MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

第二新卒のデロイトトーマツへの転職難易度は?有利なスキル・面接対策の方法を徹底解説

デロイトトーマツは総合系の経営コンサルタント会社で、世界四大会計事務所(BIG4)の1つであるデロイトトーマツインターナショナルのメンバー企業となっています。

コンサルティングファームへの就職・転職先として非常に高い人気を誇る一方、難易度もトップクラスです。

第二新卒からの転職を目指すなら、入念な対策が必要になります。当記事では、デロイトトーマツの選考に有利なスキルや面接対策の方法を徹底解説するので、最後まで熟読の上、参考にしてください。

本記事でわかること
  • デロイトトーマツコンサルティングの基本情報
  • デロイトトーマツに転職する際に有利なスキル・経験
  • おすすめの転職エージェント

デロイトトーマツへの転職なら、現役コンサルタントの支援実績No.1を誇るアクシスコンサルティングを利用しましょう。アクシスコンサルティングではコンサル業界出身のアドバイザーが担当してくれます。

\4人に1人が登録/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

第二新卒のデロイトトーマツへの転職難易度は?中途採用ニーズの動向

第二新卒のデロイトトーマツへの転職難易度は?中途採用ニーズの動向

デロイトトーマツはトップコンサルティングファームの1つで、基本的に難易度は非常に高いと言えます。倍率は年によってまちまちですが、新卒採用では10〜20倍にもなります。

高難度になっているのは、人気企業である上に、コンサル業務をおこなうための高度なスキル・知識が求められるためです。

ただし、トップコンサルティングファームの中でも、デロイトトーマツは第二新卒向けのポテンシャル採用に注力している側面があります。

コンサル業への意欲と適性があれば、採用される可能性はあるのでチャレンジする価値はあります。

デロイトトーマツコンサルティングの基本情報

デロイトトーマツコンサルティングの基本情報

以下では、デロイトトーマツコンサルティングの基本情報を紹介します。

デロイトトーマツコンサルティングの基本情報
  • 事業概要
  • 職種と仕事内容

転職活動の大前提として、理解を深めましょう。

事業概要

デロイトトーマツコンサルティングは、世界四大監査法人であるデロイトグループに属する企業です。

コンサルティングやファイナンシャルアドバイザリーの総合力・国際力を活かし、事業変革や業務改善の立案から実行まで一貫してサポートしています。

サービスはあらゆる組織・機能とセクターに対応しており、4,000名規模のコンサルタントが連携して世界中に最適なサービスを提供できる体制を整えています。

職種と仕事内容

デロイトトーマツの主な職種と仕事内容をまとめました。デロイトトーマツにはグループ企業がたくさんあり、各法人が専門的なサービスを提供しています。

コンサルタント・コンピテンシーサービス:クライアントの業務内容に特化したコンサル
・インダストリーサービス:クライアントの業界に特化したコンサル
公認会計士会計や経営を監督・検査する
税理士法人税のような各種税金についてのアドバイスや書類作成をおこなう
アナリスト幅広い情報を調査・分析し将来予測をおこなう
コーポレート会社機能全体のオペレーション・企画を担う

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際に有利なスキル・経験

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際に有利なスキル・経験

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際に必要な条件は、「社会人の基礎力」や「コンサルタントの適性」などです。

そのうえで、以下3つのスキルがあると有利に働きます。

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際に有利なスキル・経験
  • ビジネスレベルの英語力
  • いかなる立場の人間とも円滑にコミュニケーションできるスキル
  • コンサルファームでの業務経験

紹介するスキルを持っている人は、選考の際、積極的にアピールしましょう。

ビジネスレベルの英語力

デロイトトーマツコンサルティングは外資系企業であるので、ビジネスレベルの英語力が必要です。ただし、入社時に必須ではありません。

入社後、コンサルティング実務に特化した英語ができる必要があるので、基礎力はあった方が良いでしょう。

目安としてTOEICスコアは900点以上あると魅力的です。TOEIC以外にも、海外留学の経験など有用なものがあれば、積極的にアピールしましょう。

いかなる立場の人間とも円滑にコミュニケーションできるスキル

コンサルファーム全体に言えることですが、いかなる立場の人間とも円滑にコミュニケーションできるスキルは必須です。

クライアント(経営者・担当者)はもちろんのこと、プロジェクトチームメンバー、社内の管理部門など、コンサルがコミュニケーションする相手は多く立場はさまざまです。

都度、相手の立場を理解し適切なコミュニケーションをおこない、仕事を進めていく必要があります。面接での受け答えはもちろんのこと、自己PRではコミュニケーションスキルを活かした体験談をアピールしましょう。

コンサルファームでの業務経験

コンサルの業務経験は、デロイトトーマツに転職する上でかなり有利です。特に、新卒でコンサル業界を経験していると、面接官には魅力的に映ります。

コンサル業界の入社難易度は全体として高く、新卒であっても狭き門です。たとえ第二新卒で同業種に転職ということであっても、コンサル業界にいる時点で基礎スキルや知識などがある程度身についている証拠になります。

選考の際は、退職理由についてもポジティブに説明できるとより好印象を残せるでしょう。

第二新卒でデロイトトーマツから歓迎される人の特徴

第二新卒でデロイトトーマツから歓迎される人の特徴

第二新卒でデロイトトーマツから歓迎される人の特徴を紹介します。必須条件ではありませんが、該当スキルを持っている人は選考で非常に有利です。

デロイトトーマツから歓迎される人の特徴
  • ビジネスレベルの英語力
  • Digital/Technology領域の経験者
  • MBA

デロイトトーマツに限らずコンサルファームへの転職では、ビジネスレベルの英語力を持っていると有利です。特に、デロイトトーマツのような外資系企業では評価されます。

また、Digital/Technology領域の経験者やMBAのようなビジネス面で強いスキルを保有している人も歓迎されます。

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際の中途採用フロー

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際の中途採用フロー

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際の中途採用フローについて解説します。

STEP
書類選考

履歴書・職務経歴書の提出、書類選考、適性検査

STEP
一次面接(マネージャー)

マネージャークラスとの面接

STEP
二次面接(マネージャー or シニアマネージャー)

マネージャー、またはシニアマネージャーとの面接

STEP
三次面接(パートナー)

パートナー(最も高い役職)との面接

STEP
内定

内定後は入社時期を決め、勤務開始の準備をする

第二新卒がデロイトトーマツに転職するための選考対策

第二新卒がデロイトトーマツに転職するための選考対策

第二新卒がデロイトトーマツに転職するための選考対策について解説します。

デロイトトーマツに転職するための選考対策
  • デロイトトーマツが求める人物像をもとに自分の強みをアピールする
  • ケース面接対策として論理的思考力や課題解決スキルを磨いておく
  • コンサル業界に強いハイクラス転職エージェントに登録する

デロイトトーマツは転職難易度が高く、より入念な対策が必要です。すべて実践して、できるだけ内定率を上げましょう。

デロイトトーマツが求める人物像をもとに自分の強みをアピールする

書類選考および面接においては、デロイトトーマツが求める人物像をもとに、自分の強みをアピールしましょう。デロイトトーマツが求める人物像は、以下の通りです。

デロイトトーマツが求める人物像
  • 「日本企業を強くしたい」という熱い想いを持った人
  • グローバルなマインドセットのある人
  • 特定領域の深い専門知識がある人
  • 明確な長期的自己実現ビジョンを持つ人

上記に沿う形で自分の強みを整理し、例えば「顧客への価値提供を通じて得られるやりがいが大きい」といったようなアピールをする準備をしておきましょう。

アピール内容にはより説得力を持たせるために、具体的なエピソードを交えて伝えると、なお良いです。

ケース面接対策として論理的思考力や課題解決スキルを磨いておく

ケース面接は主にコンサル業界でおこなわれ、論理的思考力や課題解決スキルが求められます。ケース面接では応募者に特定の課題が提示され、回答までに一定の思考時間が与えられるのが特徴です。

代表的な例題としては「特定の社会問題の現状と解決方法について」や「利益を推定し拡大する方法を考える」といったものがあります。

ケース面接のお題は明確な回答がないため対策がしづらいですが、ぶっつけ本番で挑むのは無謀なのでやめましょう。勉強方法としてはケース面接対策の書籍を読む、転職エージェントに対策してもらうなどが有効です。

コンサル業界に強いハイクラス転職エージェントに登録する

デロイトトーマツの転職難易度は非常に高く、選考を受けるライバルも強力です。転職事情に詳しくない個人の対策では限界があるので、コンサル業界に特化した転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントでは転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてくれたりといったメリットがあります。

コンサル業界の転職事情に精通したプロがマンツーマンでサポートしてくれるので、内定率を上げたい人はぜひ相談してください。

あわせて読みたい
コンサル転職でおすすめの転職エージェント13選|総合系・戦略系・IT系それぞれに強い転職エージェント... 転職エージェントは独自の非公開求人を保有しており、好条件の求人探しに欠かせないサービスです。複数の転職エージェントを併用すれば、転職の選択肢はさらに広がりま...

デロイトトーマツに転職したい第二新卒の方におすすめの転職エージェント

デロイトトーマツに転職したい第二新卒の人におすすめの転職エージェントは、以下の通りです。

おすすめの転職エージェント
  • アクシスコンサルティング
  • JACリクルートメント
  • ムービン

求人があるかどうかは時期にもよりますが、その他のコンサル求人も豊富なので、幅広く見られるのが利点です。

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
アクシスコンサルティングのおすすめポイント
  • 4人に1人が登録
  • 75,000名以上の転職実績
  • キャリアアドバイザーが伴走して支援

アクシスコンサルティングは、現役コンサルタントの転職支援実勢No.1のエージェントです。20年間で75,000名以上のサポートをおこなってきました。

コンサルティング業界の転職事情に精通しており、面談や求人紹介、面接対策から入社後のフォローまで幅広くサポートしてもらえます。

非公開求人にはメガベンチャーや日系大手企業が多く、デロイトトーマツの案件がある可能性も大いにあります。

コンサル業界出身のアドバイザーが丁寧に寄り添ってくれ、適切な転職タイミングを見極めてくれます。

\4人に1人が登録/

あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判・口コミ|実際の利用者によかった点や悪かった点の体験談を聞いてみた アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化した転職エージェントです。 生涯のキャリアパートナーとして、あなたに合ったキャリアプランを提案してくれます。 本記...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントのおすすめポイント
  • 30年以上の転職支援実績
  • 45,000件以上の求人を保有
  • 求職者と企業のニーズを把握してくれる

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドル部門で顧客満足度5年連続1位を達成した転職エージェントです。30年以上のサポート実績があり、外資・グローバル企業やコンサルファームの転職に強い特徴があります。

所属するコンサルタントは各業界に精通しており、1人で求職者と企業側の話を聞く両面型のサービスを展開しています。お互いのニーズを十分理解した上で転職できるので、ミスマッチが起きにくいのがメリットです。

\30年以上の転職支援実績/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ムービン(ムービンストラテジックキャリア)

名前ムービンストラテジックキャリア
料金無料
求人数無料公開求人数:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
現在の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界コンサルティング・金融
公式HPhttps://www.movin.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
拠点東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ムービン(ムービンストラテジックキャリア)のおすすめポイント
  • 20年以上コンサル業界に特化している
  • 日系や外資系に限らず幅広い求人を保有している
  • 経営企画や事業戦略に関われる

ムービン(ムービンストラテジックキャリア)はコンサル業界の支援に特化しており、20年以上の実績がある転職エージェントです。コンサル経験のあるアドバイザーが多数在籍しており、求職者の適性を見極めて最適なアドバイスをしてくれます。

企業の求める人材も熟知しているため適切なマッチングと選考対策が可能で、高い内定率を誇ります。

また優良・ハイクラス求人を多く扱っており、年収アップを目指したい人にもおすすめです。

あわせて読みたい
ムービンストラテジックキャリアの評判はひどい?口コミからわかる向き不向きについて徹底解説 ムービンストラテジックキャリアは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。転職実績でNo.1を獲得しており、受かるための選考対策を徹底してくれます。 コンサル...

第二新卒でデロイトトーマツに転職するメリット

第二新卒でデロイトトーマツに転職するメリット

以下では第二新卒でデロイトトーマツに転職するメリットを紹介します。

第二新卒でデロイトトーマツに転職するメリット
  • OP Poolへの配属で幅広い業界の経験を積める
  • 長期的視点で社員をじっくり育てる環境で成長を目指せる
  • 年収・福利厚生の水準が向上する
  • 市場価値を高められる

メリットは多いので、自分の希望と照らし合わせて合うと思ったらぜひ転職を目指しましょう。

OP Poolへの配属で幅広い業界の経験を積める


引用:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社HP

デロイトトーマツに入社後は、最初にいずれかのOP Poolに配属されます。OP Poolでは業界をまたいで専門知識・スキルを身につけられる体制が整っているのが魅力です。

OP Poolで専門性を磨いた後は各コンサルに分かれ、複雑な経営課題に対して高度な専門性を持って対応できるようになっていきます。

幅広い業界の知見を広められることは、自分のキャリアにおいて大きな武器になるでしょう。

長期的視点で社員をじっくり育てる環境で成長を目指せる

デロイトトーマツは第二新卒も積極的に採用しており、長期的視点で社員をじっくり育てるのが魅力です。

教育体制が整っている環境で、ワークライフバランスを保ちながら自己成長を実現できます。

土日祝休み、冠婚葬祭や夏休みなど各種休みはもちろんのこと、男性でも育児休暇を取りやすいのも嬉しい点です。

デロイトトーマツに入社できれば、自分の成長を感じながら、キャリア設計を描けるでしょう。

年収・福利厚生の水準が向上する

デロイトトーマツに入社できれば、年収・福利厚生の水準が向上するのも魅力です。特に年収面では、大学卒の第二新卒の想定年収が約580万円、大学院卒では600万円を超えます。

日本の平均年収が443万円なので、1年目から大幅に超える収入を手にできるでしょう。

福利厚生は、基本的なものはもちろんのこと、保養施設利用やカフェテリアの補助も受けられるなど、充実しています。

引用:ビッグファームの経営コンサルタントへ! デロイト トーマツ コンサルティング 第二新卒 求人特集

市場価値を高められる

デロイトトーマツの研修・業務をこなすことで市場価値を高められるのも魅力です。OP Pool後は専門性に特化したユニットに配属されます。

自分の興味のある分野や業界についての専門性を身につけられるため、市場価値の向上につながります。

専門性のあるコンサルタントは転職市場で重宝されます。スキルを身につけたら、更なるキャリア・年収アップを目指して転職するも良し、会社に残って地道に上を目指すも良しです。

スキルを身につけて市場価値を上げることで、今後の人生の選択肢が大幅に増えるでしょう。

第二新卒でデロイトトーマツに転職して後悔するポイント

第二新卒でデロイトトーマツに転職して後悔するポイント

デロイトトーマツに転職して後悔する可能性もあります。以下で挙げるポイントについて自信がない人は、いま一度自己分析をして適性を見直しましょう。

転職して後悔するポイント
  • 長時間残業・激務になりやすい
  • 成果主義で大きなプレッシャーがかかる

デロイトトーマツだけでなくコンサルティングファーム全体に言えることですが、基本的にコンサル業界は激務です。デロイトトーマツの残業時間は月平均60時間程度で、日本の平均と比べてかなり多くなっています。

残業が多い代わりに収入も非常に高いですが、年収よりもプライベートを優先したい人には向いていません。

また、デロイトトーマツは成果主義で大きなプレッシャーがかかるデメリットもあります。ストレス耐性に自信がない人は、向いていないでしょう。

デロイトトーマツに転職したい第二新卒の方からよくある質問

デロイトトーマツに転職したい第二新卒の方からよくある質問

デロイトトーマツに転職したい第二新卒の方からよくある質問に回答します。

よくある質問
  • 第二新卒がデロイトトーマツに転職する際にWebテストは実施される?
  • デロイトトーマツの面接回数は?
  • 第二新卒からPWCへの転職難易度は高い?

応募する前に、疑問はできるだけ解消しておきましょう。

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際にWebテストは実施される?

第二新卒がデロイトトーマツに転職する際は、適性検査が実施されますが、ほかに特徴的なテストはありません。

差がつきにくい項目ではありますが、だからこそ落とさないよう入念に対策しましょう。なお、新卒の場合はWebテスト(TG-WEB)があります。

デロイトトーマツの面接回数は?

デロイトトーマツの面接回数は4回です。通過すれば長丁場で何度も対策しなければならないので、胆力も必要です。

また、ケース面接もあるため、合わせて対策をおこないましょう。1人で対策するのは難易度が高いので、ケース面接の対策ができる転職サービスを利用するのがおすすめです。

引用:ビッグファームの経営コンサルタントへ! デロイト トーマツ コンサルティング 第二新卒 求人特集

第二新卒からPWCへの転職難易度は高い?

同業種のPwCコンサルティングも転職難易度は高いと言えます。PwCはロンドンに本拠地を置くコンサルティングファームであり、社風や転職するメリット・デメリットはデロイトトーマツと似ています。

デロイトトーマツ同様に、転職エージェントのサポートのもとでしっかり準備すれば十分に内定の可能性はあるので、併せて検討しましょう。

第二新卒でデロイトトーマツへの転職を成功させるには転職エージェントを活用

第二新卒でデロイトトーマツの内定を勝ち取るのは狭き門ですが、じっくり対策すれば不可能ではありません。

コンサル業界で勤務したい人や、年収を上げたい人は積極的にチャレンジしましょう。

デロイトトーマツは選考回数が多く、ケース面接など特殊なものもあるので、コンサル業界に強い転職エージェントに相談するのがおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援実績No.1のアクシスコンサルティングに相談して、選考対策から内定までサポートしてもらいましょう。

\4人に1人が登録/

人気企業の第二新卒入社難易度に関する記事一覧

あわせて読みたい
第二新卒でコンサルへの転職を成功させる方法!転職が向いている人の特徴や面接時のアピール内容を解説 現在、コンサル業界は高い成長率を誇っており、第二新卒を積極採用する会社も増えています。 第二新卒でコンサル転職を目指すなら、面接官の心を惹くような志望動機や、...
あわせて読みたい
20代でハイクラス転職を目指す人におすすめの転職エージェント・サイト12選 近年、キャリアをバリバリと築いていきたい20代を中心に、若手のハイクラス転職が人気を博しています。 しかし、一般的な転職活動では誰でも応募しやすい求人が見つかり...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ