MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)合同会社への転職難易度は高い?未経験からの転職や年収も解説

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は世界50か国に拠点をもつ、世界トップレベルのコンサルファームです。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職は、応募者全体のレベルも高く、コンサルティング業界でも非常に人気があるため容易ではありません。

本記事では、転職難易度が高い詳しい理由・未経験からの転職や年収について詳しく解説します。

本記事でわかること
  • ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の転職に必要なスキル・経験
  • ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職を成功させるポイント
  • ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の転職元と転職先

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職なら、アクシスコンサルティングがおすすめです。コンサルタントの転職支援に定評があり、ハイクラス求人も多数保有しています。

\コンサル企業への転職に特化/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社とは

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社とは

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は1963年に設立された世界的な経営戦略コンサルティングファームです。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の下記内容について、詳しく解説します。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)とは

会社概要

会社名ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)
事業内容経営戦略コンサルティング(詳細は下記に記載)
代表秋池 玲子(BCG日本共同代表)
内田 有希昌(BCG日本共同代表)
設立1966年(日本オフィス)
従業員数グローバル:25,000人以上(2023年1月現在)
資本金非公開
売上高非公開
株式公開非上場
所在地(日本オフィス)東京オフィス
東京都中央区日本橋室町三丁目2-1 日本橋室町三井タワー25階
名古屋オフィス
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ36階
大阪オフィス
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー17階
京都オフィス
京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K.I.四条ビル2階
福岡オフィス
福岡県福岡市中央区天神一丁目10-20 天神ビジネスセンター15階
公式HPhttps://www.bcg.com/ja-jp/

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は、世界50か国以上に拠点をもち、100カ所以上のオフィス、25,000人以上のスタッフが在籍している経営戦略コンサルティングファームです。

ボストンに続き、世界2番目の拠点として1966年に東京オフィスが解説されました。

事業内容

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は大企業だけでなく、政府・民間企業・非営利団体など、さまざまなクライアントに対して下記サービスを提供しています。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)のサービス
  • 経営戦略の策定支援
  • 経営戦略のオペレーション支援
  • 新規事業の立案
  • デジタル戦略

近年ビジネス環境は激しく変化しており、市場トップの企業でさえトップの座を維持するために、トランスフォーメーション(構造変革)を行っています。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)では、クライアントのパートナーとしてトランスフォーメーションを行い、課題解決に取り組んでいます。

特徴・強み

コンサル業界にはさまざまな企業が存在します。その中でボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は「外資系戦略コンサル」に分類にされます。

「外資系戦略コンサル」のカテゴリーには、マッキンゼー・ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)・ベインが属しており、頭文字をとって「MBB」とまとめられています。

MBBの中でボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の特徴は、「日本企業らしさ」と言えるでしょう。

マッキンゼーやベインは、グローバル企業の典型ですべてグローバルスタンダードに合わせてしまうのに対し、ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は日本企業の文化や商売に合わせてローカライズしています。

全世界で見ると大半の地域ではマッキンゼーのほうがオフィス規模が大きいのですが、日本国内ではボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)のほうが注目度・売上ともに上です。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職難易度は高い?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職難易度は高い?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職難易度は高いです。転職難易度が高い理由は下記の通りです。

転職難易度が高い理由
  • 応募者全体のレベルが非常に高い
  • コンサルティング業界でも人気企業のため倍率が高い
  • 高学歴であることが前提
  • 日常会話レベルの英語力が必要
  • 業界軸・業務軸のどちらかの専門知識が必要

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は高学歴が条件なので、高学歴でなければ書類選考に通過することも難しいかもしれません。

またコンサルタントは常に考えて行動しなければならないため、一定以上のコミュニケーション能力やロジカルな思考力も必要です。

転職難易度の高さについて、下記内容を深掘りして解説します。

学歴で転職難易度は変わる?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は学歴によって転職難易度が大きく変わります。

コンサルティングファームの商品はアイデアを生み出すコンサルタント自身です。実際の第一印象として、高学歴なコンサルタントほど信頼度も高くなります。

学歴以外にも、業界軸か業務軸に対しての専門知識が求められること、日常会話程度の英語力が必須であることから転職難易度は非常に高いです。

新卒・中途採用ともに募集が拡大傾向にある

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)では、新卒・中途採用ともに募集が拡大傾向にあります。

拡大傾向の理由は、IT/業務プロジェクト・人材派遣コンサルの増加が挙げられるでしょう。

IT/業務プロジェクトは、「戦略実行に伴うIT/業務課題の解決」「クライアントニーズに応え競合他社への流出を防ぐ目的」、人材派遣コンサルは「人手不足を抱えるクライアントに優秀なコンサルを派遣する」という動きから募集が拡大しています。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)にとってもコンサルを派遣することで、クライアントが抱える課題をタイムリーに吸い上げ、クライアントとの関係をより強固にできるというメリットがあります。

中途採用の募集職種

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)が中途採用で募集している職種は下記の通りです。

募集職種主な業務内容
データサイエンティスト・大規模で複雑なデータの収集
・最適化モデルやデータ探索などの分析
・プロジェクトチームの管理
・チームメンバーのトレーニングと支援、サポートなど
シニアソフトウェアエンジニア・グローバルデータと分析の提供を促進するプラットホームの開発
・コーディングや生産性向上の支援
・意思決定の複雑な問題解決をする抽象的な分析モデルの開発
・堅守で保守可能なソフトウェアの開発など
シニアエンジニアリングマネージャー・エンドツーエンドのエンジニアリング機能を促進
・モバイルやWEBなどのデジタル機能とアーキテクチャの研究・開発
・新しいテクノロジーを研究し、クライアントの課題を解決する
あわせて読みたい
データサイエンティストへの転職を成功させる方法!必要なスキルや未経験での転職可能性を解説 データサイエンティストは、将来性の高さや給料が高さが魅力的なため、これから目指したいと考えている方も多いでしょう。そこで本記事ではデータサイエンティストの転...

中途採用の選考フロー

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の転職までの流れは下記の通りです。

STEP
書類・エントリーシート提出

応募は公式HPからご自身でエントリーするか、転職エージェントを通じてエントリーするかのどちらかです。応募したい職種が決まれば選考書類とエントリーシートを提出します。

STEP
面接(1次~5次)

書類選考に通過すれば次は面接です。面接は最大5次まで、採用担当者が面接を行います。

STEP
最終選考

員による最終選考です。これまでの質問を深掘りし、企業にマッチした人材かを判断されます。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の面接は、1対1で行われる場合や1対複数で行われる場合など、応募状況や職種によってさまざまです。

面接回数は基本的に2~4回、場合によっては6回行うこともあります。面接時間は1回あたり30分~1時間です。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職に必要なスキル・経験

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職に必要なスキル・経験

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職には下記のスキルや経験が必要です。

転職に必要なスキル・経験
  • 英語スキル
  • 豊富なマネジメント経験
  • コミュニケーション能力
  • 高い思考力や洞察力

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は外資系コンサルなので、日常会話レベルの英語力やマネジメント経験は必須です。

またクライアントの課題を解決するためには、人間関係を構築し課題を引き出すためのコミュニケーション能力、さまざまな角度から物事を考える思考力、本質を見抜く洞察力が必要となります。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職を成功させるポイント

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職を成功させるポイント

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職を成功させるポイントは下記の3つです。

ケース面接対策では出題から30秒以内に回答できるよう準備しておく

ケース面接対策では出題されてから30秒以内に回答できるよう準備しておきましょう。

ケース面接対策はコンサル業界の採用試験に使われる手法で、コンサルタントに必要な課題解決力を判断します。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)のケース面接では、特定の課題が提出され、採用基準である30秒以内に面接官へ回答しなければなりません。

過去のケース面接では下記のような出題事例がありました。

過去のケース面接での出題事例
  • ある商品の売上推計と売上の拡大策について
  • 満員電車の現状を解説し、改善策を述べる
  • 2桁の掛け算や割り算、3桁の足し算や引き算

Webで入手できる模擬ケースの暗記はNG

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)では、Webで入手できる模擬ケースの暗記はNGです。

面接官はケース面接を通じて、「常に変化し続けるボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の働き方にあなたが合っているか」を判断しています。そのため暗記ではなく面接での会話を傾聴し適応する力が必要です。

実際のケース面接では、新しいコンサルティングのケース課題やデータを頻繁に取り入れています。仮に模擬ケースを暗記していったとしても、役に立つことは少ないでしょう。

コンサル業界の転職に強いエージェントサービスを活用する

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)へ転職を成功させるには、コンサル業界の転職に強い転職エージェントを活用しましょう。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)ではケース面接の比重が大きく、他のコンサルティングファームと異なる観点で評価されます。そのため1人でケース面接の研究・対策を立てるのは容易ではありません。

コンサル業界の転職に強いエージェントなら、最新のケース面接の傾向を熟知しているので充実したサポートが受けれます。

あわせて読みたい
戦略コンサル志望者向けのおすすめ転職エージェント・サイト10選を比較|未経験での転職可能性も解説 戦略コンサルティングは、コンサルティング業界のなかでも人気のある仕事なので、転職を考えている方がいるでしょう。 本記事では戦略コンサルティングに強い転職エージ...

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の転職元と転職先一覧

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の転職元と転職先一覧

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の転職元と転職先は下記の通りです。

転職元・三菱UFJ銀行、三井住友銀行などの金融機関
・三菱商事、三井物産、住友商事などの総合商社
・NTTデータ、NEC、日立製作所などの大手Sler
転職先・ベンチャーキャピタル
・PEファンド
・三井物産、楽天、電通などの大手企業

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)在籍者の転職元は、メガバンク・総合商社・大手Slerなど多岐にわたります。転職先はベンチャーキャピタルPEファンドなどの投資会社、大手企業の管理部門などさまざまです。

あわせて読みたい
コンサル業界から事業会社への転職を成功させるコツ!転職理由や失敗する要因も解説 コンサルティングファームでの経験は事業会社にも転用しやすいため、転職を検討している方もいるでしょう。しかし実際は必要なスキルや能力が異なるので、簡単に転職し...

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の転職者の出世難易度は高い?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)へ転職した方の出世難易度は高いです。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の在籍者は優秀な人材が揃っており、それぞれが実績を残している精鋭ばかりです。

その中で出世するには、在籍者以上の実績を残し、周囲に認めてもらうしかありません。ただし評価は平等に行われるので、努力し実績を残し続けていけば出世できる可能性は高いでしょう。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職実績がある転職エージェント

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職実績がある転職エージェントを3つ紹介します。

時期によってボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の求人がない可能性もありますが、他のハイクラス求人も多数保有しているのでおすすめです。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職実績がある転職エージェント

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
アクシスコンサルティングの特徴
  • コンサルタントの転職支援に強い
  • 企業のニーズに合わせた書類・面談対策
  • シニコン以上の入社実績No.1

アクシスコンサルティングは、コンサルタントのキャリアプランを熟知した転職エージェントです。コンサルタントの転職支援に強いため、ボストン・コンサルティング・グループ合同会社に転職したい方におすすめします。

もちろんボストン・コンサルティング・グループ合同会社以外のコンサル会社への転職支援も可能です。平均支援期間3年という長期的な転職支援を行い、理想的なキャリアプランを実現させます。

コンサル業界への転職を成功させたい方は、まずアクシスコンサルティングの面談を利用してください。コンサルティング業界やIT業界の出身のコンサルタントが実践的な転職アドバイスを行います。

\コンサル転職に強い!/

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラス・ミドル転職4年連続No.1
  • 技術/専門職や管理職転職のエキスパート
  • コンサルタントからスカウトがもらえる

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度ハイクラス・ミドル転職部門で4年連続No.1の実績をもつ転職エージェントです。

技術/専門職や管理職クラスの転職に強く、登録した職務経歴書をもとにコンサルタントからスカウトがもらえます。

外資系・グローバル企業転職の評価も高いです。日本以外にシンガポールやドイツなどに海外拠点をもち、外資系やグローバル企業との取引実績は4,000件以上に上ります。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職、外資系・グローバル企業への転職を検討している方は、JACリクルートメントへの登録がおすすめです。

\顧客満足度4年連続No.1/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

リクルートダイレクトスカウト

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万~2,000万の求人多数
  • ヘッドハンターが非公開求人を紹介
  • 厳選企業から直接スカウトが届く

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。

外資系・営業企画・管理職など、年収800万円~2,000万円の求人を多数掲載しています。「コンサル業・年収1,000万円以上」で求人検索したところ、3,000件以上の求人が掲載されていました。

会員登録後、あなたの職歴に興味をもった4,300人以上のヘッドハンターが非公開求人を紹介してくれます。厳選企業から直接スカウトを受けられるのも特徴です。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)だけでなく、ハイクラス向けの転職を目指している方は、リクルートダイレクトスカウトに登録しておきましょう。

\ハイクラス求人多数/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職希望者からよくある質問

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社への転職希望者からよくある質問

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)への転職希望者からよくある質問は下記の4つです。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の年齢・役職別の平均年収や給与水準は?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の年齢・役職別の平均年収や給与水準は下記の通りです。

役職平均年齢平均年収
アソシエイト・シニアアソシエイト20代半ば~20代後半550万円~1,000万円
コンサルタント20代後半~30代半ば1,000万円~1,500万円
プロジェクトリーダー30代半ば~40代前半1,500万円~2,000万円
プリンシパル40代前半~40代後半2,000万円~
パートナー40代後半~50代後半4,000万円~

アソシエイト・シニアアソシエイトから始まり、案件の中心的な存在であるコンサルタントでは1,000万円以上の年収、案件の責任者として成果が求められるプロジェクトリーダーでは1,500万円以上の年収になります。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の待遇や福利厚生は?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の待遇や福利厚生は下記の通りです。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の待遇・福利厚生
  • 退職金制度
  • 社会保険完備
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 社宅制度
  • MBA留学支援制度

福利厚生が充実しているボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)ですが、なかでも社宅制度は他社にはない待遇といえるでしょう。

会社が家賃を払ってくれ、その分の家賃が給料から天引きされるシステムなので、給与支払額、すなわち課税対象額が減少し所得税の節税効果が生まれます。

例えば年収800万円で家賃20万円の家に住んでいた場合、年額240万円が給料から天引きされるため、課税対象額が800万円から560万円になります。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の激務度や労働時間は?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)の労働時間ですが、平均9時~23時まで働き、土日は休みのことが多いです。

ただ、案件の最終報告前や炎上時はどうしても忙しくなるため、徹夜になることもあります。

働き方改革の影響で、アソシエイトとシニアアソシエイトの間で明確な差が生まれました。シニアアソシエイトは、高度プロフェッショナル制度の対象なので働き方改革以前から変化はなく、アソシエイトのみ労働時間の管理が厳しくなりました。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の社風やワークライフバランスは?

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は、社会貢献や自己成長に対して前向きな姿勢をもった企業です。社内の風通しも良くセクハラやパワハラなどの対策も実施されているので安心です。

社内は上司・部下関係なく議論ができるよう、フラットな組織体制が組まれています。多様性があり、女性・外国出身者・ITスキルに優れた人材など、さまざまな社員が在籍しています。

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)のワークライフバランスは下記の通りです。

勤務時間9:00~18:00
休日土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇年次有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇など
平均残業時間約80時間
フレックス制度
リモートワーク
産休・育休制度
時短勤務

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社の転職難易度は高い!成功を目指すならエージェントサービスを活用

ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)は、高学歴・英語力・専門知識が必要なことから、転職難易度は非常に高いです。

しかし新卒・中途採用ともに、「IT/業務プロジェクト」「人材派遣コンサル」の増加により、募集は拡大傾向にあります。

転職を成功させるにはケース面接対策が必須です。ただ独力では限界があるので、コンサル業界の転職に強いアクシスコンサルティングの利用をおすすめします。

最新のケース面接傾向を熟知したキャリアアドバイザーのサポートが受けられるだけでなく、外資系・営業企画・管理職などのハイクラス求人も多数保有しています。

アクシスコンサルティングに登録をして、ボストン・コンサルティング・グループ合同会社(BCG)やハイクラス転職を成功させましょう。

\コンサル企業への転職に特化/


[転職難易度]

ハイクラス・外資系向け転職エージェント
ハイクラス向けの記事
外資系転職向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ