MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ヘッドハンティングは怪しい?見分け方と後悔しないための対処法を徹底解説

ヘッドハンティングは、企業から優秀な人材を引き抜く採用方法です。今では、転職サイトを経由したヘッドハンティングが広く行われています。

一方で、詐欺まがいのヘッドハンティングや、怪しいヘッドハンティング会社がいるのも事実です。

怪しい会社には注意しつつも、ヘッドハンティングをうまく活用すると、転職を有利に進められます。

本記事でわかること
  • ヘッドハンティングとは何か
  • ヘッドハンティングが怪しいと言われる理由
  • ヘッドハンティングの種類
  • 怪しいヘッドハンティングの見分け方
  • おすすめのヘッドハンティング会社TOP5

ヘッドハンティングでの転職を実現したい方は、ビズリーチへの登録がおすすめです。ビズリーチは、業界に精通したヘッドハンターからスカウトが届き、ハイクラス向けの高待遇の求人が充実しています。

\優秀なヘッドハンターが在籍/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングとは、簡単にいうと他の企業から優秀な人材の「引き抜き」です。

外資系企業だけでなく、日系企業でも一般的な採用方法の1つとなっています。ヘッドハンティング会社経由と、転職サービス経由の2種類の方法で行われています。

ヘッドハンティングはなぜ「怪しい」と言われるのか?

ヘッドハンティングはなぜ「怪しい」と言われるのか?

日本でも一般的になってきたとはいえ、ヘッドハンティングは今でも怪しいと言われる採用方法です。ヘッドハンティングはなぜ怪しいと言われるのか、2つの理由を解説します。

事例が少ないため「怪しい」と言われる

ヘッドハンティングが怪しいと言われる理由の1つは、事例の少なさです。

かつては外資系企業でよく行われていたため、一部のエリートの人たちだけが該当するというイメージを強く持たれています。

登録型のヘッドハンティングがなかった頃は、ヘッドハンティングを受けた経験がある人は非常に限られていたでしょう。

誰でもできる身近な転職方法ではなかったため、知る機会が少なく、怪しく思われるのは仕方がない面もあります。

実際に「怪しい」ヘッドハンティングが存在するから

残念ながら、怪しいヘッドハンティング会社は存在します。

ヘッドハンティングを装った詐欺まがいの会社であったり、採用以外の目的を持った会社がいたりと、その種類はさまざまです。

このような会社がいるために、ヘッドハンティング全体が怪しいと感じられているのが現状です。

怪しいヘッドハンティングのパターン、見分け方を身につけて、トラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。

怪しいヘッドハンティング会社の目的は?

怪しいヘッドハンティング会社の目的は?

なぜ怪しいヘッドハンターが存在するのか、その目的は大きく3つあります

怪しいヘッドハンティング会社の目的
  • 高額なセミナーや教材を購入させる
  • 優秀な人材の引き抜きによる現職企業への営業妨害
  • 声をかけた本人を退職させたい

本来のヘッドハンティングは「採用目的」のため、入社までの過程で金銭のやり取りは発生しません。出費しなければいけない話が出た時点で、要注意です。

営業妨害や本人の退職が目的の場合は、採用条件や自分の評価など、事前の情報収集が重要です。

ヘッドハンティングの種類

ヘッドハンティングの種類

ヘットハンディングには、「非登録型」と「登録型」の2種類あります。登録型とは、自ら登録した転職サービス経由のヘッドハンティングです。それぞれの特徴を解説します。

「非登録型」のヘッドハンティング

非登録型のヘッドハンティングには、2種類あります。

  • 指名リスト:候補者を直接指名するヘッドハンティング
  • ロングリスト:求める条件に該当する人をリストアップするヘッドハンティング

「指名リスト」でのヘッドハンティングは、代わりの候補者がいないため、「ロングリスト」より採用側の熱量が高いです。

「非登録型」のヘッドハンティングは、電話などで突然連絡がきます。

電話イメージ

××会社の△△と申します。〇〇様を求められている企業様がいらっしゃいます。一度お会いしてお話しさせていただけないでしょうか?

初回の連絡で、詳細を教えてくれることはありません。 どちらのパターンか調べるには、他に候補者がいるか質問するのが有効です。

「登録型」のヘッドハンティング

登録型のヘッドハンティングは、転職希望者が自身で登録した転職サイト経由でのスカウトです。

転職コンサルタントがヘッドハンターを名乗る場合も多く、企業の求めている人材と転職希望者をつなげます。

転職コンサルタントによる求人紹介のイメージに近く、通常通り選考が行われます。

非登録型と登録型では、ヘッドハンティングの経緯が異なる点をあらかじめ理解しておきましょう。

怪しいヘッドハンティングに要注意!見分け方・対処法について

怪しいヘッドハンティングに要注意!見分け方・対処法について

怪しいヘッドハンティングの見分け方と対処法を4つ解説します。

特に、非登録型のヘッドハンティングの場合は、慎重な判断が必要です。怪しいヘッドハンティングにだまされないよう注意しましょう。

ヘッドハンティング会社名・氏名を明かしてくれるか

連絡してきたとき、「ヘッドハンティング会社名」と「担当者」を明かさない場合は、要注意です。

最初の連絡で教えてもらえる情報は、ほぼこの2点のみだからです。依頼企業を知りたいところですが、ヘッドハンティング会社には守秘義務があり、初めのうちは明かされません。

転職意欲があるとわかった時点、もしくはヘッドハンターとの面談時にはじめて教えてもらえると考えておきましょう。

一方で、ヘッドハンティング会社名と担当者名は伏せる理由がありません。こちらから聞いても、社名と担当者名を明かさない場合には、本物のヘッドハンティング会社ではない可能性があります。

ヘッドハンティング会社のHPが存在するか

ヘッドハンティング会社名を聞き出せたら、必ず社名を検索してホームページを確認しましょう。個人のヘッドハンターの場合は、本名で運用しているSNSを探します。

本物のヘッドハンティング会社であれば、会社ホームページ内に人材事業の記載があります。

個人で事業を行っているヘッドハンターの場合は会社のホームページがないため、実名でSNSを検索し、ヘッドハンターとしての活動履歴があるか確かめましょう。

人脈作りや広報用にSNSを使っている可能性は十分考えられます。

厚生労働省の許可を受けているか

連絡をしてきたヘッドハンティング会社が、厚生労働大臣から「優良職業紹介事業」の許可を得ているか必ず確認しましょう。

職業安定法第30条第1項で、ヘッドハンティング会社や転職エージェントは、厚生労働省の許可がないと事業を行うことができないと定められているためです。

電話口やメールで聞いても回答がなく、会社名を検索して「優良職業紹介事業」の許可が見当たらない場合には、怪しい会社である可能性が高いです。

ヘッドハンティングの内容を聞く

ヘッドハンティングの依頼企業名は聞けなくとも、依頼企業がどのような会社なのか聞いてみましょう。業種や事業内容は答えてくれるはずです。

同時に、自分の経歴やスキルのどこを評価されたのか確認すると、ヘッドハンティングに対する熱量を測ることができます。

この2点をしっかり回答できない場合には、仮に本物のヘッドハンティング会社であったとしても、本当に自分が必要とされているか疑問が残ります。

ヘッドハンターの回答から、自分が候補に挙がった理由に納得できるか判断することが大切です。

ヘッドハンティングで転職するときに後悔しないためのポイント

ヘッドハンティングで転職するときに後悔しないためのポイント

転職は環境が大きく変わります。本物のヘッドハンティングであっても浮かれることなく、しっかり準備したうえで後悔しない転職を目指しましょう。

ヘッドハンティングによる転職で後悔しないための、3つのポイントを解説します。

給与や待遇などの条件をすり合わせる

入社後に後悔しないためには、給与や待遇などの条件を面接時にしっかり擦り合わせておく必要があります。ヘッドハンティングであっても、必ずしも良い条件である保証はないためです。

他に候補者がいない指名リストの方が、他のヘッドハンティングより高待遇な傾向があります。

指名リストかどうか確認したいときは、他に候補者がいるか質問してみましょう。

給与だけでなく、業務内容や役職、働き方などを面接時にしっかり確認しておくのが大切です。

内定が確定するまで退職しない

現職の退職を決めるタイミングは、内定が確定してからです。内定前に、先走って退職を決めないよう注意しましょう。

ヘッドハンティングは内定の確約ではないため、選考の過程で落ちる可能性もあります。非登録型の、指名リストでのヘッドハンティングであっても同様です。

さらに、内定が出た後でも、条件面が折り合わず辞退したいと考える可能性もあります。

面接時にすり合わせた通りの条件になっているのか、内定通知書でしっかり確認し、入社意思を固めた後で現職に退職を伝えましょう。

ヘッドハンティング型の転職サービスを併用する

高待遇での転職を目指すなら、ヘッドハンティング型の転職サービスを併用がおすすめです。スカウトの数が増え、選択肢が広ります。

また、登録型のヘッドハンティングは転職サービス経由のため会社の信頼性が高く安心です。怪しいヘッドハンティングに遭う可能性は低いでしょう。

さらに、転職エージェントの利用には、書類の添削や面接対策など「転職活動の準備も並行して進められる」というメリットがあります。

ヘッドハンティング会社のランキングTOP5

ヘッドハンティング会社のランキングTOP5

ヘッドハンティング会社のランキングTOP5を解説します。

ヘッドハンティング会社のランキングTOP5
  • ビズリーチ
  • JACリクルートメント
  • リクルートダイレクトスカウト
  • doda X
  • ミドル転職

5社すべて、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サービスです。履歴書を登録しておけば、スカウトが来るため自分で求人を探す手間を省けます。

忙しいハイクラス層の方におすすめの転職サイトです。 迷ったときには、まず登録してみましょう。

ヘッドハンティングによる転職を成功させたいならビズリーチがおすすめ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ビズリーチの特徴
  • 業界に精通したヘッドハンターに相談できる
  • ハイクラス向け転職エージェントの中で国内最大級の求人数を保有している
  • 取扱求人の3分の1以上が年収1,000万円以上である

ビズリーチは、登録するだけで企業やヘッドハンターからスカウトをもらえる転職サービスです。

転職支援実績からヘッドハンタースコアがつけられているため、スカウトしてきたヘッドハンターがどのような人か見られるのが特徴です。

ハイクラス求人の数が国内最大級で、高待遇での転職を目指す人におすすめです。

ビズリーチが厳選した企業のみが利用しているため、怪しいヘッドハンティングを排除しており、安心して利用できます。

\年収1,000万円以上の求人多数/

ヘッドハンティングされた時のマナーは?

ヘッドハンティングされた時のマナーは?

ヘッドハンティングを受けたときだけでなく、断る際も丁寧な対応が重要です。今回の求人は希望ではなかったとしても、今後いつご縁があるかわかりません。

同じ業界であれば、別の求人でヘッドハンティングを受ける可能性も大いに考えられます。

今後を見据えて断る際も丁寧に対応し、好印象を与えておくと良いでしょう。

ヘッドハンターはなぜ電話番号などの情報を知っているのか?

ヘッドハンターはなぜ電話番号などの情報を知っているのか?

ヘッドハンターが情報を入手する経路はさまざまです。主に以下のような入手経路があります。

ヘッドハンターが情報を入手する経路の例
  • ヘッドハンター同士の独自のネットワーク
  • 企業が公開している人事情報
  • 業界紙や専門誌、特許情報などからの情報
  • 同じ業界や業界に精通している人物からの情報
  • SNSなどのweb情報

あらゆる情報源を駆使して、ヘッドハンターは候補者を探しています。公開情報以外から情報を入手した場合、どこから得たのか教えてもらえない場合もあるでしょう。

どの情報源であっても、膨大な情報からあなたに候補となった事実は間違いありません。

現職で実績を残したり、人脈を広げる努力をしたりすると、ヘッドハンティングを受けられる可能性が広がります。

怪しくないヘッドハンティングで優良企業への転職を目指そう!

ヘッドハンティングは怪しいものではありません。

特に登録型は、転職サイトを経由しているため安心して利用できます。非登録型の場合は、ヘッドハンティングを装った詐欺まがいの会社である可能性があるため、しっかりと見極めることが重要です。

ビズリーチはハイクラス向けの求人を多く持っており、高待遇のヘッドハンティングを受けられます。業界に精通したヘッドハンターが、多数在籍している点も安心です。

ビズリーチに登録し、優良企業への転職を目指しましょう。

\年収1,000万円以上の求人多数/

ヘッドハンティングに興味のあるハイクラスの人におすすめの記事

ハイクラス向けの記事
ハイクラス・外資系向け転職エージェント
外資系転職向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ