MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ゴールドマンサックスに入るにはどうすればよい?求められる能力や選考対策のポイントを解説

ゴールドマンサックスは世界最高峰外資系投資銀行ですので、入社してすぐ活躍できるスキルが求められます。

選考では英語力や​​業務経験、個人の資質などがチェックされますので、企業側に伝わるよう対策が必要です。

本記事でわかること
  • ゴールドマンサックスの採用ニーズ
  • ゴールドマンサックスで求められるスキルと経験
  • ゴールドマンサックスの抽選対策

ゴールドマンサックスに入るならランスタッドがおすすめです。年間約20万人の転職支援実績がありますので、外資系ならではの転職が手に入ります。

【公式】https://www.randstad.co.jp/

\ グローバル転職に強い/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ゴールドマンサックスとは

ゴールドマンサックスとは

ゴールドマンサックスは1869年に創業された、歴史ある外資系投資銀行です。日本では、投資銀行業務やセールス&トレーディング業務がメインのサービスを行っています。

ゴールドマンサックスに入りたい人は、以下の内容を理解しておきましょう。

ゴールドマンサックスについて

事業概要

法人名ゴールドマン・サックス証券株式会社
代表取締役持田昌典
設立1983年11月
社員数約800人
日本の拠点東京支店
公式HPhttps://www.goldmansachs.com/japan/index.html

ゴールドマンサックスの本社はニューヨークにありますが、世界中でさまざまな金融サービスを提供しています。主な事業内容は以下のとおりです。

ゴールドマンサックスの事業内容
  • 投資銀行業務
  • 証券業務
  • 投資業務
  • 資産運用業務
  • 投資調査業務

世界30カ国以上に支店がありますので、世界トップクラスの投資銀行といえます。

約40,000人の社員が世界各地の企業に対してサービスを行っているため、世界経済に大きく影響を与える仕事です。世界で活躍したい人にとっては、成長できる環境が整っています。

また、実力主義の会社ですので、キャリアを積みあげた分だけ年収アップが可能です。

仕事内容と役割

ゴールドマンサックスの仕事は、部門によって異なります。詳しくは以下のとおりです。

投資銀行業務M&Aや資金調達のアドバイスをする
証券業務株式などさまざまな商品を取り扱って取引をサポートする
投資業務非上場企業に投資して事業展開の支援をする
資産運用業務金融機関や保険会社から預かったお金を金融商品に投資して運用する
投資調査業務マーケットや経済を分析してレポートを提供する

世界中の企業や金融機関が顧客になりますので、世界経済に影響を与えています。

資産運用業務に関してはグループ会社で業務が行われており、専門的な知識とスキルが豊富な人材が集まっている環境です。

他の部門にも優秀な人材が配置されていますので、質の高いサービスを提供し続けています。

各部門で満足度の高いサービスが展開されていますので、外資系投資銀行としての役割を十分に果たしていると言えます。

ゴールドマンサックスに入るにはどうすればよい?

ゴールドマンサックスに入るにはどうすればよい?

ゴールドマンサックスに入るには、以下3つを熟知しておく必要があります。

ゴールドマンサックスに入るために知っておくべきこと
  • 採用ニーズの動向
  • 求められる能力や経験
  • 選考対策のポイント

ゴールドマンサックスに入りたい気持ちが強くても、戦略がわからないままだと空回りします。

「転職は情報戦」と言われていますので、ゴールドマンサックスが求めている条件を徹底的に調べましょう。企業側の考えにもとづいて対策を行えば、転職成功につながります。

あわせて読みたい
外資系投資銀行への転職を成功させるポイント!必要なスキルや中途採用フローを解説 外資系投資銀行は転職難易度が高いです。前職での実績はもちろん、書類・面接すべてにおいて、ハイレベルを求められます。 難易度の高い外資系投資銀行へ転職をするなら...

ゴールドマンサックスの採用ニーズの動向

ゴールドマンサックスの採用ニーズの動向

ゴールドマンサックスは新卒採用を行っていますが、中途採用も随時募集しています。

業務経験が重視されますので、メガバンクや大手証券会社、外資系金融機関で実績をあげた人は優遇されやすいです。

求められている資格は明確になっていませんが、MBAを保有していれば経営のプロであるとアピールできます。

また、ゴールドマンサックスの求人は、一般の求人サイトには載っていません。

ゴールドマンサックスに入るために求められる能力・経験

ゴールドマンサックスに入るために求められる能力・経験

ゴールドマンサックスへ入るには、主に6つの能力と経験が求められます。以下をご覧ください。

チャレンジ精神・行動力・洞察力

ゴールドマンサックスの経営理念の中に「人材の多様化」があります。具体的にいうと、今までの経験や年齢、性別に関係なく、優秀な人材を確保して育成するといった考えです。

実際に社員の国籍は100を超えており、女性のリーダーも多くいます。

さまざまな考えが集まる環境でも、常にチャレンジして実績をあげられる人こそ、ゴールドマンサックスが求めている人材です。

また、仕事では起業家と関わる機会が多く、円滑に仕事を進めるためには起業家マインドや物事の本質をとらえる力が必要です。

グローバルな環境で成果を上げるためには、チャレンジ精神・行動力・洞察力が必要だと企業側は考えています。

ビジネスレベルの英会話・英文作成スキル

ゴールドマンサックスで働くには、ビジネスレベルの英語力が必須です。クライアントや同僚、上司との会話は英語が基本ですので、英語力がない状態だと話になりません。

また、メールのやりとりや送られてくる資料も英語が多いため、読み書き能力も必要です。目安ではありますがTOEICは750点以上なければ、英語力がないと判断される場合があります。

英語力を選考でアピールするためにも、エントリーシートの自己PR欄は英語で書きましょう。

顧客の利益を最優先に考える姿勢

ゴールドマンサックスの仕事の中でも投資銀行部門と証券部門に求められるのは、顧客の利益を最優先に考える姿勢です。

顧客に対しては一流のアドバイザーでなければいけないと、企業側は考えています。利益を増やすための行動や助言が一切ない状態だと、顧客からの信頼は得られません。

顧客の利益を最優先に考えるには、以下の能力が必要です。

顧客の利益を最優先に考えるために必要な能力
  • 潜在的なニーズを汲み取るコミュニケーション力や想像力
  • ニーズを商品化できる想像力
  • 頭の回転の速さ

顧客の思いを大事にしているからこそ、業界最高のサービスが提供できています。

与えられた役割や同僚と誠実に向き合う姿勢

ゴールドマンサックスの仕事すべてにおいて、与えられた役割や同僚と誠実に向き合う姿勢が求められます。

チームワークで動く場合は、円滑に仕事が進められるように状況を把握する力が必要です。

以下のような姿勢がある人は、良い印象を持ってもらえる可能性があります。

良い印象を持ってもらえる誠実な姿勢の例
  • 指摘されても常に自分を見つめ直して改善を図れる
  • 周りの気持ちを感じ取れる
  • グループの輪に溶け込めるよう努力できる

仕事にも同僚にも誠実な姿勢を持ち続けていれば、相手を思いやる行動が自然とできるはずです。

応募部門・職種で生かせる業務経験

中途採用でゴールドマンサックスに入る場合は、応募した部門で活かせる業務経験が必要です。新しい環境でも業務経験があれば、すぐ仕事を覚えられます。

投資銀行業務では企業の買収や合併に対してアドバイスしますので、M&Aにまつわる業務経験があると有利です。

株式や債券などの金融サービスを取り扱った経験があれば、証券業務で活かせます。

他の部門に関しても活かせる業務経験があれば、積極的にアピールして通過率をあげましょう。

結果を出すためにコミットする力

ゴールドマンサックスは忙しくても、結果を出すために努力できる人が求められます。

ネットでは「激務」と言われているだけあって、残業は多い印象です。激務と言われている理由は、以下のとおりです。

激務と言われている理由
  • 提案資料の作成に時間がかかる
  • 海外の時間に合わせなければいけない時がある
  • 業務量が追いつかない場合がある

現在は働き方改革が進んだ影響で、昔よりも労働環境は改善されています。ただ、忙しさが完全になくなったわけではありません。忙しい日々が続いても、結果にコミットし続ける力が必要です。

ゴールドマンサックスに入るための選考対策

ゴールドマンサックスに入るための選考対策

ゴールドマンサックスに入るためには、選考対策を十分に行う必要があります。対策内容は以下のとおりです。

適性と志望動機を中心に自己PRを考える

自己PRは以下の点が伝わるように、準備しましょう。

自己PRのポイント
  • 求められるスキルや経験が備わっている
  • 志望動機が高い

スキルや経験を伝える場合は、具体的なエピソードを交えると説得力が増します。企業側にスキルや経験が伝わるかどうかを、常に考えるのが大事です。

また志望動機を伝える場合は、以下の点に答えられるようにすると、入社意欲が伝わります。

志望動機を伝えるときに考えられる質問
  • なぜゴールドマンサックスなのか
  • 外資系がいいのはなぜか
  • 投資銀行で働きたい理由はなにか

自己分析と企業研究を行うと、伝えたい内容が明確になります。

面接の傾向を把握し投資・金融分野の質問にスムーズに回答する準備をしておく

ゴールドマンサックスの面接はさまざまな内容が出題されますので、傾向を理解して準備しましょう。

投資や金融に関する質問は多いので、うまく回答できないと「勉強が足りない」とみなされてしまう可能性があります。

また、面接では投資・金融以外の質問もあり、以下のような質問が過去に出題されました。

過去に合った投資や金融以外の質問
  • あなたが一番面白いと思ったビジネスアイデアはなにか
  • クライアントにとって有益ではない取引でも、会社にとって利益があると判断した際どうするか
  • 重要なクライアントにごまかせるレベルの不正を強要されたらどうするか

質問内容は幅広いですが、できるだけ回答できるように準備しておけば面接に自信が持てます。

外資系投資銀行に強い転職エージェントに登録する

ゴールドマンサックスへ入るには、業界特化の転職エージェントを使いましょう。転職エージェントを選ぶ基準は、以下のとおりです。

転職エージェントを選ぶ基準
  • 外資系に強い
  • ハイクラス求人がある

ゴールドマンサックスは転職難易度が高いからこそ、専門的な対策とアドバイスが必要です。

転職エージェントは転職相談ができるだけでなく、登録するだけで非公開求人をチェックできます。業界に特化した書類添削や面接対策を行ってもらえますので、質の高い対策が可能です。

一人では知り得なかった情報がゲットできる場合もありますので、使って損はありません。

あわせて読みたい
外資系転職でおすすめの転職エージェント一覧を公開|20代・30代・40代と年代別にも解説 本記事でわかること 外資系転職を成功させるための転職エージェントの選び方 外資系転職におすすめの転職エージェント 外資系希望の方が絶対転職エージェントを登録すべ...
あわせて読みたい
ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント20選|年代別のおすすめサービスや利用のポイントを徹底解説 一般向け転職エージェントで高年収の求人案件を探すのは困難です。取り扱い件数が少ないうえに、なかなか公開されるものではありません。 そのため、総合型の転職エージ...

ゴールドマンサックスに入りたい人におすすめの転職エージェント

ゴールドマンサックスへ入りたい人におすすめの転職エージェントは、以下の2つです。

おすすめの転職エージェント

他の外資系投資銀行や、ハイクラスの優良求人も扱っています。

ランスタッド

名前ランスタッド
料金無料
求人数公開求人:2,500件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界外資系企業に特化
公式HPhttps://www.randstad.co.jp/
詳細を見る
運営会社名ランスタッド株式会社
拠点東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート21F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス
    求人
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ランスタッドの特徴
  • 外資系に強みあり
  • 世界中で年間約20万人もの転職サポート実績あり
  • 年収3,000万円を超えるハイクラス求人あり

ランスタッドは世界最大級の転職エージェントです。世界では39の国と地域で活動している転職エージェントですので、日本では見られない求人が多数あります。

日本以外の転職ノウハウが豊富にあるため、英語力を活かしてグローバルな働き方がしたい人におすすめです。

また、コンサルタントは業界ごとに別れていますので、より専門的なアドバイスがもらえます。応募書類の添削や面接対策も行ってもらえますので、心強い存在となるはずです。

非公開求人は全体の80%を占めていますので、一人で求人サイトを見ていては知り得なかった求人と出会える可能性があります。

ランスタッドはグローバル案件豊富で良いと思います。私も今の外資の会社はランスタッドからお声をかけていただき、入りました😀

— まみぱふ。 (@pafuotasu) August 2, 2019

ランスタッドはLinkedin経由で使ってみたけど、確かにユニークな求人を沢山持ってきてくれて(担当により差はあると思うけど)とても印象が良かった。本当に外資系には強い印象。特に欧州系。 https://t.co/qqyuVIRxyQ

— Emu (@EmuEmuue) December 13, 2022

\ 世界で転職支援実績あり/

あわせて読みたい
ランスタッドの評判・口コミは?特徴やメリット・デメリットを詳しく解説 ランスタッドは世界中に拠点を構えており、グローバル転職を強みとしている転職エージェントです。 また正社員以外にも派遣や単発など幅広い案件を取り扱っており、ライ...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス
    求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • ハイクラスに特化した転職サイト
  • 企業やヘッドハンターからスカウトが届く仕組み
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上

ビズリーチはハイクラス向けで、高年収な求人と出会える可能性がある転職サイトです。

必要事項を入力すると優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが届きますので、わざわざ求人を探して応募する必要はありません。

22,300社が登録しており、他ではチェックできない求人が見つかる場合があります。外資系の求人は2,910件でしたが、年収は800万円以上を超えるものばかりでした。(2023年3月17日現在)

英語力や金融業での経験が活かせる求人が多くありますので、ハイクラスの転職を成功させたい人におすすめです。

Review Image
しろみさん
外資系の経理財務の仕事を求めてビズリーチに登録をしました。 コンサルタントは外国人であったため、かなり細かい部分まで詳細にメールにてやり取りをしました。
Review Image
さりなさん
転職自体は初めてではなかったですし、私自身エージェントを使っての転職は経験したことがあったのですが、とても親切なサービスだと感じました。 エージェント特有のゴリゴリ押し付けてくる感じはあまり感じなかったので自分の希望に沿った提案を行っていただけました

引用:BEST WORKみん評

\ハイクラスに特化している/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

ゴールドマンサックスに入りたい人からよくある質問

ゴールドマンサックスに入りたい人からよくある質問

ゴールドマンサックスに入りたい人が思う、よくある質問3つを紹介します。

ゴールドマンサックスに入るには学歴が必要?

新卒採用では学歴が選考ポイントになりますが、中途採用は持っている能力や業務経験が重視される傾向にあります。

学歴や業務経験だけではなく、個人の資質やコミュニケーション力、英語力なども選考基準の1つです。

上記の能力を兼ね備えている人材は限られていますので、選考ハードルが非常に高いと考えられます。

ゴールドマンサックスの平均年収は?

以下が、ゴールドマンサックスの平均年収一覧です。

入社1~3年目
(アナリスト)
約800~1,500万円(フロントオフィス)
約600~900万円(バックオフィス)
入社4~6年目
(アナリスト)
約1,500~3,000万円(フロントオフィス)
約900~1,500万円(バックオフィス)
入社7年目以降
(ヴァイス
プレジデント)
約2,000万円~(フロントオフィス)
約1,500~2,500万円(バックオフィス)
実力次第
(マネージング・
ディレクター)
約5,000万円~数億円(フロントオフィス)
約3,000~5,000万円(バックオフィス)

ゴールドマンサックスは、入社当初から高年収です。厚生労働省によると金融業の初任給(大学卒)は207.3万円でしたので、3倍以上の年収がもらえます。

実力主義な会社ですので、成果を上げた分だけ年収アップが可能です。

ゴールドマンサックスは激務と言われているのか?

部門によって異なりますが、特に投資銀行業務は残業時間が多い傾向にあります。顧客が世界中の金融機関や個人投資家ですので、深夜に打ち合わせが始まる場合があるからです。

クライアントへの提案資料の作成にも時間がかかりますので、激務な印象があります。

ただ、他の部門や繁忙期以外は、休みがとりやすい環境にあるようです。

ゴールドマンサックスに入るには転職エージェントを活用

ゴールドマンサックスに入るには、採用ニーズと求められる能力・経験を理解しておく必要があります。

また、かなり難易度が高いので選考対策をしっかりと行う必要があります。そのため、転職エージェントを利用して選考対策のサポートをしてもらいましょう。

ゴールドマンサックスへの転職を目指すなら、ランスタッドをおすすめします。ゴールドマンサックス以外のハイクラウ向け求人も多数あるので、まずは無料相談からはじめましょう!

【公式】https://www.randstad.co.jp/

\ グローバル転職に強い/

あわせて読みたい
未経験から外資系投資銀行への転職は難しい?求められる能力、転職を成功させる方法を解説 外資系投資銀行は経験の有無にかかわらず、即戦力人材を求めています。選考にはライバルが多くいますので、魅力的な人材に見えるよう対策やスキルアップが必要です。 本...
あわせて読みたい
投資銀行(IBD)業界に強い転職エージェント・サイト10選 | 転職相談ができるサービスも紹介 投資銀行業界へ転職するなら、求人数・投資銀行への転職実績が豊富な転職エージェントを利用すべきです。投資銀行といっても日系・外資系で特色や選考対策も異なるため...
あわせて読みたい
未経験で投資銀行へ転職するのは難しい?外資系・日系投資銀行へ転職を成功させるためには 投資銀行は、平均年収が高く魅力的な仕事で、未経験から投資銀行に転職したいと考える方は多いです。 一方、投資銀行の銀行員に求められる知識量は多いため、資金調達や...
外資系転職向けの記事
ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ