MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

マイケル・ペイジの評判は?リアルな口コミと体験談から利用すべきエージェントか徹底調査

マイケル・ペイジは、高収入の外資求人に強く、評判のよい転職サービスです。

登録してから内定までが非常にスピーディーなため、年収を上げたいという方は積極的に登録しておきましょう。

一方で、ハイキャリア転職と掲げているだけあり、求人内容にも特徴があります。

この記事ではマイケル・ペイジの特徴や口コミについて解説していきます。

マイケル・ペイジに登録しようか迷っている方は参考にしてください。

本記事でわかること
  • マイケル・ペイジの口コミや評判
  • マイケル・ペイジの料金体系・特徴
  • マイケル・ペイジを利用するメリット
ハイクラス転職ならビズリーチがおすすめ
  • 年収1,000万円以上の求人も豊富に揃っている!
  • プロフィールを登録するだけでスカウトをもらえる
  • 年収UP・キャリアUPを目指す方には必須のサービス!

\ 年収800万以上の求人豊富!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

マイケル・ペイジとは?

エージェント名マイケル・ペイジ
おすすめ度
4点
料金無料
求人数公開求人:5,008件
非公開求人:不明
(2022年11月11日現在)
今の求人数:公式HPを参照
対象年代20代~40代
対応エリア関東圏
オンライン面談あり
得意分野・IT
・マーケティング
・人事
・営業
・経理 など
公式HPhttps://www.michaelpage.co.jp/
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4

マイケル・ペイジはハイキャリアな求人を多く扱っており、年収700万円以上の求人が多いです。

特に外資系企業の案件が多いので、実力主義の会社へ転職できる可能性が高まります。

コンサルタントが企業側と求職者側の両方を担当しているため、スピーディーな対応ができるといった点が強みです。

マイケル・ペイジの悪い口コミ

マイケル・ペイジは時々「最悪だった」という意見も見るのですが本当でしょうか。

マイケル・ペイジは40年以上もの歴史があり、規模の大きなサービスです。したがって、さまざまな口コミがあり、なかには悪い口コミも見られます。その一部を確認していきましょう。

Review Image
Aさん
マイケルペイジとロバートウォルターズ嫌い 転職したいときにこちらの要望と全く違う仕事紹介してくる それか、音沙汰なく一切紹介してこないし 数年後に平気で電話メール来るんだよね お前のノルマ足りてねえからリーチアウトしてるだけだろ糞が 連絡してほしいときにないのに いらないときに来る

引用:Twitter

マイケル・ペイジは登録したものの返事が来ないということもあるようです。

マイケル・ペイジに限らず、ハイキャリア転職のサービスは条件が合致せず、案件がない場合音沙汰なしということはありえます。

紹介される案件がない場合、ある程度年収を上げたりスキルを磨いたりしてから再挑戦しましょう。

Review Image
Bさん
転職エージェントのマイケルペイジ、対応がめっちゃ雑で萎えるw

引用:Twitter

マイケル・ペイジでは対応が雑といった声も少なからずあります。

担当のコンサルタント次第な点もあるので、あまりにも合わないと思ったら担当者を変えてもらいましょう。

転職エージェントでは悪い口コミはある程度は仕方がありません。ただ、できるだけ悪い口コミ・評判がないエージェントを選ぶのがおすすめです。

マイケル・ペイジの良い口コミ

マイケル・ペイジの良い口コミも確認していきましょう。

Review Image
Cさん
●転職活動での気付き 僕は転職回数が多いので、大手転職エージェントは書類すら通りませんでした 英語面接がある企業に絞ってアタックした結果、自分の特技を活かせる英語面接まで何社も持ちこめました。 以下僕が今回活用したおすすめのエージェントです。 ・マイケルペイジ ・キャリアクロス

引用:Twitter

日本企業はどうしても転職回数を気にする傾向にあります。一方で外資系を取り扱うマイケル・ペイジのような場合、転職回数で足切りされることはあまりありません。

転職をキャリアアップと考えている方には嬉しいサービスです。

Review Image
Dさん
外人転職エージェントのコネクションを新規開拓したけど、結局マイケルペイジとロバートウォルターズでいいやんってなった… 求人の質もそうだけど、役員とか採用担当者とダイレクトの繋がりあったりするから、フィードバックまでのスピードが全然違うみたい。 いい会社だとスピード大事だもんなぁ…

引用:Twitter

マイケル・ペイジはコンサルタントと会社役員がつながっているため、非常にスピーディーに転職活動が進みます。

フィードバックももらえるため、万が一不採用でも改善点も分かり次のステップに進みやすいです。

Review Image
Eさん
マイケルペイジとの面談終わった。 やっぱり噂通り凄く良い案件抱えてる転職エージェントだなと思ってしまった。

引用:Twitter

マイケル・ペイジが抱えている案件は優良なものが多いです。高確率でステップアップできるので、積極的に案件を探しに行きたいです。

Review Image
Fさん
転職活動に際して自分の英語力を確かめてほしい場合は、外資系のエージェントに登録すると英語力チェックしてくれますよ。 外資系のエージェントだとマイケルペイジとかロバートウォルターズ、ヘイズ、エンワールドあたりが大手です。

引用:Twitter

マイケル・ペイジで紹介される案件は海外案件が多く、英語力も求められます。自分の英語力がどのくらいなのかを測ってもらう点でも、マイケル・ペイジはおすすめです。

マイケル・ペイジの特徴・魅力

マイケル・ペイジの特徴・魅力

マイケル・ペイジは外資系案件が多く、ハイキャリア転職サービスと言われています。

したがって、国内向けの転職サービスとは違った魅力があります。

具体的な特徴や魅力は以下の通りです。

世界36ヵ国141支店ある世界大手の転職エージェント

マイケル・ペイジは日本だけでなく、世界36ヵ国に展開しており支店も141(2022年8月時点)あります。

この規模は世界でも大手レベルなので、日本を飛び出して世界で活躍したい方にはおすすめの転職エージェントです。

14のチームがありさまざまな業種・業界に対応

マイケル・ペイジでは14のチームがあり、専門的に職種・業界を網羅しています。

以下の業種や業界に対応しており、希望する求人を見つけやすいです。

マイケル・ペイジの取り扱い職種・業界
  • 経理・財務
  • 金融
  • カスタマーサービス
  • デジタル
  • エンジニア
  • エグゼクティブサーチ
  • 医療・ヘルスケア
  • 人事
  • IT
  • 法務
  • ライフサイエンス
  • マーケティング
  • オフィスサポート
  • 購買・サプライチェーン
  • 不動産
  • 小売り
  • 営業

対応範囲がとても広いですね。

ITと経理・財務分野で最優秀賞を受賞

マイケル・ペイジはITと経理・財務分野でRecruitment International社主催の「リクルートメント・インターナショナル・アワード※」で最優秀賞を受賞しました。

※英国・中国・中東・オーストラリアなども参加している世界規模の取り組み

この賞はさまざまな分野の業界トップまたは個人をたたえられる世界的に認められた賞です。

世界的に認められているため、信頼性・実績の面からも申し分ないです。

正社員だけではなく派遣・契約社員の求人も豊富

意外かもしれませんが、マイケル・ペイジでは正社員だけでなく派遣・契約社員の求人も豊富にあります。

ひとまず派遣・契約社員から働きたいと思っている方も、安心して登録してみてください。

マイケル・ペイジを利用するメリット

マイケル・ペイジを利用するメリット

外資系案件の多いマイケル・ペイジの魅力を確認していきましょう。

日系企業の転職サービスとは一味違うものばかりです。

外資系転職のプロから的確なアドバイスがもらえる

日系企業では通用した面接対策や履歴書でも、外資系では通用しないことが多いです。

マイケル・ペイジは外資系案件をメインに取り扱っているため、コンサルタントも外資系に精通しています。

外資系転職に向けた面接の対応方法や、履歴の書き方も教えてもらえるので、積極的に活用していきましょう。

新たなステージへキャリアアップできる

外資系を受けようと考えている方は、今よりもキャリアアップをして年収を上げたりレベルの高い仕事をしたいと考えていたりするケースが多いです。

マイケル・ペイジでは、ひとつ上のステージや新たなフィールドにチャレンジしたいと思っている方に対して、業界の動向や求人の傾向など経験豊富なコンサルタントがさらにキャリアアップできるお仕事をご紹介します。

今の仕事に満足していなくて、チャレンジ精神を持った方にもおすすめです。

スピーディーな対応をしてくれる

マイケル・ペイジのコンサルタントは企業と求職者の両方を担当しているため、募集から内定までのスピードも速いです。

日系企業の転職サービスの場合、「すぐに転職したくてもスケジューリングに時間がかかる」・「面接が終わったのになかなか連絡がこない」などといった不満を持つ方も少なくありません。

マイケル・ペイジではこのように待たされるケースが少ないのも魅力の一つです。

マイケル・ペイジを利用するデメリット・注意点

マイケル・ペイジを利用するデメリット・注意点

マイケル・ペイジはメリットが大きい反面、注意すべき点やデメリットもそれなりにあります。

具体的なデメリットや注意点も確認していきましょう。

マイケル・ペイジを利用するデメリット

ほとんどが英語の求人

マイケル・ペイジでは外資系の求人案件が多く、求人の内容は英語ばかりです。そのため、条件やポジションがわかりいくいです。

英語力がないと面接で落とされると判断され、案件を紹介してもらえないケースもあります。

英語に自信がないという方は、英語の学習も進めておくと良いです。

東京以外の求人が少ない

外資系企業のほとんどは東京にあります。したがって、マイケル・ペイジでも東京での求人がほとんどです。

地元で就職したいという方には、合致する案件が少ないかもしれません。

ただ最近では外資系企業でもリモートワークが増えているため、地元からのリモートワークが可能な企業もある可能性があります。1度コンサルタントに確認してみてください。

マイケル・ペイジの利用がおすすめの人

マイケル・ペイジの利用がおすすめの人

マイケル・ペイジは人によって向き不向きがあるので、誰が登録しても転職成功するといったものではありません。

具体的には以下のような人がおすすめです。

マイケル・ペイジの利用がおすすめの人
  • 外資系企業への転職したい人
  • IT・経理・財務への転職を希望する人
  • キャリアアップ・年収アップを目指す人

日系大手企業に転職したい!って人には向かないかもしれません。

マイケル・ペイジの利用料金について

マイケル・ペイジの利用料金について

マイケル・ペイジの利用料金は他の転職サービス同様、無料です。

内定が決定した時点で報酬は企業からエージェントに支払われるためです。

キャリアコーチングサービスのように高額な費用が掛かるわけではないのでご安心ください。

マイケル・ペイジに登録してから内定までの流れ

マイケル・ペイジに登録してから内定までの流れ

マイケル・ペイジの登録から内定までの流れをざっくりと確認しておきましょう。

STEP
まずはマイケル・ペイジに登録

まずはマイケル・ペイジのトップページから登録しましょう。名前・メールアドレス・電話番号などを登録すれば登録完了です。

STEP
電話にて面談

登録後しばらくすると、マイケル・ペイジから電話がかかってきます。その後面談となるので、どのような仕事をしたいか、今までのキャリアはどうだったのかなどを伝えましょう。

STEP
職務経歴書の提出

面談後、詳細な職務経歴書もしくは履歴書を提出しましょう。これらの書類に問題があれば添削もしてもらえるので安心です。

STEP
気になる求人に応募

職務経歴書や履歴書を提出後、求人紹介を受けることとなります。気になる求人があれば応募しましょう。

STEP
面接

応募した企業にて書類選考が通れば面接を行うことになります。面接に自信がなければ面接対策を受けることもできます。

STEP
内定・退職サポート

面接に無事合格したら、内定です。現職をやめづらければ退職サポートも受けられます。


大まかな内容は他の転職サービスと変わりません。

マイケル・ペイジを上手く活用するには?

マイケル・ペイジを上手く活用するには?

マイケル・ペイジは単体で利用してもハイキャリア転職を成功させられる可能性は高いです。

しかし、以下のことに気を付けることでさらに転職成功可能性を上げられます。

マイケル・ペイジを上手く活用するコツ
  • 複数の転職エージェント・サイトに登録する
  • 積極的にサポートを受ける

マイケル・ペイジに登録したら他のエージェント・サイトに登録してはいけないという制約はありません。気になるエージェントには次々登録していきましょう。

また、せっかく登録しても受け身では良い求人に出会える可能性は低いです。良い案件を見つけたら積極的に応募してサポートを受けましょう。

\ 年収UPを目指すならビズリーチ!/

マイケル・ペイジと一緒に利用すべき転職エージェント

マイケル・ペイジと一緒に利用すべき転職エージェントとして、先ほど紹介したビズリーチ・JACリクルートメントなどがおすすめです。

また、大手転職エージェントのdoda・リクナビNEXTなども登録しておきましょう。

doda・リクナビNEXTなどはハイキャリア転職エージェントではないものの、求人数自体がかなり多いため、好条件の案件に出会える可能性が高まります!

マイケル・ペイジと一緒に利用すべき転職エージェント

それぞれの転職エージェントの違いを確認していきましょう。

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス転職向け
  • プロフィールを登録するだけでスカウトをもらえる
  • 有料プランでヘッドハンターへ相談できる

ビズリーチは、マイケル・ペイジ同様ハイクラス向け転職サイトです。2,000件以上も案件を保有しています(2022年8月14日現在)。

スカウト型の転職サービスなので、プロフィールを登録しておくだけで企業やヘッドハンターからスカウトをもらえる点が大きな特徴です。

有料プラン・無料プランに分かれていますが、無料プランでもスカウトを受けられるので、ハイクラス転職を目指したい・自身の市場価値を知りたいという人に最適です。

また、有料プランではヘッドハンターに相談できます。

非公開求人の紹介や選考対策を受けられる可能性もあるため、よりハイクラスな求人に出会い人におすすめです。

スクロールできます
Review Image
Gさん
公共事業を主に扱う企業にシステムインテグレーターとして就職後、中堅IT企業や大手人材企業のシステムマネージャーやITコンサルタントを歴任。自分の力を社会に生かしたいと思うようになり、転職を考えていたところ魅力的な企業からスカウトを受け取った。
Review Image
Iさん
「人々が熱狂し、感動を共有する」というスポーツの世界に魅了され、大学卒業から一貫してスポーツビジネス業界に携わってきた。職務経歴書をアップデートしてから約1カ月後、海外のプロサッカーチームからスカウトが届き、すぐに選考を受けることを決意。

引用:ビズリーチ

Review Image
Hさん
学生時代から大手電機メーカーの研究所で働き、卒業後は同研究所に入社。仕事は面白くても、製品は世に出るまでに10年かかることもあった。そんななか、信頼・尊敬できるヘッドハンターと出会い、ベンチャー企業へエンジニアとして転職することを決意。

\ 年収800万以上の求人豊富!/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 4年連続でオリコン顧客満足度No.1を獲得
  • ハイクラス向けの求人を多数取り扱い
  • 転職で年収アップを目指す方が年間約6万7,000人も登録

JACリクルートメントも、ハイクラスの転職に特化したサポートを行っています。

全国で25,000件もの転職案件を持っており、種類は豊富です。

実際に求人を見てみると年収600万円以上のものが多く、その中には年収1,000万円を目指せる求人もあります。

マイケル・ペイジだけでは不安という方はJACリクルートメントにも登録しておきましょう。

スクロールできます
Review Image
Lさん
担当者のサポート体制は他社(大手3社)と比べても圧倒的に非常に良かった。真摯にキャリア相談に乗って頂けたほか、面接対策なども時間を作っていただき、かつ丁寧。また職務経歴書の書き方なども、担当者の実経験に基づいた効果的な書き方など指導があった。

引用:JACリクルートメント

Review Image
Mさん
複数のコンサルタントの方々と面接がありましたが、単に仕事を変えるための転職ではなく、これまでの経験を活かしつつ今後のキャリア形成に役立つポジションを提案して頂き、コンサルタントの方々の質の高さを実感しました。他のエージェントでは、これまでの経験の枠内でのポジションの紹介がほとんどであったため、エージェントそのものの取り組み姿勢が違うと実感しました。

引用:JACリクルートメント

\ オリコン顧客満足度No1!/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

マイケル・ペイジの退会方法

マイケル・ペイジの退会方法

マイケル・ペイジの退会方法ですが、具体的には以下の2つが挙げられます。

マイケル・ペイジの退会方法
  • 担当コンサルタントに直接連絡する
  • 問い合わせフォームから連絡する

担当コンサルトに直接伝えづらい場合、問い合わせフォームから文章で伝えても問題ありません。

マイケル・ペイジに関するよくある質問

マイケル・ペイジに関するよくある質問

マイケル・ペイジに関するよくある質問は以下の3つです。

ほかの方も気になる疑問は早いうちに解消し、スムーズに転職活動が進められるようにした準備しておきましょう。

利用条件などはあるのか?

マイケル・ペイジの利用条件はありません。ただしある程度の経歴やスキルがないと案件を紹介してもらえないケースは考えられます。

経歴書やスキルについて、誇張したり嘘をついたりすると、ばれたときに紹介する案件を絞られたり、内定後に経歴偽装として解雇になったりといったリスクがあります。

また、ハイキャリア転職なので、過去の経歴で無職期間が長いなど問題があると連絡がこない場合もあります。

ハイキャリア転職を目指すものなので、それなりに高いレベル(スキル・職歴など)を求められることは覚悟しておきましょう。

内定までの期間はどのくらい?

マイケル・ペイジの内定までの期間ですが、早ければ数週間で決まります。

応募先の都合や、他に選考を受けている人がいるかどうかによっても変わるので、状況によって多少伸びることも想定しておきましょう。

3社、4社くらい登録してもいい?

マイケル・ペイジ以外の転職エージェントにも登録して問題ありません。

むしろ3社~4社くらいに登録しておいた方が、さまざまな求人を見ることができて選択肢も広がります。

時間があれば、3社~4社を目途に登録しておきましょう。

5社・6社と増やしても良いですが、その都度面談や履歴書提出などに時間がとられるため、3社~4社がベストです。

マイケル・ペイジの口コミ・評判まとめ

マイケル・ペイジはハイキャリア転職案件を多く取り扱っており、内定を獲得できれば年収アップにつながる可能性が高いです。

内定までの期間も短いことが多く、サポートも手厚いということから満足したとの声がよく見られました。

サービスは無料で登録できるので、外資系で働いてみたい、年収を上げたいという方は、ぜひ登録してみてください。

ハイクラスにはビズリーチもおすすめ
  • 年収1,000万円以上の求人も豊富に揃っている!
  • プロフィールを登録するだけでスカウトをもらえる
  • 年収UP・キャリアUPを目指す方には必須のサービス!

\ 年収800万以上の求人豊富!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ