MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職して3ヶ月で限界を感じている人へ。会社を辞めて再転職できる?退職前に考えるべき3つのこと

転職して3ヶ月で会社を辞めてしまう人は、結構多くいます。「試用期間」はそのためにありますし、会社があなたを見極めるのと同時に、あなたも会社を見極める期間なのです。

3ヶ月で辞めたからといって、それで人生終わりになるわけではありません。むしろ、あなたは今「辞めたい」と感じているのですから、辞めることで心は晴れて楽になるでしょう。

逆に、無理して働き続けたとしても、最悪の場合「うつ病」になって退職に追い込まれてしまうリスクもあります。

一度精神的な病気になると、社会復帰するまでに数年間を要しますし、完全に元通り元気になることは難しい病気です。

あなたが我慢して限界を超えてしまう前に、マイナビエージェントに相談してみてください。

\キャリア相談から内定までサポート /

>>早期退職者向けの転職エージェントを見る

あわせて読みたい
短期離職者におすすめの転職エージェント7選!利用時のポイントや転職成功の秘訣も解説 本記事でわかること 短期離職者が転職エージェントを利用すべき理由 短期離職者が転職エージェントを使うときのポイント 短期離職者は転職市場で不利になりにくいケース...
AIの要約を見る

転職後の最初の3ヶ月は、新しい職場での適応期間であり、多くの人がストレスを感じる時期です。仕事に慣れるまでミスが増え、雰囲気に馴染めないこともあります。

dodaの調査によれば、転職直後にストレスを感じた人は80.7%にも上ります。特に、仕事に追いつけない感覚や人間関係の構築が難しい場合、ストレスは一層増加します。しかし、この時期のストレスは一般的であり、冷静になって考えることが重要です。

転職エージェントに相談することも一つの手段です。法的には3ヶ月以内の退職に問題はなく、転職エージェントを活用すれば退職理由の伝え方の方法や選考対策を行うことができます。

>>おすすめの転職エージェントを見る

気になる見出しをタップ

転職後3ヶ月の壁があり慣れるまでに一番大変な時期

転職後の3ヶ月間は一番大変な時期

転職してから3ヶ月目までの期間は一番大変な時期です。新しい職場で心機一転頑張って働いていこうと思っていても上手くいかないことのほうが多く、ストレスがたまってしまいます。

しかし、転職後にストレスを感じることは当然です。現に、dodaが転職直後(1~3ヶ月程度)に受けるストレスについて調査をしたところ、80.7%の人が「ストレスがあった」と答えています。

引用:転職“3ヶ月の壁”を乗り越えるには? 転職後に感じるストレスと効果的な解消・克服法 |転職ならdoda(デューダ)

慣れるまでは絶対にミスをしてしまうし、雰囲気についていけないと感じることも多く、ストレスを感じても仕方ないでしょう。

もし3ヶ月で辞めてしまいたい思っているのであれば「自分だけでなく、みんなストレスを感じているものかもしれない」と、冷静に自分と転職後の仕事について考えてみてもいいでしょう。

考えてみても転職先に馴染めず苦しい状況が続くなら、まず転職エージェントに相談してみましょう。

\続けられる自信がないなら今すぐ転職!/

あわせて読みたい
仕事が続かないのは甘え?どこも仕事が続かない人におすすめの対処方法 仕事が続かないと、「社会に適合できていないのでは?」と不安を覚える人もいるでしょう。 仕事が続かない原因は人によってさまざまですが、どのような理由でも「クズ」...

転職3ヶ月で転職を検討した方がいい人の特徴

下記に当てはまる人は転職を検討したほうがよいです。

上記の特徴に当てはまる人は、このまま同じように働くとうつ病や適応障害などの精神的な病気になってしまう恐れがあります。

仕事についていけない

転職後は新しい業務に携わる機会も多く、仕事についていけないことが原因で会社を辞めたくなる場合があります。

転職後は業務内容だけでなく、社内のルールや上司・同僚の名前など、覚えることが山積みになるため、仕事についていけないことは当たり前です。

マイナビ学生の窓口フレッシャーズの調査によると、新人が仕事に慣れるまでに必要だと言われている期間は平均で1.6年です。
(出典:マイナビ学生の窓口フレッシャーズ「新人は戦力になるのにどれくらい? 社会人に聞いた後輩の成長速度は「平均1.6年」その理由は?」

転職した方の場合は仕事に慣れるまでに1.6年もかかりませんが、6ヶ月程度の時間は最低限必要になります。

人間関係が上手くいかない

人間関係が上手くいかない場合も、転職後3ヶ月で仕事を辞めたくなる原因になります。

職場は、1日のうち3分の1以上の時間を過ごす場所です。職場で人間関係が上手く構築できないと、自分では気づかないうちにストレスがかかります。

入社前とのギャップがひどい

転職して3ヶ月で会社を辞めたくなる理由として、入社前とのギャップがひどいことも挙げられます。

たとえば、求人情報には「1ヶ月あたりの残業は10時間未満」と記載されていたにもかかわらず、実際の職場では残業を毎日1時間以上することが当たり前だった場合は、ギャップを理由に辞めたくなるのも仕方ありません。

ほかにも、聞いていた社風・業務内容と異なる場合も、入社前とのギャップが生じる原因となります。

入社前とのギャップは、「慣れる」もしくは「職場を変える」の方法でしか解決できません。

>>転職後に思ったのと違うと感じる理由と対処法

上司に詰められすぎて限界

上司に詰められすぎて限界を感じている場合も、転職して3ヶ月足らずで会社を辞めたくなる原因になります。転職してから3ヶ月程度の時期は、周囲に質問しながら業務をこなせる段階です。

転職してから3ヶ月程度のタイミングで「まだ一人で仕事ができないのか?」「周囲よりもノルマがこなせていない」など、上司から詰められる会社は、ブラック企業の可能性があります。

上司の詰めから離れたいのであれば、部署移動するか上司を変えてもらうか転職するかになります。部署移動したとしても前の上司と会う可能性がありますし、会社自体に詰めの文化があれば次の上司も嫌になる可能性はあります。

そのため、どうしても上司から離れたければ転職エージェントに相談してホワイトな企業へ転職しましょう。

\まずは気軽に相談! /

転職して3か月で会社を辞めても再転職できる?

【結論】転職して3か月で会社を辞めても再転職できる

結論、転職して3か月で会社を辞めても再転職できます。

たしかに「またすぐ辞めるのではないか」「嫌なことがあったらすぐに逃げ出すのではないか」と思われる可能性があります。そのため、3ヶ月での退職は、転職する上でデメリットになるかもしれません。3カ月という短い期間は、どうしても採用担当者が気にします。

ただ、印象は伝え方などによって挽回できます。自分以外の人や状況に責任があるような言い方をせず、退職を通じて得たことなどを話し、ポジティブな退職であったことを伝えましょう。

転職したばかりでの再転職を成功させた人も多くいるため、まずは転職エージェントに登録して相談からしてみましょう!

\見切りをつけるなら今! /

早期退職したら転職できないのか、と不安に思っている方に向けて下記記事では「早期退職したときの再就職の状況」について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
早期退職したら再就職できない?早期退職のメリット・再就職を成功させる方法を解説 本記事でわかること 早期退職した場合の再就職の難易度 早期退職のメリット・デメリット 早期退職者におすすめの転職エージェント 「早期退職すると次の転職先探しが難...
あわせて読みたい
短期離職すると転職が決まらない?短期離職するリスクと転職を成功させる対処法を解説 本記事でわかること 短期離職をすると転職が決まらないと言われる理由 短期離職して転職先が決まらない場合の対処法 短期離職してもスムーズに転職が決まる人の特徴 前...

3ヶ月以内の退職、法的には問題ない

3ヶ月以内の退職、法的には問題ない

3ヶ月以内に退職し転職することは、法的には問題ありません。「退職するまで〇年働かなくてはいけない」などといった法律がないためです。

マイナスな点を埋めるために転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用すれば、3ヶ月で辞めた理由をどのように伝えるかやどのように志望理由を伝えるかなどの選考対策を受けられます。

\3ヶ月でやめても大丈夫! /

あわせて読みたい
転職一年目が辛いのは当然?辛いときの対処方法や転職を考えたほうがいい職場の特徴を紹介 転職してから1年目は、辛くなる方が多いです。そのうえ、また転職したくなっている方も少なくありません。 そこで転職1年目で辛いと感じる理由と対処法、転職を考えた方...

転職後3ヶ月で会社を辞める前に考えておくべきこと

転職後3ヶ月で会社を辞める前に考えておくべき4つのこと

転職して3ヶ月で退職する前に考えておいたほうがいい4つのことがあります。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

あわせて読みたい
試用期間中に退職したい人必見!後悔する人の割合や退職前に考えておくべきことを徹底解説 キャリアクラスが転職後1年以内に退職した方を対象にした調査によると、95%以上が早期退職したことに後悔していない結果でした。 試用期間中に見切りをつけて、次の職...

今の会社の就業規則を確認する

今の会社の就業規則は、会社を辞める前に確認しておくべきです。

特に派遣や契約社員として働いている方は就業規則の確認は必須です。ほとんどの場合、派遣社員や契約社員の方は、契約期間内に退職する事を法律においても禁止しています。

正社員の方が退職するにあたっても、法律上は退職したい日の14日前までに退職する意向を伝えれば退職できるのですが、就業規則上では1ヶ月前までに退職の旨を伝えなさい、と規定している企業もあります。

就業規則を確認しておかないと、いざ退職したいと考えた時に、思うようなタイミングで退職ができなかったり、最悪の場合損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。

転職先を見つけてから退職できないかを考える

3ヶ月で会社を辞めてしまうと、次の再就職が厳しいものになるのは間違いありません。

したがって、できることなら転職先を確保してから退職することをおすすめします。

在職中に転職先が見つかれば、経済的な心配もありませんし、精神的な余裕も生まれるはずです。

転職先をいち早く見つけるなら転職エージェントに相談しましょう

\3ヶ月でも転職可能 /

>>40代以上の方におすすめのエージェントはこちら

あわせて読みたい
転職活動は在職中がおすすめ!メリット・デメリットを詳しく解説 本記事でわかること 在職中に転職活動を進めるメリット 在職中に転職活動をするときの流れ おすすめの転職エージェント・サイト 「在職中に転職活動をした方がいいのか...

転職3ヶ月でも限界なら転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントを活用しよう

あなたが次こそ転職を成功させたいなら、信頼できる転職エージェントを活用しましょう

20代ならマイナビエージェント、30代〜40代ならdodaに登録しておけば間違いありません!

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
マイナビエージェントの特徴
  • 早期退職者の転職を徹底サポート
  • 社風や社員の雰囲気などの企業情報を提供
  • 応募書類の添削で通過率アップ

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーが徹底サポートしてくれる転職エージェントです。キャリアアドバイザーに頼れば、早期退職者であっても問題なく転職成功します。マイナビエージェントを利用すれば、転職して3ヶ月で会社を辞めても再転職可能です。

例えば、キャリアアドバイザーが応募書類の添削をすれば選考通過率がアップします。また、転職先が見つけられない方は求人を紹介してもらいましょう。理想の働き方や給与を伝えるだけで、キャリアアドバイザーがぴったりの求人を見つけてくれます。

社風や社員の雰囲気などが合わなくて早期退職してしまった方は、企業担当アドバイザーの情報を利用しましょう。企業担当アドバイザーは、求人票には載っていないリアルな企業情報を教えてくれます。

キャリアアドバイザーと企業担当アドバイザーとの二人三脚で転職を成功させましょう。

\アドバイザーが徹底サポート! /

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
dodaの特徴
  • 大手・優良企業の求人多数保有
  • スカウトサービスで効率的に転職
  • 応募書類や面接対策のサポート

dodaは、大手・優良企業の求人を多数保有している転職エージェントです。全業界・全業種の求人の紹介ができます。自分で求人を探す時間がない方は、求人紹介とスカウトサービスを利用しましょう。

スカウトサービスでは、企業から直接オファーを受け取れます。中には必ず面接を受けられる面接確約オファーやプレミアムオファーがあるため、必ず利用すべきです。自分で求人を探すよりも、スキル・経験に合った求人が見つかりやすくなります。

dodaは、求人応募後のサポートも丁寧です。応募書類や面接対策のサポートはもちろん、面接日程の調整や給与交渉などの代行が可能です。転職して3ヶ月で会社を辞めて不安な方は、サポートが手厚いdodaで転職活動を始めましょう。

\平均2〜3ヶ月で転職成功! /

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイント

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイント

退職するにあたってポイントを押さえておかないと、会社に残る人から白い目で見られたり、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

3ヶ月以内でも円満に退職するための以下のポイントについて、解説していきます。

円満退社するために、退職を決めた時からぜひ意識しておきましょう。

業務の引き継ぎもきちんと行う

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイントの1つ目は、メールや電話でなく直接口頭で伝えることです。

退職の意志を伝えることは、伝えるあなたにとっても大切である一方、聞く側である上司の方にも大切なことです。そんな大切なことを、メールや電話だけで一方的に伝えられたとしたら、上司はどのように思うでしょうか?

おそらく、

  • 「なんでこんな大切なことをメールや電話だけで済まそうとするの?」
  • 「礼儀がなっていない」
  • 「あいつは逃げ出した」

などと、怒りの感情も生まれますし、あなたに対して良いイメージは持ちませんよね。3ヶ月という短い期間ではありますが、仕事を教えてくれたり、お世話になった部分もあるかと思います。

なるべく直接退職の旨は伝えるようにしましょう

>>退職を直接伝えたくない方はこちら

前向きな理由を伝える

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイントの2つ目は、前向きな理由を伝えることです。

今の職場を辞める際に、本当の理由は今の職場への不満だったとしても、退職理由を前向きに伝えるようにしましょう。

退職理由を今の職場への不満として伝えてしまうと、

  • 上司や周囲の方から反感を買う
  • 今の職場の不満点を改善するから残ってほしい

のリアクションを取られてしまう可能性があり、余計に退職しづらくなります

そのため、円満に退職するためには、

  • 職場の人たちにお世話になり、感謝している
  • 本当にやりたい仕事が見つかり、挑戦したい
  • 今の職場で学んだことを、次の職場でも活かして活躍したい

などを伝えてください。

最後の最後に印象をわざわざ下げる必要はありません。お互いが気持ちよく別れられるように、事が円滑に運ぶ行動を意識しましょう。

あわせて読みたい
円満退職するにはどうすればいい?「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」を紹介 本記事でわかること おすすめの退職理由と伝え方の例 円満退職できない悪い例 スムーズに転職する方法 会社を辞める際は、どんな理由であれ円満退職を目指すことが重要...
あわせて読みたい
引き止められない退職理由を紹介!上司からの引き止め対処法も解説 本記事でわかること 上司が退職を引き止める理由について 会社が上司から引き止められない退職理由 退職を伝えて引き止められたときの注意点 「勤めてみたら自分が考え...

業務の引き継ぎをきちんとする

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイントの3つ目は、業務の引継ぎをきちんとすることです。

業務の引継ぎをきちんとしておかないと、あなたの業務の後任担当の方が何をすればいいのかわからなくなり、業務に支障が出てしまいます。

あわせて読みたい
【すっきり退職】退職日までの気まずい辛い期間の上手な過ごし方と引き継ぎのコツ 本記事でわかること 退職日までモチベーションを保つ方法 退職日までの上手な過ごし方 スムーズな引き継ぎのコツ 退職日までの辛い期間を乗り越える8つの方法 上司に退...
あわせて読みたい
引き継ぎしないで会社を辞めたい人におすすめの方法を紹介|引き継ぎをしないで辞めてもいい理由も解説 退職したいけど引き継ぎ業務などをやりたいくないという方もいると思います。たしかに、辞めると伝えてから険悪な雰囲気になって引き継ぎの業務なんてしたくありません...

転職して3ヶ月で辞めるときの伝え方

転職して3ヶ月で辞めるときには、以下のポイントを押さえて退職の意志を伝えましょう。

就業規則を確認して退社日を伝える

会社に退職の意志を伝える際には、まず就業規則を確認してみてください。

退職する際には、退職日の2週間前までに退職の意志を示すのが一般的です。ただし、多くの企業では就業規則に「退職者は◯◯日前までに退職を申し出ること」などと記載されています。

企業によっては、2週間よりも前に退職の意志を示すように記されているので注意が必要です。

社会人としてのルールを守るために、まずは就業規則を確認しておきましょう。

まずは直属の上司に伝える

企業に退職の意志を伝える際には、まず直属の上司に伝える必要があります。

ここでは直属の上司を飛ばして、さらに上の上司に伝えるのはNGです。上司が部下から信頼されていないと評価される場合があり、結果的に上司と揉める原因を作ってしまいます。

また、上司に伝える際には「辞めたいと思っています」ではなく、「◯月◯日に退職します」と断定的に伝えることが大切です。

退職する意志が強いのであれば、引き止める余地を与えないようにしましょう。

転職後3ヶ月でやめた方の体験談インタビュー

キャリアクラス編集部では転職後3ヶ月で離職した小倉さん(仮名)にインタビューを実施し、どのように離職したかを伺いました。

キャリアクラス編集部

転職3ヶ月で辞めるというのは、単純に気まずいかなと思ってしまいますが、どのように離職理由を伝えましたか?

小倉さん(仮名)

私は職場には申し訳ないですが、嘘の理由で辞めました。親の介護のために実家に戻らなければいけないっていう理由です。

転職3ヶ月で、何かしらの理由で辞めるのはやはり言い出しづらいので「辞めるのはしょうがない」という理由を申し出ました。

キャリアクラス編集部

上記のような理由だと、近辺で仕事しにくかったり、同業界への転職は難しそうですね?

小倉さん(仮名)

その通りです。業界業種は選ぶかもしれませんね。

自分自身はそんななかでも同業界へ転職しましたが、まあ、なんとでもなるだろうと思ってたのと、バレてもその人とは関わりはなくなるし…という「なんとかなる精神」で決行しました。

キャリアクラス編集部

退職までの期間はどのように過ごしましたか?また、気まずくなかったですか?

小倉さん(仮名)

気まずいは気まずいですけど、どんな理由であれ転職後3ヶ月で「退職」するのは気まずいので、しょうがないです。

何だかんだ2週間で退職はできたので、10日間耐えれば問題なというか。辛い職場で今後何年も経験するより、10日の気まずい期間を過ごすほうがマシでしたね。

3ヶ月の在籍だったので特に引き継ぎ事項もなく、残ったタスクを消化して終了、という感じでした。

退職代行を使う手も考えましたが、同業界への転職を考えたり、前回の転職で退職期間中の気まずさレベルを知っていたので利用しませんでした。

キャリアクラス編集部

転職後3ヶ月で辞めるにあたって、周りの反応とかってありましたか?

小倉さん(仮名)

理由が理由だったので、深くは突っ込まれませんでしたし、何も言われませんでした。

その後考えてみましたが、退職者が出るのってよくある話ですし、自分が思っているより職場にとって重いことでもないのかなと思いました。

キャリアクラス編集部

最後に、転職3ヶ月で辞めるならこれだけはやっておいたほうがいい!ということはありますか?

小倉さん(仮名)

よく言われる話ですが「転職先は決めておいたほうがいい」です。

精神的にも追い込まれていくのが目に見えますし、必ず内定は持っておいたほうが楽です。

自分も運良く今の会社に内定を貰えたので、転職3ヶ月で辞めるという決意ができました。

むしろ、内定さえもらってしまえば「辞めざるを得ない」ので退職への行動がグッと早まります。とりあえず転職活動して自分に火をつけましょう笑

転職後3ヶ月でやめるにあたってよくある質問

正社員と派遣社員・契約社員での違いはある?

正社員と派遣社員・契約社員では、退職しても良い時期が違います。

正社員の方は、原則いつでも退職することが可能です。期間の定めの無い雇用契約を結んでいるためです。無期限の雇用契約を結んでいるということは、裏を返せばいつ辞めても問題ない、ということです。

一方、派遣社員や契約社員の方はそうではありません。

派遣社員や契約社員の方が1年以内に退職できるのは、「やむを得ない」場合のみです。

やむを得ない場合とは、具体的には以下の例があります。

やむを得ない場合
  • 業務内容の法令違反や契約違反
  • パワハラやいじめなど
  • 本人の心身の病気により就業ができない

上記以外の場合による退職は、当事者の一方の過失によって退職となる事由が生じた場合は、損害賠償を請求できる、と民法628条で規定されています。

つまり、自分都合の一方的な理由で契約期間を終えずに退職する場合は、損害賠償を請求される可能性がある、ということです。

1年以上の契約を結んでいる会社に1年以上勤務している場合は、契約途中であっても退職の意向を伝えて辞めることが労働基準法第137条にて認められています。

転職して3ヶ月で辞めたら迷惑がかかる?

転職して3ヶ月で仕事を辞める場合、職場に迷惑がかかります。しかし、「自分なりに努力してみたけど上手くいかない」「人間関係・条件面が合わない」という場合は、自分を優先して仕事を辞めるべきです。

今の状況のまま仕事を続けると、心身どちらも疲弊してしまい、本来の力を発揮できません。最悪の場合、ストレスが原因で精神病を患ってしまう恐れがあります。

転職が決まっても退職を切り出せない場合はどうする?

転職が決まった後でも、周りの目が気になってどうしても自分からは言い出せない人もいらっしゃるでしょう。

居心地が悪い会社だったとはいえ、若干名でも仲がいい人がいたり、お世話になった人がいれば、その人たちを気にしながら退職を言い出すのは苦しいと思います。

また、上司に言いだそうと思っても、明らかに拒否されたり、怒鳴られるのが目に見えたりする場合は、絶対に切り出せないですよね。

会社には誰も味方がおらず、退職を言い出すタイミングをうかがうこともしんどい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしあなたが自分から退職を切り出せないなら、退職代行を使うのがおすすめです。特に、退職代行TORIKESHIを利用すれば、会社に行く必要なく、ノーリスクで即日退職できます

利用してからも退職に関わる手続きもすべて代行してくれるので安心です。ぜひ一度チェックしてみましょう。

\ノーリスクで即日退職!/

最後に編集部から伝えたいこと「転職して3ヶ月で会社を辞める自分を責めない!」

転職して3ヶ月で会社を辞める自分を責めないこと

入社してすぐ退職してしまうことについて、自己嫌悪に陥ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、自分を責めることは止めてください。短期間で退職する方は非常に多いですし、ただ今回の会社が自分に合わなかっただけなので仕方がありません。

長く続けられる企業を見つけるために、マイナビエージェントに相談してみましょう。マイナビエージェントを『聴く』を大事にした転職サポートをしてくれるのであなたに合った企業だけを紹介してくれます。

\プロの手を借りるのが一番! /

あわせて読みたい
自分を責めないで…!明日から仕事に行きたくないときに試してほしい5つの対処方法 本記事でわかること 行きたくない仕事を続けるリスク 仕事に行きたくないときの対処法 仕事に行きたくない人におすすめの転職エージェント 仕事をしていると、さまざま...

まとめ:転職3か月で辞めたいなら転職のプロに相談しよう!

転職して3か月でも会社を辞めて再転職することはできます。ただし、3か月で転職することに多少のリスクがあると知っておくことは必要です。

「正直、自分が本当に再転職できるかなんてわからないよ…」と不安なら、ひとまず転職エージェントに相談しましょう

転職にリスクはありますが、転職のプロに相談することにリスクはありません。迷ってるなら相談してみるべきです

また、時間が経つほど転職は厳しくなります。今が一番転職しやすく、我慢して働き続けてもあなたが苦しむだけです。

まずは一度詳しく話を聞いてみましょう。あなたがより働きやすい環境を見つけ、楽しく働ける未来を応援しています。

\すぐ辞めても転職できる! /

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ