MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

アクセンチュアの第二新卒採用の難易度は高い?未経験でも転職できる?選考フローや給与も解説

本記事でわかること
  • アクセンチュアの会社概要・事業内容
  • アクセンチュアの第二新卒採用の転職難易度
  • アクセンチュアの選考を通過するコツ

アクセンチュア株式会社は、第二新卒の採用にも力を入れている人気企業の1つです。そのため、第二新卒で入社したいという方が非常に多く、難易度は高いと言われています。

アクセンチュアへの転職を本気で目指すなら、転職エージェントのサポートを受けて選考に臨みましょう。なかでもコンサル業界への転職に特化した『MyVision』がおすすめです。

MyVisionはアクセンチュア出身のエージェントが多数在籍しており、各部門ごとにどのような人材が活躍しているかなどの情報を熟知しているため、大手の一般エージェントと比べてアクセンチュアへの内定率がとても高いサービスです。

直接応募するのもよいですが、アクセンチュアの転職事情を知り尽くしたプロにサポートを受けた上で挑戦するほうが内定する確率は高くなるため、ぜひ利用しましょう!

\ アクセンチュア出身のエージェントが多数在籍/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

アクセンチュアとは?

アクセンチュアとは?

アクセンチュア株式会社は、アイルランドを本拠地とする世界有数の総合コンサルティング企業です。

コンサルティング業界の世界市場シェア1位を誇っており、日本のみならず世界的な知名度を誇ります。

ITコンサルティングを業務の主軸としており、どのような業界の顧客に対してもテクノロジーを最大限に活かしたビジネス支援を行なえるのが強みです。

出典:コンサルティング業界の世界市場シェアの分析

仕事内容

さまざまな面からアプローチすることで顧客の課題解決を目指すのがアクセンチュアの主な仕事内容です。

具体的には以下のような業務を行っています。

アクセンチュアの主な業務
  • 経営戦略・マーケティング戦略の立案
  • システム開発・運用保守
  • データ分析
  • DX化による業務改善
あわせて読みたい
未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法!中途採用の動向や転職に必要なスキルを解説 データアナリストは転職難易度が高い業界です。しかし平均年収が高くやりがいもあり、ハイクラスな転職先として人気があります。 難易度の高いデータアナリスト業界へ転...

アクセンチュアの第二新卒採用の難易度は高い?

アクセンチュアの第二新卒採用の難易度は高い?

結論、アクセンチュアへの第二新卒採用の難易度はかなり高いです。基本的にコンサルティング業界では総じて高いスキルや豊富な経験を求められます。

中でもアクセンチュアは世界トップクラスのコンサルティング企業であり、より高度な能力を持つ方でなければ選考を通過するのは困難です。

ただし、アクセンチュアでは積極的に採用活動を行っているため、入念に対策を行えば入社できるチャンスも0ではありません。

アクセンチュアに第二新卒採用での入社を狙っている方は、まず倍率や応募条件などをしっかりと理解しておきましょう。

第二新卒採用の倍率と人数

アクセンチュアでは第二新卒採用の倍率について公表していません。

しかし、アクセンチュアは就活の人気企業ではトップ10、転職ではトップ50にランクインするほどの企業です。当然、第二新卒採用でもかなり人気が高いと想定されます。

そのため、アクセンチュアの第二新卒採用の応募する方は多く、倍率はかなり高いです。

ただし、倍率は職種や採用人数によって大きく変動するので、倍率が高いからといって諦める必要はありません。

出典:転職人気企業ランキング2022<総合>

倍率が高いと言われていますが、MyVisonを利用することで内定率は格段にあがります。MyVisionはアクセンチュア出身のエージェントが多数在籍しており、直接応募するよりも格段に内定確率を上げられます。

全て無料でサポートしてもらえるため、まずは登録して採用について話を聞いてみることをおすすめします。

\ アクセンチュア出身のエージェントが多数在籍/

学歴により第二新卒採用の難易度は変わる?

基本的にどのような学歴でもアクセンチュアの第二新卒採用の難易度は変わりません。学歴ではなく、あなたがどのようなスキルや経験を持っているかを重視しているからです。

学歴に自信がない場合でも、入社後に活躍できる人材であることをアピールできれば選考突破を狙えます。

一方でどれだけ学歴が高くても、アクセンチュアに合わないと評価された場合は落とされてしまうので注意してください。

第二新卒採用の応募条件

アクセンチュアの公式サイトでは、第二新卒採用の対象は「社会人経験が半年以上4年未満の方」と記載されています。

上記以外の条件は設けられていないため、社会人経験の年数が当てはまっていれば応募可能です。

なお、社会人経験が4年以上かつIT未経験の方には「キャリアチェンジ採用」を設けています。

キャリアチェンジ採用は、異業界からのキャリアチェンジに挑戦できる制度です。第二新卒採用で入社した場合は、新卒採用で入社した方と同様の研修を受けられます!

第二新卒採用の募集職種

アクセンチュアの第二新卒採用では、「ビジネスコンサルタント」と「ソリューション・エンジニア」という2つの職種を募集しています。

ビジネスコンサルタントは、先端のテクノロジーを活用することで顧客の課題解決を目指す職種です。一般的にアクセンチュアのコンサルタントとしてイメージしやすい職種といえます。

ソリューション・エンジニアは、IT戦略をもとにさまざまな技術を組み合わせて高品質なシステムを構築する職種です。エンジニアとして顧客の課題解決に向き合いたい方は、ソリューション・エンジニアに応募しましょう。

アクセンチュアの第二新卒入社希望が増えている理由

アクセンチュアの第二新卒入社希望が増えているのは、業界・職種未経験の採用を強化しているからです。アクセンチュアは「人材こそが資産」という考え方のもと、ポテンシャル重視の採用を強化しています。

応募倍率は高く入社難易度は高いですが、スキルや経験がないからといって諦める必要はありません。前職で得たスキル・経験をアピールして内定獲得を目指しましょう。

さらに、アクセンチュアでは入社後の研修にも力を注いでおり、充実した独自のトレーニング制度により短期間でプロフェッショナルへと成長できます。

第二新卒でアクセンチュアに転職するメリット

第二新卒でアクセンチュアに転職するメリットは次の通りです。

転職難易度は高いですが、魅力は多いのでメリットを享受したい人はチャレンジしてみましょう。

年収アップが目指せる

アクセンチュアの平均年収は約1,000万円ほどと推察され、1年目でも400万円を超えます。外資系コンサルティング会社としては平均的ですが、平均年収が500万~800万円である日本国内のコンサルティング会社と比較するとかなり多いと言えます。

ただし、日系企業とは違い実力主義で、常に結果を求められることも忘れてはいけません。

忙しい反面、結果を残せれば年収はどんどん上がっていくのも外資系コンサルティング会社の魅力です。

学歴関係なく活躍しやすい環境がある

アクセンチュアの選考では、学歴フィルターはありません。すべての人材がポテンシャル重視で採用されるため、学歴に自信がなくてもチャレンジできます。

また、入社後も学歴関係なく実力主義で活躍しやすい環境があるので、自分が成長すればするほど結果はついてきます。

結果を出せれば若いうちに昇給・昇格を果たすことができ、年収1,000万円も可能です。さらに、身につけたスキルを活かして転職・独立すればさらに収入は増えるでしょう。

新卒と同様の研修が受けられる

アクセンチュアに第二新卒で入社すれば、新卒と同様の研修が受けられます。研修期間は約1ヶ月です。

アクセンチュアでは異業種からの転職者が多いため、手厚い研修メニューを設けています。そのため、コンサルティング業界未経験でも、独自の研修でいち早くプロフェッショナルなコンサルタントを目指せるので安心です。

プロジェクトの疑似体験もできるので、より実践的なスキルが早い段階で身に付きます。

アクセンチュアの第二新卒採用に通過しやすい人

アクセンチュアの第二新卒採用に通過しやすい人

アクセンチュアの第二新卒採用に通過しやすい人は、以下のような方です。

それぞれの特徴について詳しく解説するので、当てはまる人はぜひ応募してみましょう。

常に新しいことを学び続ける意欲のある方

コンサルタントという職種は、その道のスペシャリストでなくてはなりません。そのため、知識量はもちろんのこと、常に新しいことを学び続ける必要があります。

時には、業務時間外に個人で勉強する時間も必要になるでしょう。それでも学び続けることが苦にならない、新しいことに興味がある人には適性があります。

デジタルやテクノロジーに興味関心がある方

アクセンチュアは、高い技術力を活かしたITコンサルティングを強みとしています。

そのため、デジタルやテクノロジーに興味関心があり、常に新しいことを学び続ける意欲のある方は選考を通過できる可能性が高いです。

IT業界では常に技術が進歩し続けており、日々新しい製品や技術が発表されています。コンサルタントを目指すなら、知識を常にアップデートしておかなければなりません。

選考では、勤勉さをアピールできるエピソードや現在気になっているIT技術について話すと良いでしょう。

高いコミュニケーション能力を持っている方

コンサルタントの業務内容は、顧客にヒアリングをおこない、現状分析と情報収集、課題解決のための提案です。そのため、人と話す機会が多く、コミュニケーション能力は必須です。

また、コンサルタントはもちろんのこと、エンジニアを目指している場合でも高いコミュニケーション能力が求められます。

アクセンチュアでは基本的にはチームとして活動し、さまざまな分野のプロが集結することでパフォーマンスを最大限発揮することを目指しているからです。

アクセンチュアの第二新卒採用の選考内容

アクセンチュアの第二新卒採用の選考内容

ここからは、アクセンチュアの第二新卒採用の選考内容や通過するコツについて解説します。

選考フロー

アクセンチュアの第二新卒採用の試験内容・選考フローは以下の通りです。

STEP
プレエントリー

公式HPのエントリーフォームから基本情報やアンケートに回答します。

STEP
本エントリー(書類選考+適性テスト)

本エントリー後に書類選考と適正テストが行われます。

STEP
個人面談

個人面談は複数回行われ、中にはケース面接もあります。

STEP
オファー(内定通知)

複数回の面談を通過すれば晴れて内定となります。

アクセンチュアの選考では、まず書類選考と適正テストを受けます。

適正テストは慣れれば通過する確率を大幅に高められるので、入念に対策しておきましょう。書類選考と適性テストに通過した後は、複数回の個人面談が行われます。

ここではコンサルティング業界でよく行われているケース面接もあるので、一人で対策することはおすすめできません。

コンサルティング企業への実績が豊富な転職エージェントに相談して、納得がいくまで練習に付き合ってもらいましょう。

ES・書類選考に通過するコツはプロにチェックしてもらうこと

アクセンチュアのES・書類選考に通過する何よりのコツは、転職のプロにチェックしてもらうことです。

一人で対策していては客観的な目線が入らないので、自分のES・応募書類の出来が良いのかどうかがなかなか判断できません。

コンサルティング業界への転職に強いエージェントに相談すれば、プロのアドバイザーが客観的にチェックしてくれます。

もちろん改善すべき点がある場合は実践的なアドバイスをもらえるので、まずは一度相談してみましょう。

個人面談・ケース面接対策のコツはケース問題に慣れること

アクセンチュアの個人面談を突破するコツは、ケース面接に慣れておくことです。

アクセンチュアを含むコンサルティング企業の選考では、ケース面接が行われることがよくあります。

ケース面接とは、面接官から出された課題に対して一定の時間内に解決方法を回答する面接です。

ケース面接を突破するためには、ロジカルシンキングやフェルミ推定といった独特な考え方・手法を身につける必要があります。

そのため、まずは多くの例題に挑戦してケース問題の解き方に慣れておくことが重要です。ケース面接では実際にありそうなビジネス上の課題を投げかけて、コンサルタントとして活躍できる素養があるかどうかをチェックしています。

最終面接対策のコツは他社からの評価をアピールすること

最終面接ではあなたについて見極めるというよりも、最終的なチェックと入社条件の擦り合わせが行われることが多いです。

そのため、より良い条件で入社するには他社からの評価をアピールしましょう。

会社としては、最終面接まで選考を突破してきた人材は出来る限り採用したいと考えています。

他社から高い評価を受けていることをアピールすれば、自社に引き止めるためにより良い条件を提示してもらえる可能性があります。

第二新卒採用の面接体験談

ここではアクセンチュアの第二新卒採用の面接体験談を紹介します。

体験談をもとにどのように面接対策すべきかを考えましょう。

個人的な感想ですが「なぜ今の会社ではダメなのか?」というところのロジックが弱かったと思います。ちゃんと自分が望むキャリアが今の会社では実現できないこと、アクセンチュアだからこそ実現できることを転職希望としてストーリーを作っておくべきだったと思いました。
引用:アクセンチュア第二新卒の面接に落ちた体験談

求人内容をしっかりと見ておくべきだと思いました。なんとなく応募したら書類選考が通過してしまい、面接に伺いましたが志望理由や実現したいキャリアが先方が期待している職務内容と全然かみ合わずに早々に面接を終えてしまいました。
その場で結果は言われませんでしたが案の定、後日、お祈りの御連絡をいただきました。
すごく求人が出ているので気楽な気持ちで受けてしまいましたが、やはり面接を受ける前に求人や選考内容は調べて対策しておくべきでした。
引用:アクセンチュア第二新卒の面接に落ちた体験談

アクセンチュアの第二新卒採用を目指す際の応募方法

アクセンチュアの第二新卒採用を目指す際の応募方法

アクセンチュアの第二新卒採用を目指す際の応募方法は以下のとおりです。

コンサル業界の転職に強いエージェントサービス経由で応募する

アクセンチュアの第二新卒採用を目指す際に一番おすすめなのは、コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント経由での応募です。

転職エージェントを経由して応募すれば、プロのアドバイザーからコンサルティング業界に特化した選考対策を受けられます。

また、内定後も入社日や給与の交渉も代行して行ってくれるので、選考に集中して臨める点もメリットの一つです。

アクセンチュアをはじめとしたコンサルティング企業を目指したい方は、まずは一度転職エージェントに相談してみましょう。

\ アクセンチュア出身のエージェントが多数在籍/

リファラル採用経由で応募する

アクセンチュアに勤めている知り合いがいる場合は、リファラル採用経由で応募するのも一つの手です。

現在アクセンチュアに勤めているということは過去に選考を通過した経験があるため、具体的なアドバイスをもらいながら選考に臨めます。

ただし、あくまでも一個人のアドバイスでしかないので、場合によっては自分の選考にあまり活かせない恐れもあります。

できる限り選考を突破する確率を高めたい方は、これまで多くの利用者を入社まで導いてきた転職エージェントに相談する方が確実です。

企業の採用ページから直接応募する

もちろんアクセンチュアの公式採用ページから直接応募する方法もあります。しかし、直接応募した場合は完全に独力で選考に臨まなければなりません。

転職難易度が非常に高いアクセンチュアの選考を突破するのはかなり困難です。

相当な自信がある方以外は、転職エージェントに相談してプロのアドバイザーから全面的にサポートを受けることをおすすめします。

アクセンチュアの第二新卒採用の実績がある転職エージェント

アクセンチュアの第二新卒採用の実績がある転職エージェントは以下のとおりです。

ただし、時期によってはアクセンチュアの求人がない場合もあるので注意してください。

アクセンチュアの転職事情を知り尽くしている『MyVision』

名前MyVision
料金無料
求人数紹介企業数:コンサルファームを中心に300社以上
紹介求人数:コンサル求人を中心に4,000以上
(2024年5月14日現在)
対象年代20代〜30代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界コンサルティング業界
公式HPhttps://my-vision.co.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社MyVision / マイビジョン
拠点東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 12F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
アクセンチュアへの転職にMyVisionがおすすめな理由
  • アクセンチュア出身のエージェントにサポートしてもらえる
  • キャリア意向に沿ってアクセンチュアでの最適なポジションを提案してくれる
  • 毎月アクセンチュアへの1日選考会や現場社員ととのセミナー・イベントを開催している

MyVisionは、コンサル業界への転職に特化した転職エージェントで、アクセンチュアへの転職実績が豊富です。

アクセンチュアのストラテジー/HR/Songなど複数部門の出身者が多数在籍しており、各部門ごとにどういった人材が活躍できて、どのような人が採用されるのかを熟知しています。

また、他エージェントでは、ポジションの精査なく応募されることが多いですが、MyVisonでは200以上あるアクセンチュアの部門の中から、個人のキャリア意向に沿った最適なポジションを提案してくれます。そのためMyVision経由で応募した際の内定率は非常に高いのです。

さらに、毎月アクセンチュアへの1日選考会や現場社員とのセミナー・イベントの開催など、採用チームとも密に連携しています。アクセンチュアへの転職でMyVisionを利用しない手はないといえるでしょう。

>>公式HPを見る

▼MyVisionの口コミ

スクロールできます
Review Image
A・Yさん
第二新卒からコンサル企業へ転職
コンサル転職の魅力について、非常に分かりやすく説明いただけたので、前向きに転職活動に臨めました。特に私の場合は、エンジニアとしてこのままキャリアを進んだ場合と何が違うのか、どんなメリット/デメリットがあるのかについても教えていただけました。 特に私の場合は、足元の年収などをかなり気にしていましたが、担当してくれたエージェントさんから中長期的なキャリアパスをもっと考えて意思決定した方が良いとアドバイスを下さったことを覚えています。

引用:MyVision

Review Image
K・Fさん
小売業からコンサル企業へ転職
一言でDX/ITコンサルタントといっても本当に数多くのポジションや業務があることを教えていただき驚きました。その中で私が得意としている、データを活用して示唆を出すという部分がクリティカルに活かせるポジションなどを的確にご紹介いただき、そこから内定を取るためにかなり詳細に職務履歴書のフィードバックをもらえました。

引用:MyVision

\ アクセンチュア出身のエージェントが多数在籍/

あわせて読みたい
MyVision(マイビジョン)の評判・口コミは?人気の理由や魅力を徹底解説 本記事でわかること MyVisionの特徴や評判 MyVisionの利用に向いている人・向いていない人 MyVisionを活用して転職を成功させるコツ 2022年11月にサービス開始されたMyV...

コンサル業界への転職に強い『アクシスコンサルティング』

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
アクシスコンサルティングの特徴
  • コンサル業界に関する情報が豊富
  • 内定まで全力で転職サポート
  • 大手企業のホワイト求人多数掲載

アクシスコンサルティングは、アクセンチュアやBIG4の転職支援が得意なエージェントです。アクセンチュアやBIG4だけでなく、コンサル業界全般の転職支援を得意としています。

ぜひアクシスコンサルティングで企業のニーズに合わせた書類・面談対策を行って、転職難易度の高いコンサル企業から内定を獲得しましょう。アクシスコンサルティングで転職支援を受ければ、アクセンチュアから内定をもらうことも夢ではありません。

アクシスコンサルティングの転職支援は有料級ですが、無料です。金銭的に損をすることは絶対にないので、安心して利用してください。

>>公式HPを見る

▼アクシスコンサルティングの口コミ

スクロールできます
Review Image
口コミ1
キャリアアドバイザーは非常に知識が豊富で、履歴書の書き方一つでも自分に足りない部分を細かくアドバイスして貰えました。じっくりと面談した事で漠然としていた目標も明確になり、効率良く自分の理想にあった職場を探せたと思います。ちなみに面接のスケジュールなども全てキャリアアドバイザーが代行してくれたので、仕事に支障をきたす事もありませんでした。手厚いサポートによって無事に意中の企業へ転職が決まり、今は新しい仕事に情熱を注いでいます。条件面はもちろん、職場の雰囲気にも満足しています。

引用:みん評

Review Image
口コミ2
コンサルティング業界に強いエージェントです。コンサルタントから別の職種への転職もサポートしているのがユニークです。アドバイザーは私のこれまでのキャリアに基づき、中長期的なキャリアプランを提案してくれました。コンサルティング業界に強いだけあって、提案内容は合理的で納得できる内容でした。現在はこのエージェントに紹介された事業会社で経営企画担当マネージャーとして働いています。単なる求人の紹介にとどまらず、キャリアプランに基づいて求人を紹介してくれましたので、非常に満足しています。

引用:みん評

\ コンサルティング業界に強い!/

アクセンチュア以外の求人も幅広く知りたいなら『doda』

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
dodaの特徴
  • アクセンチュアの求人多数掲載(1月26日時点)
  • 転職業界大手のサービスなので安心!
  • アクセンチュア以外のコンサル系求人も多数!

dodaは、アクセンチュアの多数のポジション求人を保有しているので、アクセンチュアを志望する方は登録すべきエージェントです。求人を紹介するだけでなく、書類の添削、面接の対策などもしてくれるため内定をもらえる可能性をグッと上げられます。

また、アクセンチュアだけでなく、その他のコンサル企業や第二新卒に人気の企業を多数取り扱っています。そのため、アクセンチュア以外の企業も検討しているという方にはピッタリです。

すべてのサービスが無料で利用できるので気軽に相談から始めてみましょう!

>>公式HPを見る

\ アクセンチュア以外のコンサル求人も多数!/

アクセンチュアの第二新卒採用の希望者からよくある質問

アクセンチュアの第二新卒採用の希望者からよくある質問

ここからはアクセンチュアの第二新卒採用の希望者からよくある質問を解説します。

アクセンチュアの平均年収や給与水準は?

アクセンチュアの平均年収は約1,000万円ほどと推定されます。

ただし、アクセンチュアは成果や職種によって年収が大きく変動するため、平均年収は参考程度に留めておきましょう。

また、給与水準は比較的高く、入社1年目からでも400万円以上を狙えます。

アクセンチュアの待遇や福利厚生は?

アクセンチュアでは一般的な福利厚生に加えて、確定拠出年金制度や株式を割引価格で購入できる制度などを設けています。

フレックスタイム制やリモートワークなども採用しており、自分の理想的な働き方を目指せるのも魅力です。

アクセンチュアの激務度や労働時間は?

アクセンチュアは基本的には激務であり、長時間の残業や休日出勤も覚悟しておく必要があります。

ただし、顧客やプロジェクトによって激務度は異なり、プロジェクトが一旦落ち着けば長期休暇を取ることも可能です。

アクセンチュアの社風やワークライフバランスは?

アクセンチュアは外資系ということもあり、社風は実力主義です。大きな成果を挙げれば若手でも高い報酬を得られます。

また、激務ではあるものの働きやすい環境づくりに取り組んでおり、生産性を上げることで労働時間の短縮を目指す文化です。

アクセンチュアの平均勤続年数は?

アクセンチュアの平均勤続年数は4.8年です。

外資系やハイクラス企業に勤めている方は常にキャリアアップを狙っているため、1社の勤続年数が短くなる傾向があります。

そのため、外資系の中ではアクセンチュアの平均勤続年数が特別短いわけではありません。

アクセンチュアの第二新卒採用後に研修はある?

アクセンチュアの第二新卒として採用された場合でも研修はあります。

新卒入社の方と同様の研修を受けられるので安心してください。

アクセンチュアの第二新卒採用後のキャリア形成は?

アクセンチュアでは、第二新卒採用後のキャリア形成も充実しています。

一人ひとりが思い描いている理想のキャリアをヒアリングした上で、メンターからコーチングや24,000以上の研修コースが用意されています。

アクセンチュアの第二新卒採用では英語力が必須?

アクセンチュアの第二新卒採用では、高い英語力は必須ではありません。

ただし、英語力が高いに越したことはないので、アクセンチュアへの入社を目指しているなら英語をしっかりと学んでおきましょう。

アクセンチュアの転職難易度は高い!成功を目指すならエージェントサービスを活用

世界トップクラスのコンサルティング企業であるアクセンチュアに入社するのは簡単ではありません。

高度なスキルや豊富な経験が求められる上に、新卒・転職問わず求職者から人気があるため、転職難易度はかなり高いです。

そのため、第二新卒としてアクセンチュアへの転職を成功させるには転職エージェントの利用がかかせません。なかでもおすすめなのが、MyVisionです。

MyVisionは未経験からコンサルへの転職実績が豊富な上に、アクセンチュアを初めとする大手コンサルの求人が豊富です。転職成功確率を上げるためにも、登録しておきましょう!

\ アクセンチュア出身のエージェントが多数在籍/

人気企業の第二新卒入社難易度に関する記事一覧

ハイクラス・外資系向け転職エージェント
ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ