MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

リクルートからの代表的な転職先は?転職で年収UPを狙いやすい理由や後悔しない転職のポイントも紹介

リクルートからの転職は、ハイクラスな転職先が狙えます。

その理由は常に成長できる労働環境であり、企業のブランド力や知名度が高いため転職市場で高く評価されているからです。

そんなリクルート社員のハイクラスな転職に強い味方となるのが「JACリクルートメント」です。外資系に強く、ハイクラスな求人が多数あるため年収アップが狙えます。

本記事でわかること
  • リクルートからの転職を考える背景
  • 代表的な転職先と業界
  • リクルート社員が転職で年収UPを狙いやすい理由
  • 転職で後悔しないためのポイント

JACリクルートメント」は企業を熟知したプロのコンサルタントが、無料であなたを内定までサポートします。あらゆる業種・職種のハイクラスな求人を見つけられます。

\年収UPが狙いやすい/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

リクルートからの転職を考える背景

リクルートからの転職を考える背景

ここではリクルートの社員が転職を考える背景を紹介します。理由は以下のとおりです。

リクルートでこれ以上の出世は難しいと考えた

転職を考える背景としてリクルートで働いている人は優秀な人材が多く、その中で勝ち残るのは難しいと考えるからです。

リクルートで出世する人の主な特徴は「仕事に対するスタンスが良い」「視座が高い」「目の前の仕事に全力を尽くせる」などがあげられます。これらの要素を満たしていない人材は出世が厳しいのが現状です。

もしあなたが出世する人の特徴を満たしている優秀な人材でも、他の社員も優秀な人が多いため、運悪く出世競争に敗れてしまうこともあります。

あわせて読みたい
出世できないとわかったら取るべき行動を紹介|出世できない主な原因についても解説 「成果を出しても出世できない」とわかっている方は多いのではないでしょうか。年功序列で出世できなかったり、上司の好き嫌いで出世ができなかったりすると、まったく...

目標達成意識の強い社風が合わないと感じた

転職を考える背景は目標達成意識の強い社風が合わないと感じたからです。

リクルートは成果主義であるため、目標達成意識が強いのが特徴です。そのため激務や長時間労働が強いられる場面もあり、ついていけないと感じてしまう人もいます。

一方で成長意欲が高く、激務でも受け入れられる人にとっては、刺激のある良い環境です。

20代などの若いうちは野心や体力もあり、乗り越えられていましたが、30代を迎えたあたりからプライベートとのバランスを考えて、社風が段々と合わなくなる人もいるようです。

もともと30代のうちに転職を計画していた

リクルート社員の転職背景は、もともと30代のうちに転職を計画していた人もいます。

入社する前から自分のキャリアプランを考えており「30代になったら転職をする」とゴールを決めて入社する人も少なくありません。

転職する場合は年齢制限は設けられていませんが、20代や30代などの若い年代のほうが有利なことも事実です。

そのため20代の若いうちは激務であるリクルートで自分を鍛えて、30代になったときに有利に転職を進められる状況を作っておくと計画している人も多くいます。

あわせて読みたい
30代のハイクラスにおすすめの転職エージェント・サイト9選|ミドルクラスの転職は難しい? 30代でハイクラス転職を希望していても、難易度が高そうで不安と言う声をよく聞きます。 確かに30代で転職を成功させるには、マネジメントスキルがあったり専門性が高か...

NEW RINGへの挑戦で起業に向いていないと悟った

転職を考える背景は、NEW RINGへの挑戦で起業に向いていないと悟ったからです。

NEW RINGとは、リクルート社員が新規事業を創造するシステムです。会社で働きながら起業を体験してみる、新しい試みだといえます。

そんなNEW RINGはさまざまな新規事業を生み出しており、「ゼクシィ」「ホットペッパー」「受験サプリ」などがあります。

輝かしい成績を上げる人がいる一方で、NEW RINGに挑戦した結果、自分は起業に向かないと感じ、他の企業に転職しようと考える人もいるのが現状です。

リクルートからの代表的な転職先と業界

リクルートからの代表的な転職先と業界

ここからはリクルートからの代表的な転職先と業界を紹介します。

IT系メガベンチャーや創業直後のスタートアップ

リクルートからの代表的な転職先は、IT系メガベンチャーや創業直後のスタートアップです。

NEW RINGを経験して、新規事業に興味を持った人がこのような業界への転職が多い傾向にあります。

主なIT系メガベンチャー企業
  • Google
  • Yahoo
  • 楽天
  • メルカリ
  • ソフトバンク

ただし懸念点は、リクルート同様に50代以降でのキャリアが考えにくい点です。50代を超えると転職も厳しくなるため、その前に再び転職する可能性が高くなることを考えておきましょう。

また創業直後のスタートアップ企業へ転職する人も多くいます。

スタートアップ企業は、まだ小さな会社なので、今後の企業運営において不安定さがあります。このような業界を選ぶ場合は、転職先の会社がうまくいかない可能性を頭に入れておきましょう。

あわせて読みたい
IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト11選! IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも飛びぬけて高い数値をつけています。※2021年7月...
あわせて読みたい
IT営業はいらない?将来性がない、やめとけ、きついと言われる理由を解説【IT営業からの転職を成功させ... IT営業は情報システムやサービスを提供・販売する職種ですが、時々「IT営業はいらない」「将来性がない」などと言われることがあります。 中にはIT営業に興味があるもの...

担当領域のノウハウを生かせる老舗大手企業

リクルートからの代表的な転職先は、担当領域のノウハウを生かせる老舗大手企業です。

既存の大手企業に転職する場合は、これまでの経験を生かせるところを選ぶ傾向にあります。

リクルート時代に、人材領域担当であれば大手企業の人事コンサルタント、住宅領域であれば不動産会社の営業を選ぶ人が多いです。

リクルート社員が選ぶ主な老舗大手企業は以下のとおりです。

主な老舗大手企業
  • 電通
  • 博報堂
  • 三井不動産
  • 三菱重工業
  • 富士ゼロックス

老舗大手企業には、事業スケールの大きさや企業として地盤が固まっている安心感が魅力があります。

あわせて読みたい
【転職失敗?】大手企業から転職はしない方がいい?大手企業から転職した方がいい人の特徴を紹介 大企業に勤めている人は、不満があっても転職を躊躇する傾向にあります。大企業には安定した雇用・給与などのメリットがあるため、転職に対して不安を抱くかもしれませ...

リクルートのカルチャーを生かした起業・独立

退職後の進路は、リクルートのカルチャーを生かした起業・独立をする人もいます。

理由として、リクルートのカルチャーは新規事業と親和性が高いからです。

リクルートの社員はコミュニケーション能力が高く、目的や目標を明確にし言語化し共有できる人が多くいます。

またNEW RINGを通じてアイデアを形にしてプレゼンする能力や資金を集める能力、仲間を募るスキルが磨かれることなどが要因だといえます。

退職後の進路として、起業・独立を選ぶ人の絶対数が多いわけではありません。しかし他の企業と比較すると多い傾向にあります。

あわせて読みたい
40代におすすめのキャリアコーチング4選|転職や起業することに悩んでいる人におすすめ! 「自分に合う転職先が見つからない…」「今の職場にい続けていいのかわからない…」とお悩みの方いらっしゃいませんか? ただ「40代だから今さらキャリア相談なんて…」と...

リクルート社員が転職で年収UPを狙いやすい理由

リクルート社員が転職で年収UPを狙いやすい理由

ここからはリクルート社員が転職で年収UPを狙いやすい理由について紹介します。主な理由は以下の3つです。

常に成長できる労働環境に置かれていたから

転職で年収UPを狙いやすい理由は、常に成長できる労働環境に置かれていたからです。

リクルートにはフレッシュな成長意欲にあふれた若い人材が、裁量権を持って仕事ができる環境があります。

そのため飛躍的な成長を求めて海外勤務や外資系企業へ転職を希望し、結果的に年収UPにつなげる人が多いです。

また激務やNEW RINGを経験したことにより、ビジネスにおける基礎体力が高い傾向にあるのも理由の1つです。

管理職など責任ある立場を若いうちから経験できるから

転職で年収UPを狙いやすい理由は、管理職など責任ある立場を若いうちから経験できるからです。

有価証券報告書の情報によるとリクルート勤務者の平均年齢は38.9歳で、上場企業の平均年齢41.4歳よりも2.5歳若いです。

企業全体として若い人が多いため、若いうちから責任あるポジションを任される傾向にあります。

したがって転職市場において、同年代の他の企業出身者に比べると評価が高いです。

参照:リクルート有価証券報告書
参照:東京商工リサーチ

あわせて読みたい
管理職の転職が難しい?成功させるためにおすすめの転職エージェント7選を紹介 本記事でわかること 管理職への転職が難しい4つの理由 管理職転職のポイントや注意点 管理職転職におすすめのサイト・エージェント 管理職への転職は狭き門であり、難易...

知名度やブランド力の高い企業だから

転職で年収UPを狙いやすい理由は、知名度やブランド力の高い企業だからです。

リクルートには信頼性と堅実さという組織イメージ・ブランドがあります。理由として、誰でも知っているような有名で使いやすいサービスが多いため、信頼性が高まります。

よって転職時に有名なサービスに携わっていると、アピールポイントとして使いやすいです。

主なリクルートのサービス
  • リクナビ
  • ゼクシィ
  • SUUMO
  • じゃらん
  • スタディサプリ

リクルートからの転職で後悔しないためのポイント

リクルートからの転職で後悔しないためのポイント

ここからはリクルートからの転職で後悔しないためのポイントを紹介します。

転職で年収UPが狙いやすいといっても、失敗してしまった方も少なからずいます。転職で後悔しないためのポイントは以下の3つです。

転職理由や転職先に求める条件などを洗い出す

転職で後悔しないためのポイントは、転職理由や転職先に求める条件などを洗い出すことです。

転職理由を明確化することは中途採用を受けたり、キャリアプランを考えたりするうえで必須です。あなたがリクルートのどういったところに、不満や物足りなさを感じて転職に至ったのかを洗い出しましょう。

また転職先に求める条件は、企業選びをするうえで効果的に働きます。

企業への共感や仕事内容の魅力、社風、福利厚生、勤務条件、研修制度の充実などの観点で優先順位をつけて、自分がどこに重きをおいているのか理解することが大切です。

あわせて読みたい
20代のキャリアプランが思いつかない!20代ならではのキャリアに関する悩みの解決方法を紹介 本記事でわかること 20代が抱えるキャリアに関する3つの悩み 20代で考えられるキャリアプラン3選 20代におすすめのキャリアコーチング・転職エージェント 「やりたいこ...

転職活動は在職中に進める

転職で後悔しないためのポイントは、転職活動を在職中に進めることです。

在籍中の転職活動を行うのはハードですが、退職してから転職活動を始めると無職の期間ができてしまいます。そのため一定の期間収入がなくなってしまうリスクがあるので注意しましょう。

また収入がなくなるリスクによって、焦りを感じてしまい自分の転職における軸がズレてしまったり妥協したりして、入社後にミスマッチが生じるおそれがあります。

したがって、多少無理をしても在職中に転職活動を行うことで、ミスマッチが起こりにくい良い転職に繋がります。

英語力や分析的思考力を身につける

転職で後悔しないためのポイントは、英語力や分析的思考力を身につけることです。

英語力や分析的思考力はリクルートからの転職で成功するために大切な能力です。具体的な英語力はTOEIC900点以上や英語で日常会話や面接に対応できる程度のレベルを身につけておくと転職に有利に働きます。

また分析的思考力とは、与えられたデータから問題や現状を洗い出し、正確な対応策を考え出す能力です。

英語力や分析的思考力が優れていることは、どの企業においても優秀な人材と判断される可能性は高いです。

リクルートから転職する際におすすめの転職エージェント・サイト

ここからはリクルートから転職する際におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

おすすめな転職エージェント・サイト

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 年収800万円以上のハイクラスな求人が多数
  • 外資系やグローバル企業への転職サポート実績国内No.1
  • コンサルタントによる転職サポートの質が高い

JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職サポート実績が国内No.1の転職エージェントです。

また年収800万円以上のハイクラス求人を多数取り揃えているため、自身のスキルを最大限発揮し、リクルートからの転職で年収アップが狙えます。

さらにJACリクルートメントでは約800名のコンサルタントの中から指定の領域に強い方を希望可能です。よってあなたが希望する業界に強いコンサルタントを指定することで条件に合った求人への転職成功確率も上がります。

▼JACリクルートメントの口コミ

スクロールできます
Review Image
hamham
経験値が高い人向けです
職務経歴が充実していれば【あり】です。 逆の場合、紹介すらしてもらえないでしょう。 転職5回、年齢45歳、プラントエンジ一筋の経歴で1ヶ月少々で転職出来ました。 ここは、企業側と求職者側の担当者が同じなのでニーズの乖離が少なかった感じがします。また、各担当者間で情報を共有しているため紹介数が多い。書類通過率は他エージェントと比べて高かったです。
Review Image
かかお
外資系の内情に強い
コンサルタントが元外資系で働いていたこともあって、外資の内情に詳しかったです。話がすぐ通じたのでストレスなく話を進められました。求人数が思ったより少なく感じたのは期待しすぎたせいでしょうか。少しがっかりでした。

引用:みん評

\外資系に強い/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • 優秀なヘッドハンターが在籍
  • ハイクラスな求人に出会える可能性大
  • 待っているだけで転職できる

ビズリーチはハイクラスな求人を多数取り揃えているため、年収アップを狙っている人におすすめの転職サイトです。

ヘッドハンターが5,500人在籍しており、待っているだけでスカウトから連絡がくる場合があるため、リクルートに在籍しながらも良い求人先を見つけられます。

またビズリーチでは企業やヘッドハンターが登録者の職務経歴書を見て「スカウトしたい人材」かを判断するため、ミスマッチが起こりにくいです。

▼ビズリーチの口コミ

スクロールできます
Review Image
長篠
キャリアを活かした求人に出会えました
私が転職を考える際に重視したのが、管理職としてのキャリアです。転職をしたいけれどこれまでのキャリアを無駄にはしたくないと言うのが、本音でした。 その中で管理職の求人に強い転職サイトとして見つけたのがビズリーチでした。管理職の経験やキャリアを活かせる求人が多く揃っていたので、しっかりと吟味をして選ぶ事が出来ました。 応募から面接、採用までの流れも分かりやすかったですし、スピーディーだったのでとても良い転職活動だった印象です。
Review Image
まゆみ
自分が探している仕事が見つけやすい
ハイクラス求人への転職を検討している際に、広告をFacebookで見かけたので、登録しました。 他社の紹介サービスも活用していましたが、年収800万以上の求人数が圧倒的でした。ハイクラス求人に特化されていることもあり、サポートの方からも、多くのノウハウを教えて頂きました。 30代での転職は非常に悩みましたが、ビズリーチと出会えたことで、転職の踏ん切りがつきました。初めての事で戸惑うことばかりでしたが、最後までアドバイスを下さり、感謝しています。 ありがとうございました。

引用:みん評

\ハイクラスな求人多数/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

リクルートからの転職希望者からよくある質問

リクルートからの転職希望者からよくある質問

ここからはリクルートからの転職希望者からよくある質問を紹介します。

よくある質問は以下のとおりです。

リクルートから転職する最適なタイミングは?

リクルートから転職する最適なタイミングは20代の場合、最低3年の就労経験を積んでから転職することが大切です。

理由は、なにかしらのパフォーマンスが発揮されており、転職活動においてアピールポイントにできるからです。

30代での転職の場合は、マネジメントを経験できたタイミングが最適だといえます。リクルートは若いうちから管理職を経験できるため、転職において強みとなります。

あわせて読みたい
【限界】3年で仕事に飽きた時の対処法とは?|3年で仕事に飽きる原因と、そのまま続けるリスクを紹介 本記事でわかること 3年で仕事に飽きた時の対処法 3年で仕事に飽きる原因 3年で仕事に飽きたまま仕事を続けるリスク 3年で会社を辞めても良い人 仕事を始めて3年にもな...

契約社員からの転職でも年収UPは狙える?

契約社員からの転職でも、年収UPは狙えます。

リクルートでは契約社員と正社員の仕事の内容や量は変わりません。正社員と同じ経験をしているので、転職市場において評価が高い人材として扱われる可能性は高いです。

したがって契約社員であっても、転職活動で不利になることはありません。

リクルート出身の有名人は?

リクルート出身の有名人は以下のとおりです。

リクルート出身の有名人
  • くらた まなぶさん:ゼクシィやじゃらんなど14の情報誌を創刊
  • 加藤 貴博さん:株式会社ジモティーの創業者
  • 村井 満さん:2014年に5代目Jリーグチェアマンに就任
  • 藤原 和博さん:東京都では初の民間人校長に就任
  • 田端 信太郎さん:ビジネス系YouTuber

リクルートの離職率は?

1年間で約7%程度と、日本企業の平均離職率15%程度と比べて低いです。

リクルートの2018年4月入社の社員数が398名であり、2021年3月31日時点で離職者は78名でした。この結果は3年間の離職率は約20%と表せます。

リクルートの退職金はいくら?

リクルートの退職金は勤続年数によって異なります。詳細は以下のとおりです。

勤続年数退職金
6ヶ月超〜1年6ヶ月未満20万円
1年6ヶ月以上〜3年6ヶ月未満40万円
3年6ヶ月以上〜100万円

リクルートからの転職先を探すなら転職エージェントを活用

リクルートでは成長意欲の高い社員に囲まれて働ける環境だったり、NEW RINGのように新規事業の立ち上げや起業体験ができたりと成長できる環境があります。

そのため自身のスキルや経験値が上がり、転職市場において価値の高い人材になります。

そんな価値の高いあなたの転職成功確率を上げるには、JACリクルートメントの利用がおすすめです。

JACリクルートメントはハイクラスな求人を多数取り揃えており、約800名のコンサルタントがそれぞれ得意な業界を持っています。

よって希望する業界に強いコンサルタントと転職を進めることで、条件に合ったハイクラスな転職が見つかりやすくなります。

\年収UPをサポート/

ハイクラス・外資系向け転職エージェント
ハイクラス向けの記事

[転職難易度]

[主な転職先]

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ