MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

PwCコンサルティング合同会社への転職難易度は高い?未経験からの転職は厳しいのか解説

成長性もあり世界的に名の知れたコンサルティングファームであるからこそ、PwCコンサルティングは転職先として人気があります。

そのためPwCコンサルティングの転職難易度はかなり高いです。

PwCコンサルティングへの転職を本気で目指すなら、コンサル転職に強いアクシスコンサルティングに相談してみましょう。

本記事でわかること
  • PwCコンサルティングの転職難易度
  • PwCコンサルティングの転職に求められるスキル・経験
  • PwCコンサルティングの転職実績がある転職エージェント

PwCコンサルティングへの転職を目指すならアクシスコンサルティングに相談するのがおすすめです。コンサルティング業界に精通したアドバイザーが転職活動全体をサポートしてくれます。

\最強のコンサル転職支援/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

PwCコンサルティング合同会社とは

PwCコンサルティング合同会社の概要は下表となります。

社名PwCコンサルティング合同会社
代表取締役大竹 伸明
設立1983年1月31日
社員数284,258人
拠点東京、名古屋、大阪、福岡(日本)
公式HPhttps://www.pwc.com/jp/ja

この章では以下4つについて解説します。

PwCコンサルティング合同会社とは

事業概要

PwCコンサルティングは、あらゆる業界の経営に関する問題解決を支援しています。特に「ストラテジー」「マネジメント」「テクノロジー」という3つの領域に分けてアプローチしていることが特徴です。

また世界に拠点がある強みを生かして社内でのナレッジ共有ができる仕組みがあり、リアルタイムで最新の知見や情報を活用できます。

仕事内容

何人かのコンサルタントから成るチーム単位で仕事は進みます。

経営層のニーズは、マネージャー以上の社員がヒアリングをし、そのヒアリング結果から適任と思われる人をメンバーとして採用し、プロジェクトはスタートする流れが一般的です。

マネージャー未満のコンサルタントは、割り振られたミッションに基づいてプロジェクトを推進していきます。

特徴・強み

PwCコンサルティングの特徴・強みは下記の3つです。

PwCコンサルティングの特徴・強み
  • M&Aや業務提携といった社外領域と組織再編やIT改革などの社内領域の両方を提供している
  • 海外企業が日本企業を買収するグローバル案件の経験値が高い
  • 現地のコンサルティング組織のメンバーだけでなく、監査法人とも連携している

社外領域と社内領域のどちらもカバーしているPEファームは多くありません。

将来性

数字で見るPwC(PwC Japanグループ)によると、業務収益は過去5年(2016〜2020年)で右肩上がりです。2019年から2020年にかけては約12%の増益となっております。

さらにフォーチューン誌が発表している世界の売上高ランキングベスト500に含まれる日本の53社のうち、98%の会社にサービスを提供しています。

PwCコンサルティング合同会社への転職難易度は?

PwCコンサルティング合同会社への転職難易度は?

PwCコンサルティングの転職難易度は、非常に高いです。世界の4大会計事務所の一角であり、今後の業績アップが見込まれているため、人気が集中しています。

コンサル業界屈指の知名度を誇るため、前職も大手企業の方ばかりです。

プロフェッショナルなスキル・経験はもちろん、転職するには入念な選考対策をしなければ歯が立たないでしょう。

PwCコンサルティングは「即戦力」を重視して選考を進めていきます。求める人材像を逆算して、あなたのアピールポイントを説明できる必要があるでしょう。

中途採用の状況

下表が中途採用の募集要項です。

勤務地東京、大阪、名古屋、福岡
給与月給制:経験・能力を考慮の上、決定
業績賞与:年1回(業績・貢献度に応じて支給)
昇給:年1回
勤務時間標準労働時間:1日7時間(フレックス、リモートあり)
休日土日祝、年末年始(12月29日~1月3日)、統合記念日
キャリアパスジョブローテーション、公募異動、海外派遣

キャリアパスも豊富に用意されているため、業務を通じてさらなるスキルアップを目指せます。

未経験からの転職難易度

未経験からの転職難易度は高いものの、実現不可能ではないです。実際にITエンジニアからコンサルタントに転身した人もいます。

重要なのはPwCコンサルティングが目指す方針とあなたの適性・問題意識がマッチしているかどうかです。

今までのキャリアを振り返ってみて、「課題を解決して成果を上げた」と自信を持ってアピールできる仕事の数を増やすことがポイントとなります。コンサルタントの仕事の本質は、「問題解決」です。

中途採用の試験内容・選考フロー

PwCコンサルティングの中途採用の選考フローは、書類審査と面接(2〜3回)実施されます。配属される部署によってはケース面接が行われます。

基本的な自己PRや志望動機から見えてくる経験・スキルが、入社後にどれほど活かせそうかが合否のポイントです。

面接ではPwCコンサルティングで必要不可欠な論理的思考力を問う試験も含まれているようです。ロジカルシンキングを学ぶことや、フェルミ推定の試験対策をしておくことも重要です。

PwCコンサルティング合同会社への転職に求められるスキル・経験

PwCコンサルティング合同会社への転職に求められるスキル・経験

この章ではPwCコンサルティングへの転職に求められるスキルを3つ紹介します。

顧客からのあらゆる課題・要望に応えて提案から実行まで担える能力

顧客からのあらゆる課題・要望に応えて提案から実行まで担える能力が必要です。PwCコンサルティングでは、戦略立案から実行まで全フェーズに一貫してサービスを提供しているためです。

ヒアリングから顧客の現状とゴールを把握し、抜け漏れなく課題を抽出する力はもちろん、その中から優先度を立てて施策を進め、方向性の修正をする力も求められます。

金融、産業機械、素材・化学など特定分野の知識・経験

金融、産業機械、素材・化学など特定分野の知識・経験は重宝されます。PwCコンサルティングでは、顧客に最大限の価値を提供するために採用活動を業種別で実施しているためです。

ある業界について精通している人材であれば、教育コストがかからず、かつ即戦力であるため成果を期待できるでしょう。

応募職種における3年~5年以上の実務経験

3〜5年以上の実務経験が必要です。特に財務・会計・経営管理のコンサルタントは必須条件となります。

例えば銀行業界コンサルタントの場合、以下のうちいずれかの実務経験を求められます。

銀行業界コンサルタントで求められる実務経験
  • ビジネスコンサルティングまたは戦略コンサルティングファームにおける実務経験
  • 金融機関または金融サービスの事業開発の実務経験
  • 銀行における経営・営業・事業・企画・リスク・コンプライアンス・システム等の企画業務の経験
  • 銀行におけるフロント・ミドル・バックいずれかの実務経験
  • 金融機関向けシステム開発の実務経験

PwCコンサルティング合同会社への転職が向いている人の特徴

PwCコンサルティング合同会社への転職が向いている人の特徴

以下でPwCコンサルティング合同会社への転職が向いている人の特徴を3つ解説します。

顧客の成果にこだわり業務に取り組む貪欲さ、挑戦心、行動力がある人

PwCグローバルネットワークは成長戦略の1つとして「クライアントやステークホルダーが不確実な環境下にあってもゆるぎない成果を実現し、信頼を構築できるよう支援すること」を掲げています。

顧客の成果にこだわり業務に取り組む貪欲さ・挑戦心・行動力がある人は、成長戦略にマッチするため、適した職場環境であるといえます。

周囲のメンバーを尊重し協力しながら成果につなげられる人

PwCコンサルティングは方針の1つとして「フラットなコミュニケーション」を掲げています。上司と部下という垣根を超えたフラットなコミュニケーション文化は、スムーズな提案資料制作やアウトプットのスピード、クオリティに直結すると考えているためです。

仲間を尊重できる人や価値観や立場が異なる人と協力できる人がPwCコンサルティングに向いています。

社会課題の解決を図りたい人

PwCコンサルティングは方針として「ソーシャル・インパクト・イニシアチブ」を掲げています。これは「直近の業務に関わりがなくとも、社会課題を解決することにつながる分野であればチームを結成できる」考え方のことです。

たとえば「復興後における宮城県女川町の人口減・過疎化の問題解決」などが挙げられます。公共事業分野において、政策の知見を持つメンバーを民間プロジェクトに加えることで支援を行っています。

気候変動やエネルギー問題、人口問題などの社会問題の解決に興味・関心があれば、PwCコンサルティングは向いているでしょう。

PwCコンサルティング合同会社への転職を成功させるポイント

PwCコンサルティング合同会社への転職を成功させるポイント

この章ではPwCコンサルティング合同会社への転職を成功させる3つのポイントについて解説します。

自己PRとしてアピールできる実績を洗い出す

前の章で解説したPwCコンサルティングの転職に求められるスキル・経験に合致するものがあるか、一度洗い出してみましょう。

もし過去のキャリアを棚卸しして、見つからなければ今の仕事から逆算して実績を作るのも1つの手です。

たとえば複雑な難題を解決してきた経験や顧客に寄り添った戦略立案をした経験、具体的な成果や実績などを作るのが効果的です。

論理的思考力や問題解決力を磨く

論理的思考力、問題解決能力はコンサル業界では欠かせない能力です。

具体的にはPwCコンサルティングへの転職理由を深堀り、論理的に答えられるようにしておくことや、フェルミ推定やケース問題などの対策をしておくことが有効です。

コンサル業界に強い転職エージェントからサポートを受ける

PwCコンサルティングは世界4大コンサルの一角であり、転職難易度は非常に高いです。よって、自分1人で対策をしたり情報収集をするのでは限界があります。

コンサル業界に強い転職エージェントを活用し、非公開求人を得ることや書類・面接傾向などの最新情報を知ることで内定の可能性は高まります。

PwCコンサルティング合同会社への転職実績がある転職エージェント

この章では、PwCコンサルティング合同会社への転職実績がある転職エージェントを3つ紹介します。

PwCコンサルティング合同会社への転職実績がある転職エージェント

ただし、シーズンによってPwCコンサルティングの求人数は変わるので注意してください。

求人が無かった場合はPwCコンサルティング以外にもハイクラスの優良求人があるので、その他の求人をチェックしてみるのもおすすめです。

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
アクシスコンサルティングの特徴
  • コンサル業界に特化した転職エージェント
  • シニアコンサルタント以上の入社数No.1
  • コンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)が手厚い

アクシスコンサルティングは、コンサルティングに特化した転職エージェントです。実績はシニアコンサルタントに関しては日系・外資系ともにNo.1となっています。

コンサルタントの選考特有の選考対策サポートが手厚いことが、業界志望者から高評価を得ている要因でしょう。

登録や利用は無料なので、効率的に情報を集めて対策をしたい方はまず登録してみましょう。

Review Image
ゆゆさん
コンサル未経験でしたが、コンサル転職に強いと有名なアクシスコンサルティングさんにご相談しました。驚いたのはコンサル業界への深い理解と知識です。一見似たり寄ったりなコンサルティング業界ですが、違いやキャリアの幅を含めて丁寧にお話ししてくださいました。総合系ファームに行くことにしましたが、ベンチャーファームも面白そうでしたので、また3年後くらいにお世話になろうかと思います。
Review Image
安田武史さん
だいぶ前にはなりますが、転職活動で大変お世話になりました。長い目で見た今後のキャリアのためのご支援をしていただいたことに、心より感謝しております。

引用:Google

\シニアコンサル実績No.1/

あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判・口コミ|実際の利用者によかった点や悪かった点の体験談を聞いてみた アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化した転職エージェントです。 生涯のキャリアパートナーとして、あなたに合ったキャリアプランを提案してくれます。 本記...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラス求人を持つ業界に精通したコンサルタントが在籍
  • グローバル企業や外資系への転職サポート実績国内No.1
  • 年収800万円以上のハイクラスな求人が多数

JACリクルートメントはグローバル企業・外資系への転職サポート実績が国内No.1の転職エージェントです。

年収800万円以上のハイクラス求人が豊富なため、PwCコンサルティングを志望している方には相性がよいです。

さらにJACリクルートメントでは約800名のコンサルタントから、指定の業界に強い担当を希望できるため、書類・面接対策もしっかりできます。

Review Image
あろーさん
JACは東証一部上場企業でもあり、安心して申し込みを行いました。抱いていたイメージの通り、エージェントの対応は良く、非常にテキパキと動いてくださり終始スムーズに、スピーディな対応をしてくださったことが強く印象に残っています。将来を見越したアドバイスも的確に行っていただけました。ただ、自分があまり乗り気ではない会社を強くすすめられることもあったため、紹介先の会社が転職希望者にとって合っているか否かが評価を分けるポイントかなと思います。
Review Image
かかおさん
コンサルタントが元外資系で働いていたこともあって、外資の内情に詳しかったです。話がすぐ通じたのでストレスなく話を進められました。求人数が思ったより少なく感じたのは期待しすぎたせいでしょうか。少しがっかりでした。

引用:みん評

\外資系に強い/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 完全無料のハイクラス向け逆求人サイト
  • 年収800万以上の案件も多数
  • あなたがヘッドハンターを選べる

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートグループが運営するハイクラス転職・外資系に特化した逆求人サイトです。

年収800万円以上の求人や管理職、専門的な技能が必要な求人を豊富に揃えています。企業戦略に関わるハイクラス人材を求めている場合は非公開求人の場合が多いです。

また担当となるヘッドハンターはあなたの希望職種・業種に合わせて希望を出せますので、業界の知識を深めつつ転職活動を進められます。

プロフィールの登録だけで有名企業や大手企業からオファーを受けられる可能性があります。

登録や利用は無料ですので、効率的な転職活動を進めたい方はまずは登録をしてみて、オファーを待ってみましょう。

\年収800万以上の求人多数/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

PwCコンサルティング合同会社への転職希望者からよくある質問

PwCコンサルティング合同会社への転職希望者からよくある質問

この章ではPwCコンサルティングの転職希望者からよくある質問に回答します。

PwCコンサルティング合同会社の離職率は?

PwCコンサルティングの離職率は3%程度です。コンサルティングファームの離職率は約20%程度といわれており、それに比べると大幅に低い水準です。

多くの従業員にとって満足度の高い職場、風土で仕事ができているからこその低い離職率であるといえるでしょう。

あわせて読みたい
コンサル業界から事業会社への転職を成功させるコツ!転職理由や失敗する要因も解説 コンサルティングファームでの経験は事業会社にも転用しやすいため、転職を検討している方もいるでしょう。しかし実際は必要なスキルや能力が異なるので、簡単に転職し...

PwCコンサルティング合同会社への転職で英語力は必須?

PwCコンサルティングの応募要項では「英語ドキュメントのリーディング」が必須条件であることが多いです。

また「ライティング」「オーラルコミュニケーション」ができればより望ましい、と書かれている職種も少なくありません。

学歴によりPwCコンサルティング合同会社への転職難易度は変わる?

学歴による転職難易度の変化はほとんどありません。新卒の場合は高学歴の大学・大学院卒の比率が高く、海外大学出身者もいます。

しかし転職の場合は社会人としての経験・スキルで判断されることがほとんどです。

PwCコンサルティング合同会社の転職難易度まとめ

PwCコンサルティングをはじめとする大手コンサルティングファームへの転職は、非常に難易度が高いです。自分1人で情報収集をしつつ、対策を練ったとしても限界があります。

転職を確実に成功させたいなら、コンサル転職に強い転職エージェントの活用をおすすめします。

アクシスコンサルティングには、コンサルティング業界に精通したアドバイザーが業界やPwCコンサルティングの最新情報や採用傾向を共有してくれます。

まずは無料登録・相談をして、PwCコンサルティングへの転職を効率よく進めていきましょう。

\PwCコンサルティングに転職/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ