MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

未経験から外資系投資銀行への転職は難しい?求められる能力、転職を成功させる方法を解説

外資系投資銀行は経験の有無にかかわらず、即戦力人材を求めています。選考にはライバルが多くいますので、魅力的な人材に見えるよう対策やスキルアップが必要です。

本記事では、未経験から外資系投資銀行へ転職する方法を紹介しています。

本記事でわかること
  • 未経験で外資系投資銀行の転職を成功させる方法
  • 外資系投資銀行へ転職をする際に未経験者が求められる能力
  • 外資系投資銀行に向いている人の特徴

外資系投資銀行へ転職を目指すならJACリクルートメントがおすすめです。外資系に強い転職エージェントなので、他では知り得なかった情報が手に入ります。

引用:JACリクルートメント公式

\外資系企業の転職に強い/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

外資系投資銀行とは?日系投資銀行の違いを解説

外資系投資銀行とは?日系投資銀行の違いを解説

外資系投資銀行とは、企業の資金調達をサポートをしたり買収や合併のアドバイスを行ったりしている金融サービス企業です。ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーが、外資系投資銀行にあたります。

投資銀行と名付けられていますが、利益を得るために投資するわけでも、銀行のようにお金を預かるわけでもありません。

また、投資銀行は外資系と日系にわかれており、特徴が異なります。以下をご覧ください。

日系の特徴
  • 給料は外資系よりも低め
  • 幅広い案件に携われる可能性あり
  • 日系企業との強いコネクション
外資系の特徴
  • 給料は日系よりも高め
  • 1人で複数案件を抱えがち
  • 世界の経済に携わることが可能

外資系投資銀行の仕事量は多いですが、その分給料が高いです。

未経験から外資系投資銀行への転職は難しい?

未経験から外資系投資銀行への転職は難しい?

外資系投資銀行の求人はもともと募集人数が少ないので、転職の難易度は高いです。

頑張った分だけ給料が上がる仕組みが整っていたり英語力を活かせたりするので、成長意欲の高い人には最適な環境といえます。

選考のライバルは多いですが、未経験から転職するのは不可能ではありません。未経験で求められるスキルの目安は、以下のとおりです。

外資系投資銀行への転職・未経験で求められるスキルの目安
  • 20代前半:学歴やポテンシャル、即戦力となるスキルが重視される
  • 20代後半:M&Aに業務として携わっていた経験がある
  • 30代以上:業界知識や提案力、積み上げたスキルが見られる

人気の業界なので内定を獲得するのは難しいですが、未経験から外資系投資銀行へ転職した人がいるのは事実です。

未経験から外資系投資銀行への転職を成功させる方法

未経験から外資系投資銀行への転職を成功させる方法

外資系投資銀行へ転職するのは難しいですが、必ずしも無理とは言い切れません。未経験から外資系投資銀行へ転職する方法は、以下のとおりです。

未経験から外資系投資銀行への転職を成功させる方法
  • 能力や資格などで即戦力人材であることをアピールする
  • 過去に出題された質問内容を把握したうえで面接に望む
  • 外資系投資銀行の転職に強い転職エージェントを活用する

能力や資格などで即戦力人材であることをアピールする

外資系投資銀行は経験の有無にかかわらず、即戦力人材を求めています。会社に貢献できる点をアピールできなければ、選考に残れない可能性が高いです。

なかでも以下の5つは、外資系投資銀行の転職において有利な資格と言われています。

外資系投資銀行の転職に役立つ資格
  • MBA
  • 公認会計士
  • 証券アナリスト
  • TOEIC・TOIFL
  • 簿記1級

資格以外にも外資系投資銀行の業務で必要な知識や語学力などは、身につけておく必要があります。

選考で即戦力だとアピールできるように、自分が持っている資格やスキルは事前にまとめておきましょう。

過去に出題された質問内容を把握したうえで面接に望む

外資系投資銀行の面接は回数が多い傾向にあるからこそ、さまざまな質問に回答できるようにしなければなりません。よくある質問に以下のようなものがあります。

質問のパターン
  • 志望動機
  • 自己PR
  • 業界知識が問われる質問
  • 問題解決力が見られる質問
  • 計算が必要な質問
  • 語学力が問われる質問

外資系投資銀行の面接は内定までに、約20名が面接者として登場する可能性があります。多くの人から幅広く質問されるため、十分な面接対策が必要です。

過去に出題された質問を調べ、回答できるよう前もって準備しましょう。

外資系投資銀行の転職に強い転職エージェントを活用する

外資系投資銀行の選考に役立つ情報が知りたければ、業界に特化している転職エージェントを利用しましょう。

業界ならではの転職相談はもちろん、選考通過にむけた書類・面接対策が行えます。

また、外資系投資銀行の求人は以下のような理由があるため、一般の求人サイトで掲載されない場合がほとんどです。

外資系投資銀行の求人が一般の求人サイトで掲載されない理由
  • いい人が見つかればすぐに募集を締め切るから
  • 応募が殺到する可能性があるから
  • 企業は即戦力の人材に絞って選考したいと考えているから

外資系投資銀行の転職難易度は高いので、対策が足りないと良い結果に結びつきません。

あわせて読みたい
外資系投資銀行への転職を成功させるポイント!必要なスキルや中途採用フローを解説 外資系投資銀行は転職難易度が高いです。前職での実績はもちろん、書類・面接すべてにおいて、ハイレベルを求められます。 難易度の高い外資系投資銀行へ転職をするなら...

未経験で外資系投資銀行に転職したい人におすすめの転職エージェント

外資系投資銀行の転職希望者は、以下2つの転職エージェントがおすすめです。

おすすめの転職エージェント
  • JACリクルートメント
  • ビズリーチ

時期によっては募集がない場合もあります。

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JACリクルートメントの特徴
  • 外資系企業への転職支援実績が豊富
  • 英文履歴書のアドバイスあり
  • コンサルタントが約1,200人在籍

JACリクルートメントは世界12カ国に支社を設けており、グローバルな転職に強い転職エージェントです。

外資系企業への転職を目指すのがはじめての方も、優秀なコンサルタントから手厚いサポートが受けられます。

約1,200名のコンサルタントは業界知識だけでなく、紹介求人に対する理解度が高いです。求人票には書いていない細かな情報も仕入れていますので、安心して転職活動が進められます。

また、外資系企業などをあわせて約35,000社と取引があり、非公開求人は全体の65%です。独占求人もたくさんありますので、多くの求人をチェックしたい人は登録しましょう。

▼JACリクルートメントの口コミ

Review Image
かかおさん
コンサルタントが元外資系で働いていたこともあって、外資の内情に詳しかったです。話がすぐ通じたのでストレスなく話を進められました。
Review Image
シュークリームさん
JACリクルートメントの担当の方は、とても親身になってくださり、私の続けてきたキャリアだけでなく、経験から可能性のある職種を紹介していただきました。

引用:みん評みん評

\グローバル転職に強みあり/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス向けの転職サイト
  • 企業から直接メールがくる可能性あり
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上あり

ビズリーチは企業から直接連絡が来たり、質の高いヘッドハンターが求人を紹介してくれる転職サイトです。

職務経歴書を入力するだけでいいので、効率良く転職活動ができます。

外資系の求人はもちろん、国内のハイクラス求人がそろっています。

重要ポジションのスカウトメールが届く場合がありますので、他では見られない魅力的な求人と出会える可能性が高いです。

▼ビズリーチの口コミ

また、職務経歴書を見た優秀なヘッドハンターが、おすすめ求人を提案してくれます。いいご縁を逃したくない人は、ビズリーチに登録して連絡を待ちましょう。

Review Image
しろみさん
外資系の経理財務の仕事を求めてビズリーチに登録をしました。 コンサルタントは外国人であったため、かなり細かい部分まで詳細にメールにてやり取りをしました。外国人カウンセラーを使ってよかった最大のメリットは、やはり交渉力が強かったという事です。
Review Image
まゆみさん
ハイクラス求人への転職を検討している際に、広告をFacebookで見かけたので、登録しました。 他社の紹介サービスも活用していましたが、年収800万以上の求人数が圧倒的でした。ハイクラス求人に特化されていることもあり、サポートの方からも、多くのノウハウを教えて頂きました。

引用:BEST WORKみん評

\導入企業数は約22,300社/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

未経験から外資系投資銀行への転職に求められる能力

未経験から外資系投資銀行への転職に求められる能力

未経験から外資系投資銀行への転職で、求められる能力は以下の3つです。

未経験から外資系投資銀行への転職に求められる能力
  • 上司・同僚・取引先と円滑に会話できるネイティブレベルの英語力
  • M&Aや事業投資の業務に携わった経験
  • 金融に関する幅広い知識

投資銀行におけるすべての仕事で、上記の能力が求められます。

上司・同僚・取引先と円滑に会話できるネイティブレベルの英語力

海外企業とは英語でやりとりをするので、外資系投資銀行へ転職するなら英語力をつけておきましょう。直属の上司や同僚が外国人の可能性があるため、英語を使う機会が多いです。

仕事中、英語は以下のような場面で使われます。

仕事中に英語が使われる場面
  • 英語で書かれた資料を読む
  • 海外企業へメールを送る
  • 社内で外国人と話す

読み書きだけでなく話す能力も求められるため、ネイティブレベルの英語力が必要です。

また、外資系企業は日本企業と違って自分の意見をはっきり伝えたり実力主義であったりと働き方が異なります。

M&Aや事業投資の業務に携わった経験

外資系投資銀行の転職は未経験であっても即戦力が重視されるので、M&Aや事業投資の業務経験がないと応募できない求人があります。

具体的にいうと、以下のような経験があれば未経験でも即戦力とみなされる可能性が高いです。

具体的な経験
  • M&A戦略・実行に関わった経験
  • 監査法人でM&Aアドバイザリー業務に携わった経験

実際に、公認会計士が監査業務の経験を通じて、外資系投資銀行へ転職を成功させています。

FAS(財務に関してアドバイスを行う企業)から転職した人は、M&Aアドバイザリーの仕事に携わるケースが多いです。

金融に関する幅広い知識

外資系投資銀行の仕事は、主に以下4部門にわかれます。

外資系投資銀行内の4部門
  • 投資銀行部門(IBD)
  • マーケット部門
  • リサーチ部門
  • アセット・マネジメント部門

特に、マーケット部門とリサーチ部門は、他の部門よりも知識をつけておかなければいけません。

マーケット部門でトレーダーを担当する場合は、さまざまな機関に投資をしている団体の資産運用をします。確実に取引を行う必要がありますので、豊富な知識は必須です。

また、リサーチ部門は今後お金がどう動くかを、調査・分析してレポートを作成します。レポートは他の部門で活用されるので、正確さがなによりも重要です。

未経験から外資系投資銀行への転職が向いている人の特徴は?

未経験から外資系投資銀行への転職が向いている人の特徴は?

未経験から外資系投資銀行への転職が向いている人の特徴は、以下のとおりです。

向いている人の特徴
  • ハードワークでも結果を残したい人
  • プレッシャーに強い人
  • 語学力を仕事で活かしたい人
  • 金融の知識を勉強するのが面白い人
  • 論理的な考え方ができる人

外資系投資銀行は1人で複数の案件を担当できたり、海外企業に携われたりするのでやりがいがあります。

仕事によっては企業の利益にかかわる場合がありますので、プレッシャーに押しつぶされない精神力が必要です。

実力主義の文化が根付いていますので、常に業界知識を学びながらスキルアップしていきたい人に向いています。

外資系投資銀行に転職するメリット

外資系投資銀行に転職するメリット

外資系投資銀行に転職するメリットは、以下のとおりです。

転職するメリット
  • 給料が高い
  • 専門性を高められる
  • 海外で働ける可能性がある

外資系の企業は、個人の頑張りによって給料が決まる場合がほとんどです。成果を上げた分だけ給料にも反映される仕組みですので、モチベーション高く仕事ができます。

また、外資系投資銀行の仕事はそれぞれ役割が決まっていますので、専門的なスキルが身につきやすい環境です。

実績を上げて評価されたら、海外にある本社や支社で勤務できる可能性があります。

外資系投資銀行に転職した後のキャリアプラン

外資系投資銀行に転職した後のキャリアプラン

外資系投資銀行に転職したあとは、以下のキャリアアップが目指せます。

転職後のキャリアプラン
  • アナリスト
  • シニアアナリスト
  • アソシエイト
  • ヴァイスプレジデント(VP)
  • マネジングディレクター(MD)
  • 役員

新卒入社だとアナリストからスタートして、3年ほどでアソシエイトになります。しかし、ポストが空いていないとキャリアアップは難しいので、転職する人も多くいます。

外資系投資銀行からの転職先は、主に以下の4つです。

外資系投資銀行からの転職先
  • 同業他社
  • 資産運用関連の会社
  • コンサルティングファーム
  • 事業会社(CFOや経営企画長ポジション)

外資系投資銀行への転職希望者からよくある質問

外資系投資銀行への転職希望者からよくある質問

外資系投資銀行への転職を目指す人からの、よくある質問2点を紹介します。

よくある質問
  • 外資系投資銀行の平均年収はいくら?
  • 未経験から外資系投資銀行への転職は何歳まで可能?

外資系投資銀行の平均年収はいくら?

会社にもよりますが、以下が目安となる外資系投資銀行の平均年収です。

外資系投資銀行の平均年収目安
  • アナリスト(1~3年目):800万円~
  • アソシエイト(4~6年目):1,100万円~
  • ヴァイスプレジデント:1,500万円~
  • マネージングディレクター:2,500万円~

日系投資銀行の平均年収目安は、2~3年目で約600~800万円、30代になると約1,000万円でした。

未経験から外資系投資銀行への転職は何歳まで可能?

30代前半まで可能です。ただし、30代を過ぎたあとの未経験転職は、20代よりも採用条件が厳しい傾向にあります。

30代以降の未経験転職希望者に求められる資格と経験は、以下のとおりです。

求められる資格と経験
  • 海外MBAホルダー
  • M&Aに携わっていた経験
  • ネイティブレベルの英語力

未経験から外資系投資銀行に転職したいなら転職エージェントを活用

業務で必要な英語力や金融に関する知識、M&Aなどの業務経験があれば、未経験でも外資系投資銀行へ転職できる可能性があります。

未経験でも即戦力だとアピールしなければ、選考通過は厳しいです。

外資系投資銀行への転職を目指すならば、JACリクルートメントをおすすめします。外資系に強い優秀なコンサルタントからサポートを受けて、転職率アップにつなげましょう。

JAC Recruitment

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

\外資系企業の転職に強い/

投資銀行への転職を検討している人におすすめの記事

[投資銀行に転職したい人におすすめの記事]

外資系転職向けの記事
ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ