挙げられます。

明確な理由があれば、入社してすぐの転職も問題ありません。詳しく解説するので、30代で入社したばかりの会社を辞めたい方はぜひ参考にしてみてください。

合わない仕事・職場に居続けると適応障害やうつ病になるリスクがあるから

合わない仕事や職場を我慢し続けると、精神を病んで適応障害うつ病になるリスクがあります。つらい環境で仕事をすると、ストレスが重なり精神に悪影響が及ぶためです。

適応障害やうつ病を発症すると、社会復帰するまで時間がかかったり30代という大切なキャリアを無駄にしてしまったりする可能性があります。

会社が自身に合うか合わないかは、実際に働いてみないとわかりません。仕事や職場がストレスに感じるようなら、思い切って転職をする決断も必要となります。

転職理由を明確にして対策すれば、今より働きやすい会社への転職を目指せるから

「転職が成功するかわからないから行動に移せない」と悩んでいる方もいるでしょう。しかし、明確な転職理由があり書類添削や模擬面接などの選考対策をすれば、今より働きやすい会社への転職を十分目指せます。

20代ほどではないものの、30代はまだまだ転職成功を目指せる年代です。「なぜ転職したいのか」を明確にして、選考ではスキルや経験をアピールしましょう。

40代以降になると、さらに転職難易度が高くなるから

転職を考えている方は、なるべく30代のうちに行動に移すべきです。転職は年齢が上がるほど難易度が高くなるため、40代以降はさらに厳しくなります。

40代になると、スキルや経験があっても中途採用が難しくなります。40代になってから転職を決意しても不利な状況となるため、転職するのであれば早めに決意した方がよいでしょう。

あわせて読みたい
40代で転職するのは地獄?40代転職で地獄・厳しいと悩んでいる人の実態 本記事でわかること 40代の転職が地獄・悲惨と言われている理由 40代の転職が実際に地獄なのか調べてみた 40代転職で地獄を見ないために登録すべき転職エージェント 20...

入社後半年でしんどいと感じた30代が取るべき行動

入社後半年でしんどいと感じた30代が取るべき行動

入社して半年で仕事がつらいと感じる30代が取るべき行動を紹介します。

日々の通勤がしんどいと悩む方は、以下で紹介する方法を試してみてください。

周囲の力を借りて、仕事に慣れるまでのサポートを受ける

入社して半年であれば、まだ仕事に慣れていない可能性があります。相談できる人がいれば、サポートを頼みましょう。

仕事に慣れるまで、ある程度の時間がかかるのは当たり前です。たとえ即戦力採用で入社したとしても、最初のうちは周囲にサポート受けても問題ありません。

入社して日が浅ければ、よほど環境が悪くない限り力を貸してくれるはずです。相談すれば悩みが解決する場合もあるため、周りに頼ることも選択肢に入れてみてください。

メンタルがきついなら異動・休職してみるのもあり

労働環境や人間関係につらさを感じるようなら、異動休職を検討しましょう。仕事から離れて思い切り休む、趣味を楽しむなどしてリフレッシュすれば、解決策が思い浮かぶかもしれません。

具体的には、なぜつらいと感じるのかといった理由や、自身のしたいことが明確になる可能性があります。ただし、入社半年では異動・休職の許可が降りないかもしれないので、難しい場合は我慢せず転職を考えましょう。

「良い会社があったら転職する」というモチベーションで転職活動を始める

今の仕事がつらい場合は、退職するかどうかの最終判断は先送りにして、とりあえず転職活動を始めてみるのも1つの手です。

転職活動をしてみて、今より良い会社が決まればそちらに行き、見つからなければ今の会社でもう少し頑張れば良いのです。

この方法なら、収入が途絶えてしまうリスクや、焦って今より悪い条件で転職してしまうリスクが避けられます

仕事中に転職活動をしたり、自分から人に話したりしない限り、今の職場にバレることはまず無いので、迷っている人におすすめの方法です。

>>30代の転職におすすめの転職エージェントを見る

入社後半年で会社を辞めたい30代が転職成功を目指す方法

入社後半年で会社を辞めたい30代が転職成功を目指す方法

入社して間もない30代が転職を成功させる効果的な方法は以下の通りです。

入社半年の30代でも転職成功を目指せます。転職成功のコツを紹介するので、現在の会社を辞めたい30代はぜひ参考にしてみてください。

「現職をなぜ半年で辞めたいと思ったのか」を明確にして反省点を洗い出す

今の会社に対して「なぜすぐに辞めたいと感じたのか」、理由を具体化して反省点を洗い出しましょう。辞めたい理由・原因が明確でないまま転職活動をすると、同じ失敗で転職を繰り返してしまう可能性があります。

転職の理由となる主な原因は、以下が挙げられます。

転職の理由となる主な原因
  • 給料や福利厚生などの待遇が悪い(待遇面)
  • これ以上のキャリアが望めない(キャリア面)
  • 人間関係・労働環境などが悪い(環境面)

自身が辞めたいと考える理由を明確にし、辞める原因となった要素の改善が望める転職先を見つけましょう。

ポジティブかつ納得感のある転職理由を考え、採用担当者にアピールする

入社半年で転職活動をして、内定を獲得するためには転職理由の対策が不可欠です。納得感のある転職理由を選考や面接で提示しないと「またすぐに辞めてしまうのでは」とマイナスなイメージを与えてしまいます。

転職理由を伝える際は、以下のような前向きかつポジティブな言葉で伝えるのがポイントです。

転職理由を前向きかつポジティブに伝える言葉
  • 結婚や介護などの家庭の都合でやむを得なかった
  • やりたいことができた
  • キャリアアップのため

転職理由が納得感のあるものだと、好印象となり選考通過率が上がります。

あわせて読みたい
転職面接前に必ずやるべき面接対策を紹介|転職面接で絶対にやってはいけない行動とは? 初めての転職活動では、面接への対策が非常に重要です。 準備を万全にして面接に臨まなければ、基本うまくいきません。 本記事でわかること 転職面接で必ずやるべき対策...

30代転職に役立つ経験・スキルを身につける

30代で転職する際に役立つ経験やスキルを身につけておくと、転職成功に近づきます。以下のような準備がおすすめです。

30代転職に役立つ準備
  • 転職する予定の業種で活用できる資格を取得する
  • 現在所持しているスキル・経験をさらに磨く
  • マネジメントや管理職の経験をしておく

同業種に転職する予定であれば、現在所持しているスキルや経験を磨き、自身の価値を高めておくべきです。異業種に転職する場合は、転職先で需要の高い資格の取得が役立ちます。

また、30代は20代とは異なり、マネジメントや管理職などの経験が重視される傾向があります。現在の仕事でマネジメントに関われるのであれば、実績となる経験を積んでおきましょう。

半年で転職したい胸のうちを転職エージェントに相談してみる

入社半年で転職を考えている30代は、転職エージェントに登録して相談をおすすめします。転職エージェントとは、求人の紹介や選考対策のサポートなどの転職支援を受けられるサービスです。

キャリアプランや自身に合った求人はないかなど、転職に関する相談も無料で受け付けています。転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談すれば、入社したばかりでも転職できる求人はあるか、相談に乗ってもらえます。

同時に自己分析や内定を獲得するコツなどのサポートも受けられるため、本当に転職できるか悩んでいる方は1度相談してみましょう。

30代の方におすすめの転職エージェント・サイト

30代におすすめの転職エージェント・サイトは以下の2つです。

特徴やおすすめポイントなどを詳しく紹介します。

30代以上の求人が豊富で質の高いサポートが好評な『doda』

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能
  • 30代以上の求人が豊富
  • 年収査定やコラムなどのコンテンツも充実

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職サービスです。転職エージェント、スカウト、求人サイトと3つの機能が備わっているのが特徴です。

例えば「どんな求人があるのか、とりあえず見てから考えたい」という人は、求人サイトとして利用して、自分のペースで情報収集ができます。

また、「すぐにでも転職したい」と意志が固まっている人なら、転職エージェントとして利用することで、プロの力を借りて最短コースで転職が目指せます。

スカウトサービスも併用すれば、待つだけであなたを必要とする企業から声がかかるかもしれません。

dodaは扱う求人数も業界トップクラスで、転職市場に精通した専門スタッフが質の高いサポートをしてくれることも強みです。

年収査定やコラムなどのコンテンツも豊富なので、ぜひチェックしてみましょう。

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(教育業界)
仕事をしながら転職を考えているときには時間がない中での動きになってくると思いますので、担当の方が非常にレスポンスが早いのは良かったです。また、紹介してくれた求人数も多かったので幅広く参考にすることができました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代男性(電気・IT業界)
他サイトには掲載されていない、より専門知識、技術を活かせるような求人がたくさん載っていたということはdodaのサイトに出会えて本当に良かったと思えたところでした。

キャリアクラス転職独自調査

\30代向けの求人が豊富! /

30代前半で未経験転職を狙うなら『マイナビエージェント』

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス
    求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代・30代に強い転職エージェント
  • 30代前半ならポテンシャル採用も見込める
  • 専任のキャリアアドバイザーによる手厚いサポート

マイナビエージェントは、20代・30代に人気の転職エージェントです。未経験歓迎の求人が多く、スキルや経験が少なくてもポテンシャル採用が期待できます。

そのため、入社半年でも30代前半であればマイナビエージェント経由での転職成功を目指せます。前向きな転職理由を用意する、熱意をアピールするなどの工夫をすれば未経験職への挑戦が可能です。

サポートにつくキャリアアドバイザーは専任制で、求人紹介や選考対策はもちろん、相談や日程の調整などのサポートも受けられます。

30代前半で異業種への転職を考えている方や、手厚いサポートを受けたい方は登録しておきましょう。

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
無記名(男性)
化学系技術職の転職で他の大手エージェントを利用していましたが、いまいち前職の知識や技術をわかってもらえず分野違いの企業ばかりを紹介されて困っていたため、大手かつ特化型サービスと銘打っているマイナビメーカーエージェントを利用しました。ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。おかげで利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。次に転職する時もぜひ利用したいと思っています。

引用:みん評

Review Image
無記名(女性)
初めての転職だったので、20代、第二新卒向けと聞いたマイナビに相談に行きました。担当は若い人で少し不安でしたが丁寧に対応してくれました。初めての転職だったからなのか、前職の仕事内容の他にもバイト経験や大学の学部を選んだ理由なども聞かれました。面接でも何回か聞かれたので話す練習になりました。私は技術職希望だったのですが、思うような求人は少なく退会しましたが、20代半ばで「転職したいなー」と軽く思ってる人にはお勧めのエージェント会社だと思います。強要されないので気軽に面談に行けると思いますよ。

引用:みん評

\若年層の転職支援に特化/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

入社半年で転職して後悔しない?

引用:転職後1年以内に退職した理由や相談相手をアンケート調査 | ウェブココル株式会社のプレスリリース

みなさんの中には、入社半年で転職したら後悔するのではないかと心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

上記は、当サイトが早期退職を経験した人300名にアンケートを実施した結果です。

同調査によれば、早期退職をして「よかった」「まあよかった」と答えた人が96.7%となっており、「失敗した」と「やや失敗した」は合わせて3.3%にとどまりました。

この調査は入社1年以内に退職した人を対象としたものですが、回答者の64.1%が半年以内の退職経験者でした。

つまり、半年以内に転職をした人のほとんどに後悔は無く、むしろ「よかった」と感じていることが明らかになりました。

退職する前にチェック!入社半年で転職してもよい人と転職しないほうがよい人

退職する前にチェック!入社半年で転職してもよい人と転職しないほうがよい人

現在働いている会社を退職する前に、入社半年で転職してよい人と転職しない方がよい人の例をチェックしておきましょう。

入社半年で転職してもよいか・転職しない方がよいか

転職してもよい人

入社半年でも転職してよい人は以下の通りです。

入社半年でも転職してよい人
  • 残業が多すぎる人
  • 入社前の条件と違いすぎる人
  • 職場でパワハラやセクハラが横行している人
  • すでに精神的に限界の人

残業が多すぎてつらい方や、事前に交わしていた条件と待遇が異なっていた方は、ストレスにより心身の体調を崩す前に転職しましょう。パワハラやセクハラが横行している職場は、今すぐ離れるべきです。

「転職してもよい人」の項目に当てはまらない方でも、精神的に限界を感じている場合は転職を検討した方がよいでしょう。

転職しないほうがよい人

入社半年での転職をおすすめできないのは、以下のような人たちです。

入社半年での転職をおすすめできない人
  • 転職したい理由が不明確な人
  • すでに転職回数が複数回ある人
  • 一般的にみて条件が悪いわけではない人

転職理由を明確にせず「なんとなく」の気持ちで転職すると、早期退職を繰り返す可能性があります。すでに転職回数が複数回ある方も、選考で不利になるためおすすめできません。

給与面や待遇面で条件が悪くない場合は、転職すると年収が下がる、福利厚生の面で満足できないなどが考えられます。

よくある質問

よくある質問

30代・入社半年から転職する方でよくある質問は以下の通りです。

1つずつ解説します。

入社して半年経つのにミスばかりなので辞めたいと考えるのは甘え?

入社半年でミスがあるのは当然のことです。ミスが原因で辞めたいと落ち込む必要はありません。

大切なのは、ミスを無くそうとする姿勢です。同じミスを繰り返さないために「積極的にメモを取る」「ミスを繰り返さない方法を相談する」など、前向きに対処する姿勢が重要となります。

努力する姿勢が見られれば、周囲も成長を見守ってくれるでしょう。失敗して落ち込む前に、周りに相談して改善に向けて取り組むことを意識してみてください。

あわせて読みたい
仕事が続かないのは甘え?どこも仕事が続かない人におすすめの対処方法 仕事が続かないと、「社会に適合できていないのでは?」と不安を覚える人もいるでしょう。 仕事が続かない原因は人によってさまざまですが、どのような理由でも「クズ」...

自分のやりたいことがわからないときの対処法は?

「自分のやりたいことがわからないから、転職活動を成功させる自信がない……」と悩む方は、キャリアコーチングを受けてみるのがおすすめです。

キャリアコーチングとは、キャリアに関する相談やコーチングを受けられるサービスです。キャリアプランや自己分析を通して、自身に適した仕事が見つけやすくなります。

なかでもポジウィルは「どう生きるか」をテーマとしたパーソナルトレーニングにより、転職のみならずフリーランスや副業など、さまざまなキャリア先を提示してくれます。

やりたいことに悩む30代の方は、1度ポジウィルの無料相談に申し込んでみてください。

30代の転職で求められる能力は?

30代の転職では、主に経験が求められます。社会に出て10年程度経つ30代は、成長性よりも即戦力が期待されるためです。

そのため、業務で活かせるスキルや経験があると転職しやすくなります。とくにマネジメントや管理職の経験があると、若い社員を教育する側として重宝され、内定獲得を期待できます。

転職を検討している30代の方は、転職先で役立つスキルや経験を磨いておきましょう。

入社してから半年で転職したいと悩む30代は転職エージェントに相談しよう!

入社してから半年で転職を検討する30代でも、スキルや経験があれば自分に合った転職先と出会えます。30代の転職は、回数や早期退職の有無よりも実績を重視されます。

そのため、転職理由が明確な方や現在の職場で多大なストレスを感じている方は、入社半年でも今すぐ転職すべきです。

「本当に転職できるか不安だな」と悩む方は、転職エージェントの利用がおすすめです。現在の状況に適した求人の紹介や、キャリアの相談を受けられます。

とくにおすすめなのは業界トップクラスの求人数を誇るdodaです。転職エージェントを賢く活用して、今より働きやすい職場へと転職しましょう。

\30代向けの求人が豊富! /

30代でキャリアについて悩んでいる人におすすめの記事

あわせて読みたい
30代の転職で怖いと思うのは普通?怖くて動けない人が取るべき行動を解説 30代になると約6割の方が転職を経験しています。しかし、転職が怖いと思い、なかなか行動できない30代も多いでしょう。 30代で初めての転職にチャレンジするなら、転職...
あわせて読みたい
30代で次の仕事が決まっていないけど辞めるのは危険!退職せずに転職活動を進められる転職エージェント... 30代で次の仕事が決まっていないけど辞たいと考えているなら、まずは転職先を見つけてから退職した方がよいです。なぜなら、30代の転職事情は20代と比べてかなり難易度...
あわせて読みたい
30代のハイクラスにおすすめの転職エージェント・サイト9選|ミドルクラスの転職は難しい? 30代でハイクラス転職を希望していても、難易度が高そうで不安と言う声をよく聞きます。 確かに30代で転職を成功させるには、マネジメントスキルがあったり専門性が高か...
あわせて読みたい
仕事についていけない30代の特徴とは?ついていけないのはあなたのせいじゃない! 本記事でわかること 仕事についていけない30代の末路 30代で仕事についていけない人の特徴 30代で仕事についていけない人におすすめする3つの対策 30代といえば、20代と...
あわせて読みたい
【転職】書類選考が通らない30代必見!選考を突破するための履歴書・職務経歴書の書き方について解説 30代が転職活動に挑戦するに当たって、第一関門となるのが書類選考の突破です。20代のようなポテンシャル採用はなくなり、30代は書類選考が通りにくいという声もありま...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ