MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

コンサル業界から事業会社への転職を成功させるコツ!転職理由や失敗する要因も解説

コンサルティングファームでの経験は事業会社にも転用しやすいため、転職を検討している方もいるでしょう。しかし実際は必要なスキルや能力が異なるので、簡単に転職してしまうとミスマッチの原因になりかねません。

本記事ではコンサル業界から事業会社へ転職する際の失敗する要因や、成功させるためのコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • コンサル業界から事業会社へ転職を希望する理由
  • 事業会社への転職に失敗する原因
  • コンサル業界から転職しやすい事業会社の種類

コンサル業界から事業会社へ転職を考えている方は、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは年収1,000万円以上の求人を保有しているスカウト型の転職エージェントです。今よりも年収アップを実現したい方はぜひご利用ください。

\年収1,000万円以上/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

コンサル業界から事業会社への転職を希望する理由

コンサル業界から事業会社への転職を希望する理由

コンサル業界から事業会社へ転職希望をする方の理由は以下のとおりです。

ワークライフバランスを実現したい

コンサル業界は徹夜や休日出勤は当たり前とイメージされている方が多いでしょう。プロジェクトの規模や、案件の多い時期になると体力的にも精神的にハードになりワークライフバランスを保ちづらいのは事実です。

一方大手の事業会社は働き方改革を各企業が意識しており、労働時間の見直しや残業を減らす取り組みを行っています。そのため結婚や育児などでライフスタイルが変化すると、働きやすい事業会社への転職を考える方が多いです。

事業推進・経営のポジションを経験したい

コンサルタントとして客観的な立場ではなく、主体的に事業に取り組みたいと考えて転職を希望する方もいます。

ベンチャー企業やスタートアップ企業はこれから伸びる事業を展開します。いちから事業を成長させることに興味がある方は、新進気鋭な企業への転職を考えるでしょう。

また大手の事業会社は、持続的な成長を目指しているので複数の事業を展開しています。

たとえばトヨタ自動車は車以外にも環境やエネルギー事業に取り組んでいます。事業責任者となれば経営に関われるので、挑戦心のある方は転職を検討する傾向が高いです。

中長期的な会社の成長にコミットしたい

コンサル業界はクライアントの課題を見つけ出し、助言や提案をするのが仕事です。そのためプロジェクトが終了した時点で、クライアント企業の動向はわかりません。

短期的な業務には関われますが、中長期的には支援できないのがコンサル業界の弱みです。

商品やサービスが抱えている問題を解決し成長に携わりたいと考える方は、中長期的に取り組めるビジネスを選択します。

コンサルティングを通して見えてきた業界の改善点を解決したいと思い、転職先を考える方もいるでしょう。

コンサル業界から事業会社に転職して失敗する要因

コンサル業界から事業会社に転職して失敗する要因

コンサル業界から事業会社に転職して失敗する要因は以下のとおりです。

職位・給料レベルが低下するおそれがある

コンサル業界から未経験の事業会社への転職となると役職が下がる可能性があります。コンサル時代との評価基準の違いで悩むこともあるでしょう。しかし企業文化やコミュニケーションの違いに慣れてくれば、出世は可能です。

またコンサルタント会社は給料水準が高めです。そのため事業会社に転職すると給料は一時的に下がります。しかし結果を出せば評価してくれる事業会社が多いので、着実に成果を出していけば問題ありません。

戦略立案や実行支援だけでなく実務も担う必要がある

コンサルタントは経営者や役員など個人を相手に仕事をするのが一般的です。しかし事業会社では、配属された部署によって取引先の企業に出向いて現場で作業したりエンドユーザーと交流したりするのも仕事の一部です。

そのためコンサル業界から事業会社に転職してくると、現場仕事の多さに驚かれる方が多いでしょう。事業会社では戦略立案や実行支援だけではなく、実務も担う心構えをしておくのがおすすめです。

事業会社のルールや人間関係に苦労しやすい

コンサル業界では転勤異動は少ないのが一般的です。しかし全国に部署があるような事業会社では異動や転勤はよくあることです。

また古い組織だと、部署間でのやり取りに時間がかかります。コンサル業界は個人プレーが多いので、はじめは事業会社の文化や社風に違和感を覚えることがあるでしょう。

またコンサル業界出身の方は、直接的に意見を言う文化のなかで生きてきました。しかし事業会社では、意見を強く主張する方ばかりではありません。そのためコミュニケーションの面でも気をつける必要があります。

コンサル業界から事業会社への転職を成功させるコツ

コンサル業界から事業会社への転職を成功させるコツ

コンサル業界から事業会社へ転職を成功させるコツは以下のとおりです。

事業会社で生かせるスキル・経験を洗い出し、自己PRをまとめる

コンサル業界で培った経験やスキルを棚卸して事業会社で活躍できるポイントをアピールしましょう。ただしスキルや経験をまとめるのではなく、事業会社での活躍可能性をイメージしてもらうのが大切です。

たとえば「業界を俯瞰して見られるため、業界の先行きを見据えた戦略を立案・実行できます」のように、事業会社に向けたアピールに落とし込みましょう。

「自分ではなかなか自己PRが見つからない」と思う方は、友人や知人・職場の同僚に聞いてみるのがおすすめです。友人や知人に自分の長所を聞くと、客観的な視点でアドバイスがもらえます。

コミュニケーションに注意を払い、社内の人間関係を良好に保つ

事業会社ではコンサルティングとは異なるコミュニケーション能力が求められます。

コンサル業界では直接的に意見を言うのが日常です。部下も率直なフィードバックをもらうことで成長していく方が多い傾向にあります。

しかし事業会社ではコンサル業界のようなコミュニケーションでは違和感を持たれてしまう可能性があります。社内の部署や現場作業員との人間関係を良好に保つためにも、敬意や配慮を意識したコミュニケーションを行いましょう。

ターゲットとする業界に強い転職エージェントを活用する

コンサル業界から事業会社に転職を成功させるには、希望する事業会社に合った企業分析や対策が必要です。

転職活動の対策を自分一人で考えたり情報収集をしたりするのは容易ではないので、事業会社への転職が可能な転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントには非公開求人の掲載や、面接の傾向などの最新情報が得られます。また履歴書の添削やキャリアのアドバイスも受けられるので、転職を有利に進めるためにもぜひ転職エージェントを活用しましょう。

コンサル業界から事業会社への転職先候補となる選択肢一覧

コンサル業界から事業会社への転職先候補となる選択肢一覧

コンサル業界から事業会社への転職先の候補は以下のとおりです。

事業会社名特徴
日系大手事業会社
  • 給与が安定している
  • 福利厚生が充実している
  • 年功序列など旧式の組織体系
外資系事業会社
  • 年収が高い
  • 即戦力人材が求められるジョブ型雇用
  • 個人の能力が問われやすい成果主義
スタートアップ・ベンチャー
  • 成長産業でビジネスを展開
  • 創業初期の企業
  • 社員数が少ない
  • 役員に抜擢されることもある
副業が推奨される事業会社
  • 比較的自由な社風
  • 人材育成に力を入れている
  • 従業員の人手不足を懸念している
オーナー企業である中小規模の事業会社
  • 事業承継を見据えている企業が多い
  • 経営基盤が安定している
  • 地方転職を実現できる
事業再生中の企業
  • 経営面で不安を抱えている
  • 収益性の高い事業を持っている可能性がある
  • 事業再生に携われることもある

コンサル業界から事業会社への転職先は幅広いです。選ぶ転職先によっては、「思っていたのと違う」と感じることもあるので、自分のキャリアプランが実現できる職場を選択しましょう。

コンサル業界から事業会社に転職したい人におすすめの転職エージェント

コンサル業界から事業会社に転職したい人におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

コンサル業界から事業会社に転職したい人におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人を保有している
  • スカウト型の転職エージェント
  • プラチナスカウトがある

ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントです。保有している求人の30%が年収1,000万円以上なので、コンサル業界からキャリアアップしたい方にはおすすめです。

またビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、ヘッドハンターからスカウトが届きます。忙しい方でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

さらにビズリーチには企業やヘッドハンターが優先度高く求めている人材に送る「プラチナスカウト」があります。

企業からのプラチナスカウトは、書類選考なしで面接が受けられます。自ら応募するより有利に転職活動を進められるのがプラチナスカウトのメリットです。ただし、内定の確定ではないので注意してください。

Review Image
モンモンさん
今まで仕事で培ってきたスキルを次の仕事でも活かしたかったので、マッチング率が高いと評判の転職サイトに登録しました。 登録時に作成した職務経歴をベースに企業側からスカウトメールが届く仕組みなので、いかに完成度の高い職務経歴書を書くかが肝要だと思います。 年収の高い求人に応募するには有料会員になる必要がありますが、会費に見合った求人があるので、職歴やスキルに自信があり、収入アップを狙う人は断然有料会員がオススメです。 私も有料会員になり、仕事を探した結果、前職の経験を活かせる仕事に就く事ができ、年収も2割ほどアップしました。この転職サイトを使って、満足のいく転職活動ができたと思っています。
Review Image
差羽さん
よくCMで流れていたのでまずは登録してみました。登録すると同時に様々なエージェントから連絡が来ました。スタンダードプランでの登録だと金額はかかりませんが、多少の規制があります。はじめのうちはお試しで有料プランを使用できるのでその間に転職を決められるといいのでしょう。この点は非常に気に入っています。 転職エージェントを自分で検索しなくても非常にやる気のあるエージェントがアプローチしてくれるので、その点では非常に利便性は高いです。 ハイクラスの案件がたくさんあるので、キャリアアップ転職をしたいと考えている方に対して非常に有利であると思います。

引用:みん評みん評

\年収1,000万円以上/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントのおすすめポイント
  • キャリアアップが見込める求人が豊富
  • 外資系やグローバル企業の転職が可能
  • 約800名以上の優秀なコンサルタントが在籍

JACリクルートメントは、マネージャーや役員などといった役職付の求人が多いのが特徴です。海外にも拠点を持っていることから外資系グローバル企業の転職にも強い唯一のエージェントで有名です。

また転職に成功した人は43万人以上で、JACリクルートメントには豊富な転職実績があります。各業界出身のコンサルタントが多いので、業界情報に精通しています。

日本には少ない海外企業の情報や転職市況を得られるのが、JACリクルートメントを利用するメリットです。

Review Image
hamhamさん
職務経歴が充実していれば【あり】です。 逆の場合、紹介すらしてもらえないでしょう。 転職5回、年齢45歳、プラントエンジ一筋の経歴で1ヶ月少々で転職出来ました。 ここは、企業側と求職者側の担当者が同じなのでニーズの乖離が少なかった感じがします。また、各担当者間で情報を共有しているため紹介数が多い。書類通過率は他エージェントと比べて高かったです。
Review Image
アベベアーさん
複数のエージェントに登録をしましたが、一番信頼も出来、こちらを通じて次職も決められました。 他社とは異なり、求人者1人に対して1人の担当者が付く形ではなく、案件毎に担当者が異なり、JAC社の複数のエージェントとやり取りを行う形になります。 他社では一度担当者に背景等を説明すれば済みますが、こちらでは最初の面談で話した内容が社内でシェアされていますが、担当者毎にその都度説明することにもなりますので、人によっては少々面倒に感じる事もあるかもしれません。 案件に関しては、他社で紹介される案件もありますが、こちらでしか紹介されない案件もありましたので、どの会社でもエージェント次第といった所でしょうか。 多くの担当者と接した訳では無いのですが、最終的に決めた企業の担当者はとても対応が良く、サポートもしっかりしておりました。 (もちろん応募した案件の担当者、相談をした担当者も不満を感じた方はいませんでした) 細かい点のフォローもしかっりとして頂けたので、最後までとても安心して選考に挑むことが出来ました。 もし次回転職する機会があれば、再度利用したいと思いますし、周りにも薦めたいと思います。

引用:みん評みん評

\サポートが手厚い!/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

コンサル業界から事業会社への転職希望者からよくある質問

コンサル業界から事業会社への転職希望者からよくある質問

コンサル業界から事業会社への転職希望者からよくある質問を紹介します。

コンサルティング会社と事業会社の仕事内容の違いは?

事業会社の定義は、金融以外の商品やサービスを提供することで利益を得ている企業全般を指します。具体的にはホテルやスーパー・ITサービスなどが該当するので、あなたが今思い浮かべた企業はほぼ間違いなく事業会社です。

コンサルティング会社はクライアント企業の課題を見つけ出し、解決策を提案するのが主な仕事です。提言が価値提供となっているのが事業会社との違いです。

コンサル業界から事業会社への転職で海外勤務は狙える?

コンサル業界から事業会社への転職は可能ですが難易度は高いでしょう。

海外勤務をしたいなら、外資系事業会社か戦略コンサルティングファームに籍を置き、海外と提携できるプロジェクトへの参加を狙うのがおすすめです。

たとえば海外から商品を輸入している外資系企業や、海外企業のM&A戦略を支援する「クロスボーダー案件」に携われるM&Aアドバイサリー会社などが有力です。

コンサル業界から事業会社への転職が成功しやすい年齢は?

コンサル業界から事業会社への転職は、20代のシニアコンサルタントからが推奨されています。

しかし20代で事業会社に転職しても、経営企画事業開発などコンサルティング会社のマネージャー職に匹敵する仕事は経験しづらいのが実情です。

そのため30代までコンサルティング会社でマネージャー職を経験してから事業会社に転職するのも一つの選択肢です。

コンサル業界から事業会社への転職を成功させるなら転職エージェントを活用

コンサル業界から事業会社への転職を成功させたいなら、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチには、年収1,000万円以上のハイクラス求人案件が多数あるからです。日系大手企業の事業会社や、海外の外資系事業会社の求人を見つけられるでしょう。

事業会社の他にも、M&A仲介会社やグローバル企業のハイクラス求人もそろえているので、年収を上げる転職を目指している方は、ビズリーチの利用をぜひ検討してみてください。

\年収1,000万円以上/

あわせて読みたい
コンサルでアサインされない原因は?プロジェクトが決まらないときの対処方法を解説 コンサルティングファームでは、プロジェクトにアサインされることで仕事に取り組めます。 そのため、プロジェクトにアサインされなければ成果を挙げられず、会社から評...
あわせて読みたい
コンサルBIG4への転職難易度は?中途採用の試験内容・選考フローを解説 コンサルBIG4は世界4代監査法人のことを指し、コンサル業界の最高峰として知られています。 もしコンサルBIG4への転職を目指すのであれば、一筋縄ではいきません。十分...
あわせて読みたい
コンサル転職でおすすめの転職エージェント13選|総合系・戦略系・IT系それぞれに強い転職エージェント... 転職エージェントは独自の非公開求人を保有しており、好条件の求人探しに欠かせないサービスです。複数の転職エージェントを併用すれば、転職の選択肢はさらに広がりま...
あわせて読みたい
広告代理店から事業会社への転職を成功させる方法!後悔する要因、転職先候補を紹介 「広告代理店で学んだことを事業会社で活かしたい」「広告代理店よりも事業会社の働き方の方がよい」と思う方は非常に多いです。 ただ、事業会社に転職したいと思っても...
あわせて読みたい
戦略コンサル志望者向けのおすすめ転職エージェント・サイト10選を比較|未経験での転職可能性も解説 戦略コンサルティングは、コンサルティング業界のなかでも人気のある仕事なので、転職を考えている方がいるでしょう。 本記事では戦略コンサルティングに強い転職エージ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ