MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

「異動が辛いから仕事を辞めたい・前の部署に戻りたい」と思ったときの対処方法

あなたが望んでもいないのに会社から一方的に「部署異動」を命じられたら、仕事を辞めたくなってしまうのは当然のことかもしれません。ある程度は人事異動を覚悟している人でも、「やっぱり異動は辛い」と感じる人は多いはずです。

異動が嫌であれば、転職も検討してみましょう。転職活動を始めるだけならお金もかからないですし、仕事終わりでも進められます。一人で抱え込まず、まずは転職エージェントに話だけでも聞いてもらうのがおすすめです。

良い転職先が見つかれば転職すればよいだけなので、転職活動を始めるデメリットはかなり少ないでしょう。下記は人気のエージェントなので自分に合ったサービスに気軽に登録してみましょう!

すぐ相談できる
おすすめの転職エージェント
20代向け
マイナビエージェント
求職者の話をしっかりと
ヒアリング!

無料相談をする
30代以上向け
doda
サポートの質が高く
求人数が豊富!

無料相談をする
管理職向け
ハイクラス転職を
実現できる!
無料相談をする

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

なぜ異動を命じられるのか?

なぜ異動を命じられるのか?

企業によっても、人事異動の原因は異なるはずですが、あなたが今の部署でトラブルを起こしていたり、大きな失敗をしていないのに異動を命じられた場合は、ただ単に「人員補充」である可能性もあります。部署間で人員の均衡が崩れているときに、少ない部署へと人員を補充するのです。

または、入社して何年か経てば異動するのが慣例になっている会社もあります。同じ部署でずっと働くよりも、より広い経験を積ませる目的で異動を繰り返させることもあるでしょう。

会社というのは「組織単位」で動いていますから、あなたの適正や能力を考慮して異動させるのではなく、あくまでも会社にとって都合が良いように人員を配置していきます。望まない異動が起こるのは、個人的な都合が考慮されずに会社の都合で一方的に命令を下されるからなのです。

あなたが異動を命じられて、「仕事が辛い」「仕事を辞めたい」と感じる原因はさまざまでしょう。異動はあなたの都合を考慮されず、会社から一方的に通達されるものです。

\異動に不満ならプロの相談!/

「異動が辛い・前の部署に戻りたい」と感じる5つの原因とは?

「異動が辛い・前の部署に戻りたい」と感じる5つの原因とは?

「異動が辛くて仕事を辞めたい」という気持ちになるまで追い詰められている人もいるはずです。異動して新しい環境に慣れるまでは、大変な労力が必要になることでしょう。

今までのやり方が通用せず、職場の人間関係だけでなく仕事環境までがガラッと変わります。どんどんストレスが溜まり、辛い日々を過ごしている人も多いでしょう。では、具体的にはどのような原因で仕事を辞めたくなるのでしょうか?

仕事を1から覚えなければいけない

部署が変われば、仕事内容も変わります。当然のことながら、部署を異動すれば1から仕事を覚えていかなければいけません。

もちろん、仕事内容や進め方の社内教育などはあるでしょうが、今までのように仕事がスムーズにいかず、辛さを感じてしまうはずです。

特に、異動前の部署で仕事をしっかりとこなしていた人は、仕事をまた1から覚えなければいけないという現実に、心が折れてしまいそうになるかもしれません。

異動先が、「営業→企画」「総務→営業」など、まったく異なる職種へと異動になった場合、仕事内容も変わり、ほとんどのことを最初から勉強することになります。また、その職種に興味や関心がない場合、やる気やモチベーションも出にくいはずです。

そして、仕事についていけずミスばかりして上司に怒られる日々が続けば、ますます辛い気持ちが大きくなってしまうでしょう。

異動した社員に対しては、新入社員のように丁寧に教育されることもないはずです。同じ会社での異動ですから、「仕事を早く覚えなければいけない」という焦りやプレッシャーも当然出てくるでしょう。

望んでいたキャリアプランがつぶれてしまう

あなたが望んでいたキャリアプランが、異動によって台無しになってしまうこともあります。

仕事を一生懸命頑張って着実に成長していた矢先に、望まない異動を命じられたら、「なぜだ…」と悩むのも当然のことです。自分がやりたい職種で働けないことで、絶望的な気持ちを感じている人もいるでしょう。

まったく畑違いの仕事や、興味を感じられない仕事では、モチベーションを保てないかもしれません。

望まない異動がある会社では、いつまでたってもあなたのキャリアプランは希望通りにいかないでしょう。会社の都合に振り回されて、いいように使われてしまいます。

新しい人間関係がストレスに

部署が変われば人間関係も変わります。部署異動によって、新しい人間関係になかなか馴染めずに孤立してしまう人も多くいるのが現実です。

新しい異動先に、顔なじみがいれば溶け込みやすいでしょうが、あまり交流がない部署の場合は、人間関係の構築に苦労することもあります。

皆、自分自身の仕事で忙しく、新しく異動してきた人に対して構っていられない場合もありますし、あからさまに冷たい態度で接してくるケースもあります。

いずれにせよ、あなたが一生懸命、新たな同僚に馴染もうとしているにも関わらず、なかなか上手くいかない場合もあるのです。

新しい人間関係に馴染めないと、大きなストレスを感じながら働くことになってしまうでしょう。職場環境が良いかどうかは「人間関係」が大きな割合を占めていると言ってもいいはずです。

あわせて読みたい
【逃げの転職成功】転職は逃げるが勝ち?今すぐ逃げるべき職場の特徴公開!人間関係が辞める理由で1番多... 「転職は逃げ」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?今の職場に不満があっても、我慢している人は多くいます。 株式会社イー・クオーレが800人の男女を対象に行っ...

最悪な上司や先輩がいる

また、これも人間関係に含まれますが、新しい部署に最悪な上司や先輩がいると、それだけで「仕事を辞めたい」と思う原因になるでしょう。

最悪な上司や先輩というのは、すぐに怒鳴る責め立てる理不尽な要求をしてくる冷たい態度を取る無視するなど、パワハラまがいのことを平気でしてくる人のことです。

異動したばかりのあなたは、まだその部署では立場が弱い存在になります。そんなあなたに対して、上から目線でパワハラを仕掛けてくる上司や先輩は、大きなストレス元になります。

あわせて読みたい
上司が嫌いすぎて限界な場合の対処法|人間関係がストレスなら転職した方がいい? 本記事でわかること 限界になるほど嫌われる上司の特徴 上司が嫌いで限界な状態で我慢し続けるとどうなる? 嫌いな上司が限界になったときの対処方法 上司が嫌いで限界...

何度も異動がある

企業によっては、短いスパンで何度も異動が行われる場合もあります。異動先でやっと仕事を覚え、人間関係も構築できたのに、その矢先にまた異動…。

これでは、常に新人のような気持ちになり、嫌気が差してしまうのも当然と言えるでしょう。

異動が頻繁にある会社に勤めているならば、見切りをつけて転職することも考えた方がいいかもしれません。何度も異動を繰り返していると、あなたにとって必要な確固とした深いスキルが身につかないこともあります。

\将来のキャリアが崩れる前に!/

あわせて読みたい
できるだけ早く部署異動したい!異動希望が通る人の特徴や成功のポイントを徹底解説 本記事でわかること 部署異動が実現しやすい人の特徴 部署異動するメリット・デメリット 今すぐ環境を変えたい人へのおすすめ転職エージェント 早く異動したいけど、異...

異動が辛くて仕事を辞めたいときの3つの対処法

異動が辛くて仕事を辞めたいときの3つの対処法

すぐにでも辞めてしまった方が気持ちが楽になるかもしれませんが、生活のことや今後のこと、周囲の目や反応を考えると簡単には辞めることができないと感じるはずです。

では、ずっと我慢すべきなのかというと、それではストレスであなたが壊れてしまうでしょう。無理して働いて体を壊してしまったら、どうしようもありません。異動が辛い場合は、以下の対処法を考えてみてください。

上司に相談する

まず考えられる対処法は、「異動してから辛い」という現状を、なるべく早い段階で上司に相談することです。本当に辛いのですから、正直に言いましょう。

我慢して我慢してうつ病などの病気になってしまったら取り返しがつきません。

異動して早い段階から何度も相談することで、以前の部署に戻れたという人も実際にいます。また、あなたが良好に働ける部署へ再度異動してくれる場合もあるでしょう。あなたは異動が辛くて切羽詰っているのですから、なりふり構わず上司にアピールすることです。

しつこく上司に相談すれば、上司から人事に掛け合ってくれることもありますし、上司よりも上の役職の人に話をしてくれる場合もあるでしょう。昨今では、企業のコンプライアンスが重視されていますから、あなたが騒げば企業も何かしらの対応をせざるを得なくなります。

ただし、会社からの評価は低下してしまうことは避けられません。しかし、辛くて苦しいなら、莫大なストレスを抱えながら我慢すべきではありません。

腹をくくって本気で仕事に取り組んでみる

異動が辛くても、実際にはなかなか辞めることができないという状況の人もいるでしょう。家族を養っている、子供の学費がかかる、辞めたら生活できない…など、経済的な事情で辞められない人が多いと思います。

辞めたいのに辞めることができないのなら、異動先の部署で腹を括るしかありません。「異動は辛い…が、やるしかない」と開き直って、仕事に本気で取り組んでみれば、何かしらの道が開けてくることもあります。

辛い現実と向き合うことも、社会人としてのあり方なのかもしれません。

以前の部署で活躍していた人なら、異動によって仕事がうまくいかなくなってしまったギャップに苦しむことがあります。仕事は出来て当たり前の状態から、一気に「新人」に戻ったのですから無理もないでしょう。

「できないものはできない」「できなくて当たり前」と、できない自分を受け入れることができれば、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

しかし、そうは言っても、やりたくない仕事や、人間関係、嫌な上司など、さまざまな原因で「辛いものは辛い!」「もう無理だ…!」と感じている人もいるはずです。

転職する

転職活動を始めてみれば、今の会社以外にも生きる道があるのだということを実感できるでしょう。あなたが不満を抱えながら苦しんでいるならば、思い切って転職することも1つの手段です。

あなたは「転職」に対してどのようなイメージを抱いているでしょうか?

「転職は逃げ」だと捉えているならば、それは間違いです。転職は逃げではなく、現状を打破する前向きな行動と言えます。今の部署で我慢して働き続けて、あなたが生き生きと働ける可能性は低いでしょう。

異動先の仕事があなたに向いていない、合っていない場合、自分自身を活かすことができません。本当は仕事ができるのに、「仕事ができない」とレッテルを貼られることもあります。

再び人事異動が行われるまで待つという方法よりも、自分から転職先をしっかりと吟味して転職する方が、よほど有益なはずです。あなたに転職の意思があるのなら、年齢は関係ありません。

転職エージェントを活用することで、あなたにあった企業が見つかるはずです。また、あなたの現在の市場価値も分かりますから利用することをおすすめします。

\豊富な求人数と転職実績!/

異動をきっかけに退職を検討している人は「異動がきっかけで退職するのはあり?」という記事で詳しく解説しているのでぜひ見てみてください。

異動先が合わなくて戻りたい場合どうすればいい?

異動先が合わなくて戻りたい場合は、まず上司に伝えるしかありません。

伝え方を間違えると今後の評価に悪影響があるので、しっかりポイントを押さえましょう。

自己中心的な理由は避ける

異動先が自分に合わず戻りたいことを上司に相談する際は、自己中心的な理由を伝えるのは避けてください。

「〇〇さんと合わないから戻りたい」「仕事がつまらないから戻りたい」という理由では、上司に快く受け入れてもらえません。

社会人が取る態度としては不正解であり、今後の評価を大きく落としてしまう可能性があります。

基本的に自己中心的な理由で元の部署に戻ることを希望すると、適応力がない人だと捉えられるため注意が必要です。

また、元の部署に戻りたいがために、不服な気持ちを態度に表すこともおすすめしません。

異動先が合わずに元の部署に戻りたいなら、自己中心的に考えず「今の職場に馴染めずに悩んでいる」という切り口で上司に相談してみましょう。

頑張った上で前の部署へ戻りたいと伝える

異動先が合わずに悩んでいるなら、今の職場で頑張った上で前の部署に戻りたいと伝えることが大切です。

異動してすぐに「合わないから戻りたい」と言われても、上司からすると「まだわからない」となります。実際すぐに合うか合わないかはわからないため、判断するのは3ヶ月働いてからでも遅くありません。

そのため、異動してすぐの印象だけで判断せず、しっかりと仕事に取り組んだ上で適性を見極めることが大切です。

あなたが新しい部署で努力して「合わないから戻りたい」と言うならば、上司も納得して受け入れてくれるでしょう。

そのため、今の部署が合わないと感じていても、精一杯の努力をしてから上司に伝えるようにしてください。

戻れないなら退職するという覚悟があれば上司に伝える

どうしても前の部署に戻りたいのであれば、「戻れないなら退職する」と伝えてしまうのもひとつの方法です。

会社の状況によっては、辞められるなら前の部署に戻してあげるほうが良いと判断してもらえるかもしれません。

ただし、一種の脅しと取られる場合があり、上手くいかなかった際には会社にいづらくなるでしょう。また、前の部署に戻れたとしても、上司からの評価を下げてしまう可能性もあります。

退職する覚悟で前の部署に戻りたいと伝える場合は、同時に転職活動も進めておくのがおすすめです。もし上手くいかなくても、次の職場が見つかれば気まずい思いをしながら働き続けなくて済みます。

退職を覚悟して上司に伝える際は、結果がどうなっても良いように転職準備もしておきましょう。

悩む自分を卑下することはない

悩む自分を卑下することはない

望まない異動を命じられて悩んでいることに、「自分が甘い考えなのかな」「異動が原因で辞めたいと考えるなんて、馬鹿げているのかな」と、自分を卑下してしまう人もいるかもしれません。

しかし、そんな風に考える必要はまったくないのです。もちろん、異動はどこの会社でもありうることでしょう。特に、従業員の多い大企業などは、社員ひとりひとりを見るわけではなく、社内システムに則って人事異動が行われることが多いです。

ですから、必然的に「望まない異動」が生まれてきます。あなたの異動も、あなたの特性を考慮されていない可能性があるわけです。それを甘んじて受け入れるかどうかは、あなたの選択次第でしょう。

職業選択の自由は、あなたに認められた権利です。仕事が嫌なら辞めるという自由もあります。それは決して「甘い考え」でも「馬鹿げた考え」でもありません。

仮にあなたが辛い仕事を続けた場合、あなたにとってメリットはあるでしょうか。本来ならば、以前の部署で描けていた将来の展望も、異動によって実現不可能になってしまいました。

\一人で悩まずプロへ相談!/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

望まない異動がある会社は、従業員の意思を考慮してくれない会社である

望まない異動がある会社は、従業員の意思を考慮してくれない会社である

望まない異動がある会社は、従業員の意思を考慮してくれていないと言えます。ビジネス的な利益を最優先で考えているため、人事異動は従業員の気持ちではなく、すべて会社の都合で行われるのです。

そのような会社では、自分の意思よりも、会社の命令に何も言わずに従ってくれる奴隷的な人材をありがたがる傾向にあります。

たとえ望まない異動であっても、あなたが異動先の部署で真剣に頑張れば、評価されることもあるでしょう。その実績が認められれば、あなたの希望が通りやすくなる可能性も考えられます。

しかし、そうなるまでに何十年もかかるかもしれませんし、それまで今の会社で無理して働き続けたとしても、毎日苦しんで血反吐を吐くような日々を我慢しなければいけないでしょう。

あなたが望んだ将来像もキャリアも諦めることになりますし、そもそも、望まない異動がある会社があなたの希望を考慮してくれる可能性は低いと考えられます。毎回の人事異動では望まない異動が繰り返しおこなわれ、あなたはいつまでたっても辛い状況から脱することができません。

あなたが今の段階で苦悩を感じているならば、転職という方法が最善のプランになるでしょう。なぜなら、今のまま望まない異動先で仕事を続けても、状況は何も変わらないからです。思い切って決断しましょう。変化を起こすべきは「今」です。

\あなたが大事にされる会社へ!/

異動が辛くてストレスで胃潰瘍になった私の体験談

異動が辛くてストレスで胃潰瘍になった私の体験談
筆者の体験談

ここからは、私の体験談をお話します。私も望まない異動が辛くて「仕事を辞めたい」と悩んでいたひとりです。私は耕作機械を扱う会社で働いており、「設計職」として働いていました。設計がやりたくて入社した会社ですし、実際に働くととてもやりがいを感じる職種でもありました。

しかし、入社して5年目、突然上司から人事異動が発表され、私は「設計職」から「営業職」へと異動になったのです。目の前が真っ暗になりました。営業は今までやったことがなく、コミュニケーションスキルが乏しい私には向いていないと感じていた職種だからです。

「なぜ私が…」そう思い、上司に相談しましたが、「君ならやれる」「これもいい経験になる」と取り合ってくれませんでした。そのとき、「転職」も頭によぎりましたが、私は結婚したばかりですぐに転職するわけにはいかないと思い、しぶしぶ異動を受け入れたのです。

異動先では、本当に1からのやり直しで、ものすごく大変でした。毎日毎日激しく上司に怒られ、「自分には向いていない」と感じながら、必死で耐えていました。何が辛かったかというと、もう設計という好きな仕事ができないということです。

もちろん、異動を受け入れた以上は新しい部署で頑張ろうという気持ちはありました。しかし、ノルマも達成できず叱責される日々は、ストレス以外の何物でもありませんでした。「営業は向いていない」「設計職に戻りたい」と新しい上司に相談しても、「最初はそんなもんだ」「気持ちで負けている」という言葉だけ…。

出社するのも嫌になり、朝は重たい体を引きずるように出勤していました。そして、異動から半年経ったある日のこと、気分が悪くなったと思ったら、突然吐血しました。腹部に激痛が走り、立っていられない状態になりました。汗が吹き出して止まりません。息も絶え絶え、タクシーを呼んで病院に駆け込むと、「急性胃潰瘍で2週間の入院」となりました…。

胃潰瘍の治療内容はここでは割愛しますが、治療を受けながらも、私は自分の将来のことを真剣に考えていました。病院の白い天井を見つめながら「このままでいいのか…」とつぶやきました。

妻にも相談し、結果的に私は仕事を辞めて転職する道を選びました。好きな設計職がずっとできる会社に転職することにしたのです。

幸い、マイナビジョブ20’sを介して希望の会社が見つかり(とてもスムーズでした)、今では設計の仕事をバリバリしています。あの時の決断は間違っていなかったと思いますし、望まない異動で苦しんでいる人は、真剣に転職を考えてみてください。

もちろん安易な転職は勧めませんが、あなたが異動先の仕事が辛くてどうしようもないのなら、転職した方が幸せになれる可能性があります。転職先には、入社の際に、「今後もずっと設計職でやっていきたい」という希望を強く伝えました。その希望を飲んで、私を採用してくれた企業に今は勤めています。

現在、あなたが異動した部署から前の部署に戻れる可能性がないのならば、転職して希望の職種に戻ったほうが早いですし、キャリアアップも図れるはずです。私の場合、年収もアップし、待遇も上がりました。私も、あなたと同じように「仕事を辞めたい…」と悩んでいたひとりです。

結果的に胃潰瘍になるまで我慢してしまったわけですが、私のように入院する前に、まずは転職エージェントに相談だけでもしてみてください。重要なのは、早い決断だと思います。転職エージェントに相談することで、「転職」という新たな道の可能性が開けてくるからです。

\一人で悩まずプロへ相談!/

まとめ:部署異動で辞めたいなら一人で悩む前に相談!

ここまで、異動が辛いと感じる原因、仕事を辞めたい時の対処法、私自身の転職体験談をお伝えしました。

あなたがどれだけ部署異動で苦しみ、前の部署に戻りたくても、その望みが叶うことはほとんど不可能です。

部署異動がどうしても辛くて、仕事を辞めたいなら、今すぐに転職エージェントに相談しましょう。おすすめはマイナビエージェントです。

一人で悩んでいても、あなた自身がつらい状況は何も変わりません。

あなたがストレスで潰れてしまう前に、いま少し勇気を出して動いてみるのがおすすめです!

\一人で悩まずプロへ相談!/

>>40代以上におすすめの転職エージェントはこちら

おすすめランキングTOP3
No.1リクルートエージェントロゴ
リクルートエージェント
公式HPを見る
No.2ビズリーチロゴ
ビズリーチ
公式HPを見る
No.3マイナビジョブ20’sロゴ
マイナビジョブ20’s
公式HPを見る
あわせて読みたい
「仕事が嫌すぎる」と悩む人は多い!涙・吐き気がする場合の対処方法を紹介 仕事が嫌すぎるという理由で、毎日ストレスを感じていませんか?合わない職場環境に身を置き続けると、モチベーションが上がらず成果も出せません。 深刻な場合、適応障...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ