MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

適応障害は職場が原因?対処法と自分に合った仕事・職場に転職する方法を解説

仕事のことを考えると過度に憂鬱な気持ちになったり、体調が悪くなったりすることはありませんか?

誰でも嫌なことがあれば落ち込むものですが、それが度を超えているようなら治療が必要かもしれません。

本記事では職場のストレスが原因で適応障害になってしまった場合の対処法や、転職する方法について詳しく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

適応障害になってしまったら、dodaチャレンジを利用すれば無理なく転職できるのでおすすめです。

本記事でわかること
  • 適応障害の原因になるストレスを抱えやすい職場の特徴
  • 適応障害が仕事に与える影響
  • 適応障害の人が自分に合った職場に転職する方法
適応障害の方におすすめの転職エージェント
大手企業の障害者枠求人
多数あり
障害のある方の
転職支援実績No.1!
無料相談をする
手帳なしの方は
dodaがおすすめ

doda
顧客満足度No.1の
転職エージェント
無料相談をする
※2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

障がい者手帳を持っていない方は障がい者特化のエージェントは利用できないことがほとんどです。下記記事で自分に合った転職エージェントを探しましょう!

あわせて読みたい
障がい者手帳なしの方におすすめの転職エージェント|求職者に寄り添った対応をしてくれるエージェント... 本記事でわかること 手帳なしでは障害者特化のエージェントを利用できない理由 手帳なしで転職活動を進める方法 障害者手帳なしで利用できるおすすめの転職エージェント...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

適応障害とは?ストレスの原因が職場

適応障害とは?ストレスの原因が職場

適応障害はストレスが原因で発症する心因性の精神疾患です。ストレスが原因で落ち込むことは誰にでもありますが、適応障害は過度なストレスで精神面・肉体面に異常をきたします。

適応患者は近年増加傾向にあり、2008年~2017年で2倍以上になっています。適応障害はうつ病と違って「発症の原因がストレス」と明確化されており、特にストレス源が仕事・職場である人が多いです。

厚生労働省の調査によると、約60%が仕事や職業生活に関して「強い不安・悩み・ストレス」を抱えています。そして、その原因は「職場の人間関係の問題」「仕事の質の問題」「仕事の量の問題」が多いようです。

適応障害の原因になるストレスを抱えやすい職場の特徴

適応障害の原因になるストレスを抱えやすい職場の特徴

仕事が原因で適応障害を発症する人は多くいます。ここからは、適応障害の原因になるストレスを抱えやすい職場の特徴を3つご紹介するので、心当たりのある人は注意しましょう。

長時間労働が常態化している

長時間労働は心身ともにストレスの大きな原因となるため、長時間労働が常態化している職場にいる人は気をつけましょう。

特に日本企業は保守的な社風も多く、業務量が多い・上司や先輩に合わせて残らなくてはいけないなど残業を美としている場合があります。

法律上何時間以上が長時間労働という基準はありませんが、通常の労働時間は「1日8時間、1週間に40時間」と労働基準法で決まっています。

また、三六協定を結んだ場合も1か月に45時間、年間360時間と決まっているので、この時間を1つの基準として考えましょう。

あわせて読みたい
長時間労働で体調不良に陥ってしまったらどうするか…? 7人の体験談を紹介します! もしあなたが長時間労働の体調不良で悩んでいるなら、以下のアドバイスを試みてください。 長時間労働の体調不良でお悩みのあなたへのアドバイス 会社(人事)、上司に...
あわせて読みたい
毎日深夜まで残業の社会人は要注意!過労死ライン一歩手前の会社なら早めに転職しよう 「毎日深夜まで残業で仕事が辛い…。」「長時間労働でもう体も心も限界…。」と苦しみながら働いている人もいるはずです。 尋常ではないぐらい激務の労働環境で働いている...

職場の人間関係が悪い(セクハラ・パワハラ)

職場の人間関係が原因で適応障害を発症する人は多いです。人間関係はすぐに解消しにくいためしんどいですよね。

セクハラパワハラは職場全体の問題でもあるため、標的になってしまったら我慢せずにしかるべき対応をしましょう。

特に真面目で責任感が強い人、カウンセラーなどの他者に相談できず悩みを抱えやすい人は人間関係の適応障害になりやすいので気をつけてください。

あわせて読みたい
退職理由が「人間関係」では転職面接でマイナス評価になる?正直に伝えるべきか解説 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相手にその気がなければ益々関係はこじれ...

異動などで職場環境が大きく変化した

配属先の変更や転勤によって職場環境が大きく変化すると、ストレスを抱えやすくなります。ストレスを抱えやすい人は神経質な人や、性格的な要因でうまく適応できない人などです。

また、昇進する場合はいままでより役割が大きくなるため、真面目な人はよりプレッシャーを感じるようになるでしょう。

このような環境に大きく変化がありストレスが予想される場合は、自分のメンタルケアも普段以上におこなうよう心がけてください。

あわせて読みたい
「異動が辛いから辞めたい・合わないから前の部署に戻りたい」と思ったときの対処方法 あなたが望んでもいないのに会社から一方的に「部署異動」を命じられたら、仕事を辞めたくなってしまうのは当然のことかもしれません。ある程度は人事異動を覚悟してい...

適応障害が仕事に与える影響とは

適応障害が仕事に与える影響とは

適応障害になると、仕事にさまざまな影響が出て仕事を続けるのが難しくなります。

以下で具体例を紹介するので、該当する症状が出た人は悪化する前に一度医師に相談するのをおすすめします。

体調不良によって出社が難しくなる

適応障害になると、抑うつ状態や不安、緊張などの症状があらわれて出社が難しくなります。

その結果、遅刻や欠勤などが多くなり、職場の理解がないと周囲からは「怠けている」と判断されてしまうこともあるでしょう。また、仕事がストレスの原因の場合、出社しても仕事にはなりません。

周囲からの冷たい目や自責の念にかられると、そのストレスから余計に自分自身を苦しめることになってしまいます。原因に気づいたら、大きなトラブルになる前に早めに対処しましょう。

あわせて読みたい
体調不良の原因は転職先が合わないから!対処法と自分に合った転職先の見つけ方を紹介 本記事でわかること 転職先が合わなくて体調不良になる原因 転職先が合わなくて体調不良になってしまったときの対処法 転職先が合わなくて体調不良になった人におすすめ...

落ち込みが激しく周囲とのコミュニケーションが困難になる

適応障害によって抑うつ状態になると、コミュニケーションが困難になります。抑うつ状態とは「なにもする気になれないほど落ち込む」、「憂鬱な気分になる」などの症状です。

特に、普段明るい人が抑うつ状態になったときは周囲からギャップに驚かれるケースも多いでしょう。

最初は軽い抑うつ状態でもストレスが続けばどんどん悪化していくので、こちらも異変に気づいた時点で早めに対処することが重要です。

あわせて読みたい
職場の人間関係で孤立したときの対処方法を紹介|孤立する職場でそのまま働くのがやばい理由も解説 「職場の同僚と上手くコミュニケーションが取れない」「職場の人間関係に耐えられなくて仕事が辛い……」 職場の人間関係に孤立してしまい、上記のように悩む方は多いでし...

適応障害になったときの対処法

適応障害になったときの対処法

適応障害になったときは、とにかく早めに対応することが悪化を防ぐ手段です。以下では適応障害になったときの対処法を3つご紹介するので、我慢せずに必ずいずれかの対応をしてください。

通院や服薬を怠らない

適応障害の兆候を感じたら、まずは専門の医師からカウンセリングを受けましょう。そこで適応障害と判断されれば治療が始まりますが、完治するまでは通院や服薬を怠ってはいけません。

適応障害は精神の病気なので、自分での判断が困難です。自己判断で通院や薬の量を調節しては、治りにくくなったり悪化したりする原因になります。

医師やカウンセラーはあなたの状態を客観的に判断してくれるプロなので、よく相談しながら治療を継続しましょう。通院や薬を減らしたい場合も、相談すれば大丈夫です。

自分が働きやすい職場に転職する

適応障害は、無理を続けるとうつ病になるリスクがあるので、診断されたら取り返しのつかないことになる前に自分が働きやすい職場に転職を検討しましょう。

うつ病になってしまうと、治すのに数年〜という長い時間が必要になり、大事な人生の時間を潰してしまうことになります。

転職の際は適応障害に理解のある転職エージェントに相談すれば、症状と相談しながら無理なく進めてくれるのでおすすめです。

あわせて読みたい
適応障害の人に向いている仕事と向いていない仕事を紹介|転職を成功させる方法とは? 仕事を頑張りたくても、自分の身体が思うように動いてくれないと悩んでいませんか?適応障害の方が無理して仕事を続けると、症状が悪くなるかもしれません。 適応障害の...

休職して職場から離れてみる

適応障害は一定期間ストレスの原因から離れれば症状が改善される傾向があるので、休職して職場から離れてみるのもおすすめです。休職する場合は、医師から診断書を取得すれば休職できるので相談してみましょう。

適応障害の休職期間は、始めは様子を見るために1か月程度ですが、様子を見ながら延長する場合が多いようです。目安としては最低2~3か月、長くても6か月程度になります。

体と心を休めた上で落ち着いて考えられる時間も取れるので、まずは休職して様子を見てみましょう。

あわせて読みたい
休職しても転職できた!休職経験があっても転職できる理由を解説 今の会社が辛いなら、休職することで身体と心を休められます。しかし、休職が転職の際に不利になるのではと心配な方もいるでしょう。 休職経験があっても、多くの方が納...

適応障害の人が自分に合った職場に転職する方法

適応障害の人が自分に合った職場に転職する方法

ここからは、適応障害の人が自分に合った職場に転職する方法をご紹介します。適応障害になるということは、仕事内容や職場の環境が合っておらず、ストレスを感じてしまったからです。

思い切って環境を変えて、自分が納得して生き生きと働ける選択をしましょう!

適応障害に理解のある転職エージェントに相談する

適応障害に理解のある転職エージェントに相談すれば、体調も考慮してくれるので無理なく転職活動が進められます。

自分で転職活動をしても時間がかかる上に負担も大きいので、転職の際はエージェントの利用は必須です。転職エージェントなら転職に関わることをすべてサポートしてくれるほか、優良企業を厳選してくれるので安心です。

また、障害者手帳を取得できれば、オープン就労で適応障害に理解のある企業を多数紹介してもらえるので検討してみましょう。

あわせて読みたい
発達障害のクローズ就労は辛い?トラブル事例とオープン就労で転職成功を目指す方法 「発達障害では採用されにくいのでは」とクローズ就労を目指している方は多いでしょう。しかし、発達障害のクローズ就労はトラブルの心配があり、想像よりも辛い思いを...

自分の特性と強みを把握する

適応障害になってしまったということは、自分の特性と強みを把握しきれていなかったのかもしれません。自分に合った職場を探すためには自分の特性をもう一度理解するところから始めましょう。

また、強みを把握すれば、選考時のアピールを工夫できるので入念におこなってください。1人で客観的に自分の特性や強みがわからない人は、転職エージェントに相談して転職のプロに判断してもらうのがおすすめです。

応募書類の作成や自己PRの対策も手伝ってくれるので、効率がぐんと上がります。

退職理由について回答できるよう対策する

退職理由は転職の選考で必ずといって良いほど聞かれる内容なので、対策は必須です。また、退職理由はできるだけポジティブな内容で伝えるのが合格へのコツと覚えておきましょう。

無理に嘘や作り話をする必要はありませんが、そのまま「適応障害で…」と伝えても「うちの会社にも合わないかもしれない」と思われてしまいます。適応障害というネガティブな理由でも、視点を変えてポジティブに言えるように考えましょう。

あわせて読みたい
面接で退職理由を聞かれた時の対処方法|短期間で退職した理由の伝え方も紹介 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞かれる「転職を決めたのはどうしてです...

適応障害の人におすすめの転職エージェント

適応障害で転職するなら、適応障害にも理解のある転職エージェントを利用して自分の働きやすい職場に移りましょう。ここからは、適応障害の人におすすめの転職エージェントを2つご紹介します。

おすすめの転職エージェント

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaチャレンジの特徴
  • 障害者の転職支援数でNo.1を獲得
  • 満足度94%の丁寧なカウンセリング
  • 利用者の定着率が94%と高水準

dodaチャレンジは、は障害者の転職・就職支援に特化した転職エージェントです。dodaチャレンジは大手人材会社のdoda系列なので、サポートや求人数にも強みを持っており、一人一人に合わせた手厚いサポートが受けられます。

所属するアドバイザーにはカウンセラーの資格を持っている方も多く、適応障害に理解があるので安心です。

もちろん紹介企業も適応障害に理解のある企業ばかりで、利用者の定着率は94%と高水準なため転職で失敗する心配はいりません。

ぜひ登録して自分に合った環境で長期就労をめざしましょう。

\障がい者の転職実績No.1/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

マイナビパートナーズ紹介

マイナビパートナーズ紹介
【公式】https://mpt-shoukai.mynavi.jp/
名前マイナビパートナーズ紹介
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏(東京都)
関西
オンライン面談対応
得意分野・業界障害者への転職サポート
公式HPhttps://mpt-shoukai.mynavi.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビパートナーズ
拠点東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話、チャット
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビパートナーズ紹介の特徴
  • マイナビグループの特例子会社による運営
  • 一定の水準を満たした企業の求人のみを紹介
  • 入社後も定着支援が受けられる

マイナビパートナーズ紹介も障害者の転職・就職支援に特化したサービスです。マイナビパートナーズは大手マイナビ系列のため、大手企業や人気IT企業の求人も多く保有しています。

適応障害で退職してキャリアが心配な人も、同じ障害でキャリアアップの成功例をたくさん提示してくれるので安心です。

また、マイナビパートナーズでは一人一人の障害特性に合った仕事を紹介してもらえるのも強みです。

自分の障害に理解があり働きやすい職場に転職できるので、ぜひ登録して転職を成功させましょう。

\入社後の定着サポート/

あわせて読みたい
マイナビパートナーズ紹介の評判と口コミを紹介|障がい者の方におすすめの理由を解説 「マイナビパートナーズ紹介を利用したいけど、本当に良いサービスなのか気になる……」と悩んでいる方は多いでしょう。 マイナビパートナーズ紹介には「障がい者が活躍で...

よくある質問

よくある質問

ここからは、適応障害に関するよくある質問にお答えします。適応障害になりそうで不安に感じている人も、適応障害で苦しんでいる人も概要を知っておくだけで楽になるので、ぜひ参考にしてみてください。

適応障害になりやすい人の特徴は?

適応障害になりやすい人は、主に以下のような特徴を持っている人です。

適応障害になりやすい人の特徴
  • 繊細
  • 落ち込んだときの切り替えが苦手
  • 周囲からの評価を気にしてしまう
  • 相談相手がいない

適応障害になりやすい人に総じて言えるのは、真面目で責任感の強い人が多いということです。相談相手がいないというよりは、自分で抱えて解決しようとするので、それが余計にストレスとして発散できないまま溜まっていきます。

また、適応障害で欠勤や休職など仕事に支障を出すと、自責の念にかられてしまいます。

適応障害で退職した場合の経済的支援はある?

適応障害で退職すると、収入が途絶える上にすぐに社会復帰するのは難しいので、医療費については自立支援医療制度を利用してしのぎましょう。自己都合による退職の場合は、失業保険をもらえるまでに待機期間が必要なので注意してください。

休職する場合は傷病手当、条件に当てはまれば障害者年金を受給できる可能性もあるので詳しく調べてみましょう。

ただ、まず大事なのは自分の心と体を休めることです。無理せずに体調第一で動いていきましょう。

適応障害で仕事を続けてもいい?

責任感の強い人は適応障害でも仕事を続けたいと思うかもしれませんが、自己判断はせずに医師と相談しましょう。適応障害の症状が出る時点で、あなたの心には相当の負荷がかかっています。

適応障害は精神の「病気」なので、我慢してはいけません。まずは医師や信頼できる上司に相談して、職場を異動できないなら休職もしくは転職がおすすめです。

適応障害の原因はストレスなので、ストレスの原因が仕事ならば大幅に環境を変える以外の解決は難しいでしょう。

あわせて読みたい
仕事に行けないのは適応障害?主な症状・原因を理解して早急に対処しよう 吐き気や動悸などの症状が出て、仕事にいけないと悩んでいませんか?身体の不調は一種のサインであり、ストレスが原因で適応障害になっている可能性があります。 適応障...

適応障害でも長く働ける職場に転職しよう!

適応障害はストレスが原因でなる精神の病気なので、甘えでもなんでもありません。まずはゆっくり休養を取って治すことが先決です。

冷静に考える時間を確保して復帰のめどが立ったら、適応障害でも長く働ける職場に転職して無理なく働きましょう。

転職するならdodaチャレンジに登録すれば適応障害に理解のある企業に転職できます。dodaチャレンジは利用者の定着率が94%と高水準なので、ぜひ利用して納得のいく転職にしましょう。

\障がい者の転職実績No.1/

[障がい者向け記事]

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ